JALのジャンボのRYW16L VOR-Cアプローチ

JALのBoeing747-400(JA8903)のRWY16LへのVOR-Cアプローチ。
他の飛行機よりも大きなバンクで旋回。
低空での大きなバンクでの旋回は迫力ありますねー!!
JALジャンボ アプローチ 1
建物の上、すれすれを通過?!
・・のように見えますが、実際は建物はずっと手前にあります。
JALジャンボ アプローチ 2
ジャンボの特徴がしっかりと分かる真横からのショット。
JALジャンボ アプローチ 3
羽田空港の新旧2つの管制塔を背景にアプローチ。
JALジャンボ アプローチ 4
アプローチの最終段階。
羽田空港のランドマークでもある赤いアーチと、第2ターミナルに接している羽田エクセルホテル東急の建物(茶色の建物)が見えます。
羽田エクセルホテル東急には、1度は泊まってみたいですよね。
最上階西側の客室からは空港が一望できると思います。
JALジャンボ アプローチ 5
東京カーブを回り、RWY16Lへ着陸する飛行機の中でもこのBoeing747のアプローチ・着陸はやっぱり迫力が違いますね!
本日も30度以上の真夏日になる予想です。
しかも、曇天で湿気たっぷりの蒸し暑い日。。。。
エアコンの効いたビル内や電車と、蒸し暑い外の気温差で体がギクシャクしそうです。

11 comments

  • ☆Flyingtak1さん、
    エアバンド、お楽しみください!
    エアバンドはアンテナ次第ですが、ハンディだとやはり空港近くに行かないと受信は厳しいです。
    是非、空港近くで飛行機の動きを見ながらATCを楽しむことをお勧めします!

  • ☆ドリームライナーさん、
    特に、こういったファイナルアプローチのシーンや、
    離陸のシーンのジャンボのカッコよさは格別ですね!
    ジャンボの数はJALの方が圧倒的に多いです。
    JALはジャンボの勇退を今年度中(2011年3月末まで)としていますが、結構な数のジャンボがまだ飛んでいます。
    それらを一気に勇退させるのは?!
    代わりの機材があるとも思えないし、厳しいのでは?と思います。

  • ☆トリプルセブンさん、
    この大きさでこのシャープな旋回、カッコいいですよね!
    Cargoluxのジャンボ、実はまだ見たことが無いんです。。。いいですねぇ。
    ANAは国際線からはジャンボ勇退らしいですが、国内線はまだ勇退と決まっていないようです。JALはどうなんでしょうか。。。まだ羽田では多くのジャンボが見られるので、今のうちにたくさん撮って、皆さんに紹介しておきたいと思います。

  • エアバンドの情報ありがとうございました。昨晩、ハンディレシーバー注文しちゃいました。本物ATCリスニングが楽しみです。

  • やっぱりジャンボはカッコいいですね。
    迫力が違います。
    ANAよりJALのほうがジャンボの機体数は多いのですよね。
    今年中に、DM90と一緒に日本の空からは消えるのでしょうか。

  • トリプルセブン

    ジャンボのターンすごいですね。僕の住んでいる石川県の
    小松空港ではもうCargoluxのジャンボしか見れませんが羽田ではたくさん見れていいですね。

  • ☆Flyingtak1さん、
    これが有名な「東京カーブ」です。
    昔の香港、啓徳空港へのアプローチを彷彿させる、
    ファイナルターンです。
    このジャンボのターンは豪快でした!
    西よりの風だったこともあり、旋回の開始ポイントを
    遅らせたのかもしれませんが、途中でバンクがちょっと大きくなり、何とか軸線にあわせてきた・・・といった感じに見えました。
    A席(機体左側の窓側)に座っているお客さんは窓の直ぐ外に城南島の工場やコンテナ集積場が見えて、迫力満点だったでしょうね!

  • 迫力あるターンです。脚出したあとでも、こんなに大きくターンするんですね。きっと窓から地面が見えてますね。お客さん向けのサービスとしてもっとやればいいのに。と思ってしまいます。

  • ☆AirOyajiさん、
    私も育ちが北海道苫小牧なので、この暑さは体にこたえます。。。
    汗腺が少なく、体に熱がこもっているのでは?と思う毎日です。。。
    RWY16RとRWY16Lの取り違えはさすがにないですね。
    ATCの周波数がまず違います。(RWY16Rは118.1、RWY16Lは124.35)
    アプローチのコースもJONANウェイポイントを通過後、DAIBAVOR上で旋回するという方式が決まっていて、旋回後は16LのPAPIがしっかり見えますので、それをめがけていけば間違えずに16Lにランディングできるのでしょうね。
    (たぶん。。。)

  • ☆たかしさん、
    地上の建物や樹木と一緒だと、バンクの大きさが分かり、
    迫力倍増ですよね。
    バンクの取りかたがバッチリと決まり、旋回が終わったあとに滑走路の軸線上にピタリと合っていたとき、パイロットは「よっしゃ!」と思うのでしょうね。。。。
    マロウドも一度泊まってみたいホテルです。
    「ランウェイ16プラン」ってのがあるんですね!
    ”滑走路真横(ランウェイ16エンド)の9階以上(94-96号室)をご用意”ですって!
    これは魅力あります!

  • おはようございます。
    今日も暑くなるそうですね。北国出身の
    自分には辛い季節です。
    B747のアプローチ!迫力ありますね。
    写真でも充分、伝わりますよ。
    RWY16LとRWY16Rの航空機の
    アプローチのコース取りの違いは
    あるんでしょうか?
    すみません。いつもいつも質問ばかりで‥‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)