ANA Boeing747-400D

今日からBoeing747特集ということで、しばらく”ジャンボ”の雄姿をお届けしたいと思います。
トップバッターはANAのBoeing747-400D(JA8966)。
このレジ番を見て、「あっ!」と思う方もいらっしゃるでしょう。
1999年7月23日、羽田空港発新千歳空港行きのANA61便で発生したハイジャック事件の機体です。
ANA Boeing747-400D 1
ANA Boeing747-400D 2
ANA Boeing747-400D 3
ANA Boeing747-400D 4
ANA Boeing747-400D 5
離陸直後、物凄い上昇角で上昇して行きました。
その前後に離陸していったBoeing777が浅い上昇角でゆっくりと上昇して行くのを見た後だからでしょうか、「急上昇」に見えました。
力強い離陸シーンですよね!
さすがBoeing747。
Boeing767やBoeing777、Airbus A300が多くを占める羽田空港で、Boeing747の離陸を見ると、とっても嬉しく、元気になります。
さて、今日はこれから神戸に行ってきます。
16時には東京に戻ってこないと・・・・。

6 comments

  • はぁ・・・やっぱりトリトンブルーはカッコいい?♪♪♪
    離陸シーンもまた勇壮で素敵ですね♪(*ノノ)
    などと悠長な話をしていられない程、また記憶に残っているハイジャック事件・・・。
    全日空元カレは、この機体が羽田に戻ってきた時に、
    コックピットに入る仕事で惨憺たる状況を目にしたそうで、
    なんとも言葉が出ません。
    機長さんのご冥福を改めてお祈りいたします。
    変な飛行機ファンは辞めてもらいたいですね。(・`ω・)

  • 今日もお疲れ様でした。747の特集、ありがとうございます。痺れますね。747は‥‥。本当に近い内に退役するなんて、やり切れませんね。燃費が悪いからって‥‥。
    777-300ERのエンジンに付け替えるなんて事は出来ないんですか?
    全日空ハイジャック事件は、鮮明に記憶に残ってます。本当に悲惨な事件でした。こんぶさんと同じ言葉で申し訳ありませんが、長嶋機長の御冥福を、改めてお祈り致します。

  • ☆こんぶさん、
    あの61便が羽田に緊急着陸したあとに、あの機体をメンテされたんですか?! 元カレさん。。。
    悲しかったでしょうね。
    私も言葉に表せません。
    あらためて長島キャプテンのご冥福をお祈りすると共に、
    2度とあのような事件が起こらないことを祈るばかりです。

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です。
    747に777のエンジンですか! 斬新な発想ですね!
    あと解決すべきはエンジンの数ですね。。。。
    ところであの長島機長ですが、ANAのBlue on Blueという映像作品の「THE GREAT COCKPITS 1」という作品でBoeing747-400の羽田?福岡フライトに乗務している姿が撮影されてます。。。

  • お疲れ様です。スミマセン。あまりにも幼稚な発想でした。
    400と400Dは同じ『CF6-80C2B1F』でエンジン推力26300KgX4で、777ERは『GE90-115B』で46120KgX2なので、単純計算ではボーイング747は、従来機と同じ4発エンジンになります。
    ダメでしょうか?

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です。
    エンジン1発の推力が大きく進化していたのですね!
    科学技術の進歩ってすごいですね。
    Boeing747の機体に2発のBoeing777のエンジンをつけて飛ばす・・どうなんでしょう。
    いけそうな気がしてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。