ANAのBoeing747 RWY22 アプローチ

今日のRWY22アプローチはANAのBoeing747-400D(JA8959)です。
空気は目に見えず、揚力という力も見えません。
この巨体が一体どうして浮いているんだろう?!と、不思議に感じてしまいます。
特に写真になると、まさに宙に浮いているように見えるからなおさらです。
ANAのBoeing747 RWY22 アプローチ 1
ジャンボのこの4本の太いメインギアが好きなんですよね。
そして空気をしっかりと捉えるように展開された多段フラップ。
この巨体を支える工夫を感じます。
ANAのBoeing747 RWY22 アプローチ 2
ランディングの直前。
ジャンボは元々機首を上げてアプローチしてきているので、フレアをかけたのか良く分かりません。。。
ANAのBoeing747 RWY22 アプローチ 3
今日と明日、2日連続で飛行機に乗って神戸に行ってきます。
スカイマークでのフライトなのですが、
前々回がクラブで前回がダイヤ、今日がハートで明日がスペード・・・なんてこと無いですよね。
泊まれれば良いのですが、明日の打合せも夕方なので、明日の日中を東京の自社で過ごす為に今日は戻ってこなくてはならないんです。。。。
結構、移動って疲れるんですよね。交通費も宿泊費の倍以上なので泊まったほうが安上がりなのですが。
飛行機好きの私としては、喜んで良いのか、疲労を憂いているのか、微妙な心境です。

7 comments

  • ANA777です。名前変えました。
    中間テストなんかで忙しかったもので。
    飛行機に載ったときの感想ですが、
    翼に近い席でしたので、リバースの迫力と、フラップの動き
    がよく分かりました。降下開始は結構早かったです。
    羽田空港の16Lに着陸しました。帰りのスターフライヤー
    は、全席ファーストクラスのようなシートで黒を貴重とした
    キャビンでした。ちなみに、羽田で、777-300ERスタアラ
    と機内で、ドリームライナーのモデルプレーン、スターフライヤーでも、A320のモデルプレーンを買ってしまいました。

  • きゃぁ~~~!私の全日空ぅ~~~♪(*ノノ)
    カッコイイですなぁ。。。(* ̄。 ̄*)ウットリ
    特にこの1・2枚目は、
    今までの私にはなかったアングルなのでとーってもステキです!
    なんか勇壮な印象でキュンとなる~♪
    会社のお昼休みにもしばらく眺めてはニヤニヤしてて、
    上司に「また飛行機?」とか言われました。(*^▽^*)ゞアハハ
    #「絆の翼」は是非お読みになってみてくださいね。
     …という私こそまだなのですが、
     中の一話は仙台が舞台になっています。
     ある機長さんが子供達との約束フライトをする話で、
     当時確かローカルニュースにもなりましたし、
     昨年辺りには、感動のお話しとして何かの番組でもやっていました。

  • ☆たかしさん、
    ベルヌーイの定理を頭では理解していても、
    鉄ではなく、アルミ合金だと知っていたとしても、
    この巨大な飛行機が飛ぶのを見ると、私もたまに
    「巨大な鉄の塊りが。。。」と思ってしまいます。
    ロマンですよね。

  • ☆ドリームライナーさん、
    777から787に進化されましたね!
    東京(羽田)への飛行機の旅は満喫されたようですね。
    ますます飛行機に撮りつかれたのではないでしょうか?
    中間テストは大丈夫でしたか?
    我が家の息子達は「びみょー」って言ってました。。。
    私も今日、SKY107で羽田→神戸を飛んできました。
    明日もSKY109で羽田→神戸です。
    ウィングレット無しのBoeing787-800でした。

  • ☆こんぶさん、
    会社で当サイトを見て、怒られないようにしてくださいね(笑)
    でも、ありがとうございます! うれしいです。
    「絆の翼」、一気に読んでしまいました。
    特に仙台の西多賀養護学校の麻田フライトの話には、
    いたく感動し、電車の中で涙を流しそうになってしまいました。
    これぞANA’s Spiritなんですね。
    夢と希望を運んでくれるANAの飛行機。
    他の話もどれも、ANAグループで働く全ての方々の思い・スピリットが伝わってくる話でした。
    「おもてなしの心」
    接客業に従事している方だけではなく、全ての職種に共通する心なんですね。

  • 出張お疲れさまです!
    ド迫力の写真ですね。すごーい。
    先日、千歳から東京へ事業用の学科を受けにスカイマークで行ってきました。アプローチはVOR C 最後の左旋回が何ともたまらんかったです。夜でしたので見応え抜群!
    個人的には、16へのアプローチでオーバーシュートする機体もあると思います。慌てて?ファイナルコースに折り返す姿なんか見れたら面白いかなーと思います。
    今日はJet Musicを聴きながら風呂に入りました。
    明日は旭川へショートIFRナビです。がんばりまーす
    good day~

  • ☆Takaさん、
    ありがとうございます!
    東京カーブの左旋回、”A”の窓側の席に座って見ていると、
    迫力ありますよね!!
    私も羽田への便は”A”席を確保するようにしています。
    16アプローチのオーバーシュートは結構ありますね。
    オーバーシュートなのか、前の飛行機と経路をずらしているのか。。。
    城南島で見ているとなかなか面白いです。
    旭川へのショートIFRナビ、神経を使うかと思いますが、がんばってください!
    Have a good flight!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。