お花ジャンボの東京カーブ

昨日は朝は曇り、午後からは晴れているけれども空はカルピスをぶちまけたような白く濁った空。
それでも我慢しきれずに城南島ふ頭公園に行ってしまいました。
風は190度(ほぼ南)から吹いていてRWY16Lへのランディングだったのですが、
ダウンウィンドやベースターンの飛行機はほとんど白く濁った空気の中見えにくい状態でした。
ファイナルターンの頃にようやく撮影可能ということで、本日はそのファイナルターンからファイナルアプローチのお花ジャンボです。
時刻は17時21分、かなり西に傾いてきた太陽の光を受けて、それまで白く濁っていた空気の色もどんよりとした茶色になってきました。
その中を、大きなお花ジャンボが旋回していきます。
お花ジャンボの東京カーブ 1
旋回中・・・・
お花ジャンボの東京カーブ 2
西日を受けてお花ジャンボの右側が鈍く輝いてます。
お花ジャンボの東京カーブ 3
城南島の上空に差し掛かる辺りでようやく背景が青くなってきました。
濁った空気の層はそれほど厚くないんでしょうね。
お花ジャンボの東京カーブ 4
お花ジャンボ、ピカチューも楽しそう!
お花ジャンボの東京カーブ 5
冬は空気は澄んでいることが多いのですが、北風。
夏は南風で16Lへのアプローチが多くなるんですが、空気がどんより。
なかなかうまくいきませんね。。。

7 comments

  • ☆たかしさん、
    160度の向きの滑走路に対して190度の右からの風がやや強かったせいか旋回開始を若干遅くしたのでしょう。
    旋回の途中でちょっとバンクが大きくなってました。
    (実はそんなに風が強くなかった??)
    ポケモンジェットはこのお花ジャンボとピカチュージャンボの2機が運行中です!

  • おはようございます。
    城南島に行かれたんですか。自分は、とても
    外に出る勇気がありませんでした。夕方でも暑かったでしたからね。
    お花ジャンボって、下から見るとカラフルでANAの
    旅客機には見えませんね。どこかアフリカの航空会社の
    様ですね。
    主脚の特集?マニアチックで楽しそうですね。
    前にB737、A300,B767,B777,MD90の
    主脚の写真ありますが、また別な意味で面白いですね。
    主脚も、そうですが飛行機って奥が深過ぎですね。
    ますます飛行機が好きになりますね。

  • 派手なカラーリングですね。
    でも、コックピットの表情は、冴えないですね。
    なんだかイラついているようです。
    スタアラマークが、こめかみのイライラマークみたいに見えませんか?

  • ☆AirOyajiさん、
    飛行機を見たいという欲求が、暑さに打ち勝ちました。。。
    城南島ふ頭公園交差点にあるコンビニで買って食べたガリガリ君(ソーダ味)が格別に美味しかったです!!
    そうなんですよ! お花ジャンボはお花が胴体の下面まで描かれているんですね。
    以前も主脚というかお腹の特集を組んだことがありましたが、
    今一度、全機種揃えてみましょうかね!
    前回はRWY22アプローチの日にたまたま撮影できた機種のみでしたが、
    城南島ふ頭公園でも同じようなアングルで撮影できることが分かりましたので!!

  • ☆Flyingtak1さん、
    おそらく世界一派手なカラーリングなのではないでしょうか。
    それにしてもスタアラマークがこめかみのイライラマークに見えてしまうなんて、
    目の付け所が違いますね!
    そういわれてみれば、確かに暑さにいらだっているようにも見えます。
    気にしだすと、そう見えちゃう!
    これからこの飛行機を見たら、イライラマークを思い浮かべちゃいそうです。。。。

  • かなりバンクしてますねぇ~
    一回ユナイテッド航空で怖いほど傾いてて・・・
    たしかサンフランシスコだったような・・・
    あつかましいお願いかもしれませんがデルタ航空の
    写真を撮ってきて欲しいのですが

  • ☆Emmett Brownさん、
    低い高度での大きなバンクを取った旋回はドキドキしますよね。
    ユナイテッドのパイロット、空軍上がりだったのかも知れませんね!
    デルタ航空の写真、2009年以降撮影したものを本日の記事に掲載してみました。一応、初公開の写真です。
    いかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。