タイ国際航空の新旧デザイン

先日(8月22日)の成田空港でタイ国際航空の新旧デザインを見ることができました。
面白かったのは、今後も当分活躍するであろうBoeing777が旧塗装で、日本ではどんどん退役が進んでいるBoeing747が新塗装というところ。
まずは、なつかしい?!旧塗装のBoeing777-300(HS-TKB)
以前ご紹介したギア・アップの妙技の復習も兼ねてご覧ください。
成田空港のRWY16Rを離陸したBoeing777-300。
主脚のTilt Angleに注目! 離陸直後は6輪ある主脚は後ろ側が下がっていますね。
タイ国際航空 B777 1
主脚ドアが開くと同時に主脚の角度が変わります。やや前下がりになっているのが分かります。
タイ国際航空 B777 2
こうして格納の様子を見ると主脚の角度が格納の為だというのがよく分かりますね。
後ろ下がりのままだと格納スペースに入りませんからね。
タイ国際航空 B777 3
タイ国際航空の旧塗装、この薄紫色を基調にしてゴールドで縁取った色使いが好きでした。
タイ国際航空 B777 4
昔の飛行機はほとんどそうだったように、尾翼にはロゴマークがしっかりと描かれています。
タイ国際航空 B777 5
ここからは、新塗装のタイ国際航空のBoeing747-400(HS-TGA)です。
タイ国際航空 B747 1
濃い目の紫色が基調になっています。
デザインはシンプルになってはいますが・・・・
タイ国際航空 B747 2
なんか物足りない感じがしませんか?
タイ国際航空 B747 3
新旧比較するなら、私は旧塗装の方が、良かったですね。
薄い紫がやさしい感じがします。
「THAI」の文字も南の国という感じがしますよね。
同じ日、1時間と間を空けずに新旧両塗装を見られてラッキーでした!
それにしても、新塗装がでてからかなり経つのに、まだ旧塗装の飛行機が飛んでいるなんて、
のんびりとしたお国柄なんでしょうか?

6 comments

  • おはようございます!!
    THAIの旧塗装、尾翼のマークがタコみたいで好きでした笑
    最初のB777は確か-300ですよね。
    日本の国内線でも使われているB777-300が、
    遠いタイまで6時間近く飛ぶのかと思うと、
    本領発揮って感じがします。
    日本国内では羽田-那覇くらいが最長ですからね^_^;

  • タイ航空は、昔、娘が小さい頃、家族旅行で、利用した事があります。
    とっても、サービスが良くて、気持ちのいい旅でした。
    それもあって、タイ航空の旧塗装は、好きなデザイン。
    新塗装はしりませんでした。
    チートライン系のデザインが、
    旅客機っぽくて好きなんですけど。。
    時代の流れですかね。。

  • ☆Airmanさん、
    沖縄から帰ってきました!
    飛行機もたくさん乗りました。
    石垣島~与那国島は高度が低いので景色も良かったです!
    羽田~那覇は満席でマナーの悪い乗客に悩まされました。 乗っているみんながもう1度マナーを考え直してほしいです。
    タイ国際航空の新しい塗装確かにもうちょと何か欲しかったっです。
    でも飛行機は何でもカッコいいです!

  • タイ航空の旧塗装はいかにも「タイ!」って感じがして、
    新塗装は多少エレガントな感じですね。
    6枚目の写真好きです!
    そういえば言い忘れましたけどハワイの行きは良かったんですが帰りは周りが中国人ばっかりで最悪でしたね。
    乗客の質によってその航空会社の印象が変わりますね。
    なぜならその中国人は食事の時もリクライニングしてるし、機内が暗くなってみんなが寝ているのに大声で話すし、自分の荷物だけ入れたら手荷物入れのドアを閉めてしまうし・・・
    どうなっているんでしょうかね。あの国の教育は。

  • おはようございます。
    自分は、新旧どちらも好きですね。確かに新塗装機には、
    なにか物足りなさを感じますね。チートラインって
    言うんですか?昔の飛行機は多かったようですね。
    JAL,ANA,JASも、そうでした。
    時代の流れと共に飛行機のデザインも変るのは
    面白いですね。
    中国人のマナーの悪さは世界中で定評でしょう。
    (このブログに中国人の方が居たら、ゴメンナサイ。)

  • すみません。尾翼のロゴマークは、新旧共
    同じデザインですが、どんな意味が有るんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。