RWY16Lへのアプローチ、アラカルト

羽田空港のRWY16Lへアプローチする、さまざまな航空会社のさまざまな飛行機。
東京湾をレインボーブリッジめがけて横断し、お台場の手前で大きく左旋回(東京カーブ)。
城南島の西側をかすめてアプローチする。
この日は天気があまり良くなく、白い背景になってしまいましたが、羽田で活躍するい飛行機達をご覧ください!
1枚目はANAのスターアライアンス塗装のBoeing777-200(JA711A)。
スターアライアンスBoeing777
2枚目は退役しつつあるJALのMD-90-30(JA002D)。
JAL MD-90-30
3枚目はJALのAirbus A300-600R(JA015D)。
JAL Airbus A300-600R
SFJ(スターフライヤー)のAirbus A320-200(JA04MC)。
SFJ Airbus A320-200
SKY(スカイマーク)のBoeing737-800(JA737Q)、レッドハート。
SKY Boeing737-800
ANAのBoeing767-300ER(JA8970)。
ANA Beoing767
どういうわけか、この日、私が撮影している間、ジャンボは降りてこなかったんですよね。。。。
これらの飛行機の他にも羽田ではまだまだたくさんの種類の飛行機を見ることができます。
JALのERJ170とか、ADOのBoeing737-500とか、SNAのBoeing737-400とか、ANAのDHC-8などなど。
昨日も午後から羽田空港の第2ターミナル展望デッキに行ってまいりました。
ANAの5機のBoeing747-400が次から次へとやってきてくれて、ジャンボオンパレード?!という感じで、結構楽しめましたねー。
久しぶりのスターアライアンスのBoeing737-800もいて、スターアライアンスのBoeing777とのツーショットも!
昨日撮影の写真は今週以降、掲載してまいります。
では、新しい1週間、がんばりましょう!
私は今日と明後日、日帰りで新幹線で神戸に出張です・・・・・。

5 comments

  • 高校生パイロット

    先日の視力の件なのですが、僕が間違っていたらすみませんが
    インターネット等の情報によると、今の採用規格では、
    視力は裸眼の規制はなく、矯正視力で1.0以上あれば良いとなっていたのですが、ほんとうなのでしょうか?
    ちなみに僕は0.5~0.6ぐらいなのですが・・・・
    その他に取得しておいたほうがいい資格、身体的な規制等あれば教えてください。おねがいします

  • ☆たかしさん、
    ちまたのうわさではメンテナンス性の向上などの理由で、
    MDやA300の早期引退の話はあるようです。
    (事実はどうなのか分かりませんが。。。)
    成田空港はいかがでしたでしょうか?
    しっかり日焼けできましたか。
    私も12日に行くのが楽しみです!
    晴れますように!

  • ☆高校生パイロットさん、
    ANAの自社養成パイロットの募集要項によると、、、
    1. 2010年4月から2011年3月までの間に4年制大学を卒業または大学院(修士課程)を修了見込みの方
    2. 身体的条件
    (1)各眼の矯正視力が1.0以上
    ※裸眼視力の条件はありません
    (2)各眼の屈折率が-4.5~+3.5ジオプトリー内であること
    ※屈折矯正手術、オルソケラトロジー、レーシックを受けていないこと
    3. 過去に当社自社養成パイロットを受験していないこと
    4. TOEIC600点程度以上の英語力を有すること
    裸眼視力の条件は無いんですね!!!
    あと24年、遅く生まれていたら・・・・・。
    あと、やっぱり英語はがんばらなきゃいけないようですね。
    がんばってください!

  • おつかれさまです!
    おーすべての飛行機、フラップ フルダウンですね。
    ここでの旋回はオーパイが解けてパイロットもきっと楽しいと思います。
    いつかここで飛びたいなぁ

  • ☆Takaさん、
    おつかれさまです。
    高度は約200ftくらいでしょうか、コックピットでは、
    「ミニマム!」
    「Landing」
    というやり取りがされているころです。
    東京カーブからRWY16Lのファイナルに乗せるまでの旋回と、
    最後の滑走路センターに向けてのアラインは楽しいでしょうね。
    是非、パイロットになるという夢を果たして、城南島でレンズを向けてる私に手を振ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。