JAL Boeing747-400のテイクオフ!!

昨日に引き続き、JALのBoeing747-400の雄姿をお届けします。
若手のBoeing777に見守られるようにしてプッシュバックするBoeing747-400(JA8903)。
シリアルNo.26345、1992/9/15引渡しで、間もなく日本の空を飛び始めて18年目を迎えるジャンボ。
JAL Boeing747-400 プッシュバック
プッシュバックの間、ずっと付き添っていた地上スタッフがインターフォンをディスコネクトし、機体を離れます。
フラップを離陸位置まで降ろし、いよいよタキシングを開始です。
JAL Boeing747-400 タキシング
風は南から吹いています。
羽田空港のRWY16Rからいよいよ離陸です。
JAL Boeing747-400 離陸滑走
「ローテーション!」、機体のテール部分の斜めになっている部分と滑走路面がほぼ並行になるまで機首が引き起こされ、18本全てのタイヤが地面を離れ、機体が宙に浮きます。
JAL Boeing747-400 ローテーション
エンジンの噴流で背景の景色を滲ませながら上昇して行きます。
JAL Boeing747-400 上昇
Boeing777ほどではありませんが、ジャンボの大きな主翼も離陸時にはかなりしなりますね。機体の大きさ・重さが見て感じられる分、そのしなりもジャンボらしさを感じさせます。
「いってらしゃーい!!」
JAL Boeing747-400 いってらっしゃい
昨日の記事でジャンボを惜しむ声、ジャンボを応援する声をたくさん頂きましたので、本日もJALのジャンボを掲載してしまいました。
本当にこのJALのジャンボが羽田空港からいなくなってしまうのかと思うと、寂しさがつのります。
さて、本日は久しぶりとなってしまいましたが、「週刊 飛行機ダイスキ!」にも記事を掲載しました。
“マーシャラー入門”ということで、スポットに入ってくる飛行機を誘導するマーシャラーの動作について写真とともに解説しています。
そちらもお楽しみいただければと思います。
「週刊 飛行機ダイスキ!」では、私が尊敬する武田一男さんの連載も掲載中です。
ハーレクインエアで活躍していたDC-10と三宅機長の2つのラストを描いた「最後の飛行」が各種資料・コックピットボイスとともに掲載されています。
毎回、次号が楽しみになる連載です!!
※お詫び
昨日の記事「JAL Boeing747-400のVOR-Cアプローチ」の最後の部分で、
“間もなく8.21を迎えます。”と記載してしまいましたが、タイプミスでした。
“間もなく8.12を迎えます。”が正しい記述です。
1985年8月12日のJAL123の命日をタイプミスしてしまった自分が腹立たしいです。
申し訳ありませんでした。

15 comments

  • いつも違う場所でお世話になってます^^
    三宅機長、何度もA300でご一緒しましたよ。変わり者で有名(CA内ではあまり・・・^^;)でした。姿は白髪交じり天然パーマでのマラドーナっぽい感じ(笑)
    いつも飛行機の画像ありがとうございます!

  • ☆たかしさん、
    そうですか。。。
    確かに、羽田空港や成田空港へ行くと、ハンガーの前にBoeing747が寂しげにポツンとたたずんでいるのを最近よく見かけますね。
    ロゴマークの変更、鶴九の復活がにわかに話題になってますね。
    塗装にするとか、シールにするとか、、、
    CIを刷新するということの意味を良く考え、CIが新しくなっただけではなく、会社が変わった!というようになって欲しいものです。

  • ☆千鶴さん、
    こちらこそ、いつもお世話になってます!
    また、ブログへのコメントありがとうございます。
    是非、「最後の飛行」でその肉声を聴いて懐かしい当時を
    思い出してみてください。。。。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  • 鶴丸復活なら私も歓迎ですねぇ~
    今の塗装も十分イカしてますけどね。
    やはり747はコクピット部分の形が良いです

  • お疲れ様です。
    B747は、いつ見ても惚れ惚れしますね。
    ロゴマークを変更するんですか?今のタイミングで?
    まぁ鶴丸だったら、大歓迎ですが‥‥。
    多分、それは無いでしょうね。
    Airmanさんの仰るとおり、CIを変えても会社の中身が
    変らなければ意味が有りませんから‥‥。
    CIは莫大な予算と、手間と時間が掛かりますが
    大丈夫なんですかね?

  • CI変えるんでか!?このタイミングで。
    落ち目の時に、悪いのをロゴのせいにする事はよくある話ですが、
    制服やチケットのデザイン、名刺などまで一気に変更するのは、
    経営的にはあり得ないと思います。
    機体塗装をやめて、ピカピカにして、尾翼にツル丸シールを貼る。
    もしくは、単純に昔の塗装の復活。あたりなら歓迎です。

  • ☆Emmett Brownさん、
    7月30日の日経新聞の記事によると、
    「鶴九」復活を検討しているらしいです。
    海外での認知度が高く、「引き続き国際線ネットワークを維持する」(稲盛和夫会長)ことを利用者に訴求するため、経営陣や管財人の企業再生支援機構は鶴丸への替えを推進する方針だそうです。。。
    ところが、この報道に対して、いろいろな意見が飛び出し、
    話題になっているようです。
    B747の機首部分、カッコイイですよね。
    まさに”ジャンボ”って感じがして。

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です。
    まさに鶴九の復活を検討しているらしいです。
    しかも、会社更生の計画の一部として。
    賛否両論が飛び出し、実現するかどうかは今後8月を目処に
    提出される更正計画を待つことになりそうですが、
    本日から新しいCMも流されるようになり、再建計画は機体の
    ダウンサイジングと共に徐々に始まっているんですね。

  • ☆Flyingtak1さん、
    7月30日の報道で「鶴九」復活が話題になってました。
    会社更生計画の中で、「日本の翼」として再建する意気込みを
    利用者にアピールする狙いだとか。
    傷ついたブランドイメージを刷新する狙いもあるそうです。
    やはり、この報道を受けて賛否両論が飛び出し、ツイッターでも議論になってまして、
    実際にどのようになるかは8月の再建計画のふたを開けてみないと分からないですね。。。
    個人的には「鶴九」の復活は嬉しいですが。

  • お疲れ様です。
    『鶴丸』の話は、自分が思ってた以上に進んでるのですね。
    『鶴丸』が復活してJALの再建に一役買って
    くれると良いのですが。是非実現して欲しいですね。
    B747の有終の美を『鶴丸』で送ってあげたいですね。

  • こんばんは♪
    「鶴丸」が話題になってますね。
    アンケートがあったので「賛成」にポチッとしました^^;
    かなりお金がかかるみたいですが・・・。
    B4のラストには間に合いそうにないですね。
    でも、AirOyajiさんもおっしゃられているように、最後は鶴丸で送ってあげたいです。

  • ☆AirOyajiさん、
    本当にそうですね。
    経費ばかりを議論しないで、「効果」とあわせて論じていただければと思います。
    そして、願わくばBoeing747という今まで世界の空を支えてきた飛行機の存在も暖かく考えていただければ嬉しいですね。
    シールでも構わないので、Boeing747の白い尾翼に赤い鶴丸・・・・JALの復活の象徴になれば良いのですが。

  • ☆JA15KMさん、
    こんばんは!
    アンケートがあるのですか?
    私も探して「賛成」にポチっとしたいと思います。
    B744のラストに間に合えばよいですね。
    間に合わせて欲しいですね。
    単なる懐古ではなく、復活の象徴であり、日本の空を支えたフラッグシップの象徴、
    いろいろな意味を込めて。

  • あの大きな機体がフワッと浮くときなんか感動します!
    いつまでこの姿いつまで見れるんでしょうね?
    できればまだ見ていたいな。

  • ☆HTTさん、
    理屈を頭で理解していても、ジャンボの離陸には感動しますよね。
    今のうちにたくさんの雄姿を記録に残しておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。