マクドネル・ダグラスのMD-81とMD-90 その2

昨日に引き続き、JALのMD-81とMD-90です。
今日は羽田空港のRWY16Rを離陸するシーンです。
昨日の記事で皆様に教えていただいたMD-81とMD-90の違いが良く分かります!
エンジンの太さが全然違いますね。
また、垂直尾翼の上端後部がとがっているのと丸まっているという違いも良く分かります。
細くて長いエンジン(P&WのJT8D)
MD-81 1
垂直尾翼の上端後部が丸まっている
MD-81 2
太くて短いエンジン(IAEのV2500)で、垂直尾翼の上端後部がとがっていて、ラダー後縁のラインと一緒。
MD-90 1
こんなに短く、小さな翼でも結構しなるんですね。
MD-90 2
シャープな機体が京浜工業地帯を背景に離陸上昇する。
MD-90 3
もうお分かりかと思いますが、1枚目・2枚目がMD-81、3枚目・4枚目・5枚目はMD-90です。
どちらかといえば、MD-81のほうがカッコイイですね。バランスが取れてるような気がします。
主翼が小さくて目立たず、しかもかなり胴体後ろより付いていて、なんか不思議な感じがする飛行機です。
よっぽど、エンジンが重いんですね。

10 comments

  • ☆aMigOさん、
    こちらこそ、ありがとうございました。
    あの後は格納庫前に掘り出し物がいないかと、
    D滑走路展望台駐車場に行ってみましたが、空振りでした。
    唯一、今年の春に受領したものの、座席の問題でまだ営業フライトが出来ずにいるJA59ANとJA60ANが格納庫内に鎮座しているのが見えました。
    それだけ撮影して、お昼前には撤収しました。
    明日は成田へ!と思っていたのですが、天気予報は最悪ですね。。。。
    家で写真の整理をする1日になりそうです。
    折角の休みなのに。
    では、また!

  • ☆JA15KMさん、
    ありがとうございます。
    1機の離着陸にかなりの枚数を費やしているもので・・・^^;
    後々貴重になって、どこかの出版社からオファーでもあれば。。なんて妄想してます(笑)
    丸いテールコーン、今日も城南島で注意してみていたのですが、
    出会えませんでした。
    18機中の5機という数字を聞くと、集めたくなりますね。
    コレクター魂に火がつきそうです?!
    今まではあまり見向きもしなかったMDですが、これからは
    収集対象になりました!

  • ☆Flyingtak1さん、
    同感です! 
    良くこの形状で空を飛べるな・・・と不思議ですよね。
    飛行機の翼って大体真ん中か、前よりについているものと
    思うのですが、これだけ後ろよりでしかも小さい翼だと、
    どんな操縦感覚なのでしょうね。
    タキシングも内輪差?!が大きそうです。

  • ☆Emmett Brownさん、
    ありがとうございます。
    私もあらためて見分け方を覚えました。。。
    短い脚が可愛らしくも見えますね。
    ジャンボやトリプルセブンが飛ぶのはなんとなく分かりますが、
    この小さな翼の細い機体が空を飛ぶのはちょっと不思議です。

  • トリプルセブン

    MD81やMD90は小松ではあまり見かけることがない機体なので僕にとってはとても新鮮な感じがします。
    ところで、今日僕もデジタル一眼レフ買っちゃいました。
    airmanさんのような写真を撮る技術はありませんが
    これから頑張っていきたいと思います。
    質問なのですが羽田や成田のデッキで離着陸する飛行機は
    何mmぐらいのレンズが必要なんですか?

  • お疲れ様です。
    2枚目と3枚目を比べると、はっきりと違いが
    分かりますね。さすがですね。今までは全く
    同じ機種に見えてましたが、今日の写真で
    すっきりしました。
    マクダネル・ダグラスの旅客機は、4発機、
    3発機、後部2発機など、ボーイングやエアバスと
    比べると斬新な設計の旅客機を造ったんですね。
    今では一般的な双発ジェット機は製造してないですね。
    設計思想が戦闘機なのでしょうか?

  • 本日はありがとうございました。
    あの後はどうされましたか?
    私は野鳥橋に行き12時過ぎまで撮っていました。多少飛行機の背景に青空が入る感じでした。そして撤収し車まで戻ったら雨がポツポツと・・・・・
    良い夏休みをお過ごしください!
    ではでは~

  • こんにちは♪
    MD81と90の違いがよくわかりますね。
    同じ角度できっちり撮られているAirmanさんは凄いです。
    こういう写真も後々貴重になって行くんですネ。
    前記事で言ったテールコーンですが、月刊誌の7月号に記事が載っています。
    「丸尻」が5機、「平尻」が13機だそうです。
    これを見つけるのも楽しそうですね。

  • よくよく見ると、妙なバランスが、気持ち悪いですね。(笑)
    しかし、皆さん鋭いですね。マニアック。この微妙な差異!
    重心位置が、かなり後ろにあるので、
    操縦感覚は、FRオーバーハングの超長い、キャブオーバーのトラック
    で飛んでるようで、きっとすごく変なのではないかな?
    戦闘機や、アクロには向かないですね。。。
    タキシングも難しそうです。
    前輪位置はそれなりだから、そうでも無いかな?

  • Emmett Brown

    おお!本当だ!
    違いが良くわかりますね!
    なんかノーズギアとメインギアの間が長くて機体がおれちゃいそう・・・
    リアが重そうですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)