Cathay PacificのBoeing777-300

香港をベースに活躍するキャセイパシフィック航空。
イギリスのスワイヤーグループの傘下にある航空会社。
今はこのデザインに慣れたが、昔の緑の横縞模様のトライスターのイメージが強い。
A330、A340を大量に保有していて、この日もA330かな?と思ったら、Boeing777だった。
成田空港のRWY16Rを離陸するキャセイパシフィック航空のBoeing777-300(B-HNE)。
Cathay Pacific Airways Boeing777-300 1
機首と尾翼に使われている翡翠色(深い緑色)が鮮やかです。
このデザインはアメリカのデザイン会社が手がけたようです。
Cathay Pacific Airways Boeing777-300 2
双発機で世界最大最長のこの機体、Boeing747-200の後継機として開発されたそうです。
ANAでは525席で、運航していたこともあり、こちらも双発機では世界最多とか。。。
1クラス構成で最大550席での運航が可能ですが、現在、ANAは514席、JALは500席で運航しています。世界中の航空会社の中で500席以上で運航しているのはこのANAとJALの2社だけだとか。
体の小さな日本人ならではのこと?
Cathay Pacific Airways Boeing777-300 3
Airbus A330と比べると、やっぱり男性的で「カッコいい」と表現するのがピッタリです。
Cathay Pacific Airways Boeing777-300 4
さて、今日は曇り空ですが、羽田空港に行ってきます!
ホークスジェット(JL0521 東京羽田→札幌千歳 11:15発)とCOP10エコジェットの撮影が目的です。
現時点(6月26日7時)の羽田の風は210度から10ノット・・・微妙な風です。
RWY16Rからの離陸なら左右両サイドを撮影できますが、RWY16Lからの離陸だと、右側しか見ることができない可能性が大きくなる。。。。
TAFだと、このあと風は南よりに変わるようなので、前者になると信じて第1ターミナルに出かけてきます。

7 comments

  • きれいなカラーリングですね。
    強烈な印象ではないですが、記憶に残ります。
    ところで、777の翼断面形状は下面が、かなり丸い曲面なんですね。
    航空力学は素人ですが、旅客機には、珍しいような気がします。
    このへんが、新設計のキモなのかな?

  • お疲れ様です。
    最近までキャセイパシフッィク航空は、
    中国の会社だとは思いませんでした。
    デザイン、サービスは現中国の航空会社の
    イメージとは、かなりギャップが感じられ、
    やっぱりイギリスのDNAが影響してるんですね。
    未確認情報ですが、運行上の関係でA340-600は
    退役させ、フリートの統一化するようです。
    よく意味が判りませんが‥‥。
    キャセイは一生涯に、一度は乗らなければ
    ならない航空会社ですね。夢ですが‥‥。

  • はじめまして。私は香川県をベースに活動している民間アクロバットチームBLUEWINGSベァーと申します。
    漸くHPも完成したので、是非相互リンクお願い致します。
    当方はボランティアでイベントに参加しています。
    使用機体 エアロスバル

  • ☆たかしさん、
    毎年香港に行っているなんて、うらやましいですね!
    しかも、キャセイを使っているんですか?! 二重にうらやましいです・・・・。
    お買い物にグルメ、私も1度だけ香港に行ったことがありますが、あっという間の数日間だった気がします。
    (当時は啓徳空港で、あの香港カーブを体験しました!)
    そうですよね、私もキャセイといえば330という先入観があったので、この777のキャセイが飛んできたときには「おっ!」と思った次第です。
    子供達がそれぞれ自立したら、新しい香港の空港へ行ったみたいですね・・・。

  • ☆Flyingtak1さん、
    キャセイの”緑色”がなんともいえない良い色ですよね。
    777の翼形はスーパークリティカル翼という形を採用していて、遷音速(巡航速度のマッハ0.8あたり)における主翼に発生する衝撃波を軽減しています。
    衝撃波が発生すると揚力が減少してしまうんですね。
    Boeing787もこの翼形を採用していると聞きます。
    確かに主翼前縁から中ほどにかけては下面にふくらみを持たせていますが、下面後ろ半分はキャンバーを持っていて、正圧を生んでいます。

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です。
    キャセイパシフィックは中国の会社というか、
    香港の会社で、香港がイギリス統治時代にできたイギリス系財閥に属する会社です。
    現在は香港は中国に返還されてますので、中国の会社ということになりますけど・・・・。
    仰るとおり、A340-600はさまざまな事情からBoeing777に置き換えられているようですね。
    重量の問題やら、貨物搭載の制限やら、スピードやら、、、
    A380登場前、747や777に対抗して無理やり伸ばしたから?!
    私も、引退後、キャセイで香港にグルメツアーで行くのが夢の一つです!!

  • ☆BLUEWINGSベァーさん、
    はじめまして。
    相互リンクの件、以前、連絡を戴いてから当ブログの「お気に入りブログ」のリンク欄にリンクを掲載させていただいております。
    相互リンク、歓迎いたします。是非、お願いします。
    香川はなかなか遠くて、皆さんのアクロバットフライトを観に行くことが出来ませんが、HP上で活躍を拝見させていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。