Airbus A340-300 北欧の飛行機

スカンジナビア半島及びその周辺諸国の国々、デンマーク・ノルウェー・スウェーデン、そしてフィンランド。
フィンランドの航空会社はFinnair、そしてデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空会社はSAS(Scandinavian Airlines System)である。SASは3カ国の共同出資による運営を行っている。
SASはスターアライアンス、Finnairはワンワールドにそれぞれ所属している。
成田空港のR/W34Lを離陸するFinnairのAirbus A340-300(OH-LQC)
Finnair Airbus A340-300 Take Off
ヨーロッパの飛行機は何故かエンジンに色を塗ったものが多い。
こちらは”青”
Finnair Airbus A340-300 Climb
SASのAirbus A340-300(LN-RKG)
SAS Airbus A340-400 Take Off
こちらのエンジンは「赤」
SAS Airbus A340-300 Climb
ロシアのアエロフロートもそうでしたが、「寒い国」の飛行機ってどうして尾翼が青いんだろうか・・・。
「北の国にようこそ!」「寒い国に行きましょう!」と寒さを売りにしているのだろうか。確かに赤やオレンジだったら、国の気候・イメージとギャップがあって、かえって不自然ですよね。だから「青」なんだ。
一人で疑問に思って、一人で納得してしまいました。
日本も相変わらずとっても寒い日が続いています。
そろそろ悪魔の黄色い粉・・・「花粉」も飛び始めているようです。
花粉→梅雨と航空ファンにはつらい季節がもうすぐやってくるのですね。
写真、撮りだめしておかないと・・・。

4 comments

  • ☆AirOyajiさん、
    家の中から見る、外の様子は太陽がさんさんと照り、
    さわやかな感じですが、羽田空港の新整備場駅出口脇の
    日陰は冷凍庫の中のようでした。。。。
    国のイメージをデザインした飛行機・・・まさにナショナルフラッグキャリアの誇りを纏っているのでしょうね。
    ヴァージンとかANAとか、国際線後発組みはどちらかといえば、自由なデザインですね。

  • 少し風が、ありますが陽が出て窓越しでは爽やかな良い天気ですね。Airmanさんの仰るとおり寒い国は、青色の尾翼ですね。赤い色の尾翼は、暑い国です。先日のインドも、そうでした。水色は南国の島国タヒチとか、やはり、その国のイメージを出したいんでしょう。(具体例が少ないて、すみません)全然イメージ出来ない航空会社も有りますが‥‥うーん‥‥思い浮かばない。

  • ☆JA15KMさん、
    こんにちは。
    いつもは私も羽田空港でANA・JAL中心なのですが、
    たまに成田に行くと、いろいろな航空会社の飛行機を
    見ることができて、本当に楽しいです。
    思わず、いろいろと調べてしまいます。
    そんな調査結果?!を皆様と少しでも共有できれば、
    調べたかいがあったということで、これからもよろしくお願いします!!

  • おはようございます♪
    AIrmanさんの解説のおかげで、少しずつ頭の中が整理されてきました(笑)
    FinnairとSAS、あまり馴染みがないせいかよく知らないままに眺めてました。
    名前だけは知ってましたが・・・(^^ゞ
    そう言えばカラーが似てますネ。エンジンは青と赤。
    何かしら意味がありそうですね。
    そう思って見ていくと色々発見できそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)