ピッカピカのBoeing737-800(JA61AN)

Boeingの飛行機達の出生地といえばシアトル。
そのシアトルからはるばると太平洋を越えて、1機の飛行機が羽田に運ばれてきました。
シアトルからダイレクトではなく、前日に仙台空港に到着し、入国の手続きをしてから8月29日の早朝に羽田空港にやってきたのです。
Boeing737-800(JA61AN)。
そのピカピカの姿をご覧ください!
RWY16Lに着陸後、第1ターミナル南側にあるハンガーにやってきたJA61AN。
ピカピカの新しい機体に周りの景色が映りこんでいますね。
よーく見ると、左舷前から13番目の窓のところから主翼に細い線があります。
アンテナ線か何かでしょうか。
ANA B738 1
ゆっくりとタキシングしているその右側にある滑走路RWY16RからはJALのBoeing737-800が離陸して行きます。
「よっ!兄弟、着いたか」とでも言っているようです。
ANA B738 2
左舷の細い線、見えますでしょうか。
ANA B738 3
羽田で待っていたメカニックさんに誘導され、ハンガーの前にゆっくりと進みます。
前輪のギア格納室ドアに描かれた「61AN」の文字がくっきり。
ANA B738 4
ハンガー前に到着。
長い旅でしたね。
お疲れ様でした。
ANA B738 5
大きなウィングレットと、機体後部。
Boeing747-400のウィングレットには垂直尾翼と同じように「ANA」と書かれているのですが、
Boeing737-800のウィングレットは細いからでしょうか、文字は描かれて無いんですね。
ANA B738 6
垂直尾翼、水平尾翼とレジ番「JA61AN」。
ANA B738 7
ピカピカの胴体とエンジン。
ANA B738 8
先日、このハンガーの中で飛べる日を待っているJA59ANとJA60ANの記事を掲載しましたが、このBoeing737-800「JA61AN」は直ぐに乗客を乗せて飛べるのでしょうか。
早く飛べるといいね。
さて、昨日はこのJA61ANをお迎えに羽田空港へ行ってきたのですが、結構朝からバタバタと大変でした。
家を出るときにATISを聞くと風は260度からの風にも関わらず「VOR-Cアプローチ」と報じられていたので、安心して城南島海浜公園に行こうということで出発しました。
ところが、首都高速横羽線を走行していて空港に近づいたときに見えた飛行機は何故か来た向きに離陸上昇しています。直ぐにエアバンドレシーバーのスイッチを入れてATISを聞いてみると「Landing runway 16L」と言っているではありませんか。
そこで行き先を急遽変更、羽田空港のD滑走路展望台脇の駐車場に向かうことにしました。
ところが、、、、
到着予定の9時頃になって、風が南風に変わってきました。
「これはもしかして。。。」とD滑走路展望台脇駐車場で一緒になったお仲間さんと話していたら案の定、ランウェイチェンジとなりました。
時間は9時頃、到着予定も9時から9時半の間くらい。。。。もう城南島へ行く時間はありません。
JA61ANのランディングシーンの撮影はあきらめました^^;
さて、ランディングシーンの撮影は逃したものの、フェリーしてきた飛行機はきっとこのハンガーの前にやってくるだろうと思って、お待ちすること10分くらいでしょうか。
9時32分に遠くのタクシーウェイ(新整備場駅脇のタクシーウェイ)を左折してこちらに曲がる飛行機を発見!
待っていたかいがありました。
ランディングシーンを見られなかったところであきらめて帰らなくて良かった!
こうして、本日の写真は撮影することが出来ました。

20 comments

  • おはようございます。
    実は、私も昨日RWYチェンジに悩まされた一人です。
    早朝、6:30過ぎに第一ターミナル展望デッキに行き、近所に新しくできたファミリーマート(笑)で買った朝食を食べつつRWY16Rから離陸する飛行機を撮っていました。ところが、7:30頃急におとなしくなってしまいなんと離陸はRWY34Rに変更されてしまいました。で、そのまま城南島海浜公園に行き撮り続けていると9:10過ぎくらいにRWY16Lに着陸が始まりました。まぁ考え方に寄ってはいろいろ撮れてよかった!と割り切ってお昼前には家にいました。
    ところで、先日26日(木)に休暇で成田に行ったのですが、最近凝ってるBランRWY16Lへの着陸でイラン、シンセン、ANAB737ゴールドなどいっぱい収穫がありました。
    それと、昨日海浜公園で隣にいらした香川(?)から来られた方は、Airmanさんのことを知っているとおっしゃっていました。ニアミスはあったらしいですが実際には会ったことはないとのことでした。
    ではでは~

  • 新車の納車のような、高揚感があるフライトでしょうね。
    臨時のHFアンテナ線も、渋い。737-800カッコいいですね。
    ところで、「ランチェン」って言うんですね。
    ワタシの業界では、新型発表!とかのイベント無しの
    モデルチェンジのことです。ランニングチェンジ。
    文字通り、走りながら、変更することです。

  • おはようございます。
    シアトルから到着のB737-800を撮るために
    羽田に行ったのですか?それとも偶然?
    もし偶然だとすると、とてつもないラッキーマンですね。
    仮に、事前に情報をキャッチしてたとしても、鋭いですね。
    Airmanさんじゃないと、出来ない芸当ですね。
    JA59ANとJA60ANは、もう飛んでるのですか?
    このJA61ANも早く飛べると良いですね。
    きっと車と同じ様に、新車(?)の匂いがするんでしょうね。

  • JA59ANとJA60ANが飛んでいないとすればハンガーには3機の737がいることになるのか・・・
    お金が飛んでいくよぉ~
    そういえば塗装はシアトルの方でやるんですか?
    それにしてもアンテナの線珍しいですね!
    何となく第二次世界大戦中の戦闘機を思い出します

  • こんにちは。
    昨日はお疲れ様でした。
    これの到着直前に16Lに変わって、日陰で休んでいた私は俄然やる気が出てきました。
    Airmanさんにお会いできなかったのは残念ですが、これはまたの機会のお楽しみということで…。
    それにしても、ぴかぴかっていいですね。
    スポット202と聞いて、向こうでも撮れるなぁとは思っていました。
    細いケーブル(HFアンテナ)は気づきませんでした。窓に何かついてるのはわかったんですが、主翼にケーブルがかかってたんですね!
    Airmanさんにお教えいただいて、私もこれを撮影できてよかったです。本当にありがとうございました。
    とはいうものの、私自身はうまく取れませんでした…。

  • それはそうと、外国人パイロットが飛ばしていましたが、これはボーイング社のパイロットですかね?
    それとも純粋にANKの外国人パイロット?
    久々に AnkAir のコールサインを聞きました。

  • ☆たかしさん、
    ありがとうございます!
    737NGが増えてますねー。
    A320、これもなかなか良い機体なのですが、
    保守やらパイロットの移行訓練やら何かとお金がかかるので、
    退役が進むのかもしれませんね。
    窓から主翼に張られているワイヤー、おっしゃるとおり
    HF無線用のアンテナだそうです。
    フェリー独特の姿を見ることができて本当に幸運でした!!

  • ☆aMigOさん、
    こんばんは!
    もしかして、10時過ぎ頃は城南島海浜公園にいらっしゃいましたか?
    私は堤防というか防波堤の先端近くで写真を撮ってました。
    防波堤中ほどに二人連れで写真を撮られていた方がいらっしゃって、そのうち一人は途中で引き上げられたのですが、
    もしかして・・・・
    私はまだ成田のBランで撮影したことがないんです。。。
    今度ロケハンがてらいろいろと探索してみようかと思ってます。

  • ☆Flyingtak1さん、
    新しい飛行機の到着、なんかワクワクしますよね。
    機体もピカピカに輝いているように見えました。
    車業界でもランチェンという言葉があるのですね。
    飛行機の世界では、「ランウェイ・チェンジ」の略。
    面白いですね!

  • ☆AirOyajiさん、
    あらかじめ予定を知ることができたので、狙って行って来ました!
    JA59ANとJA60ANは、まだ飛んでいないようですね。
    早く飛んでいる姿を写真に収めたいものです。
    新車の匂いと同じような匂いがするのでしょうか?
    そうかもしれませんね!
    新しいシートに新しいカーペット。
    乗ってみたいですね!!

  • ☆Emmett Brownさん、
    塗装はシアトルの工場で、製造工程の最終段階で行われるようですね。
    テストフライトもANAの塗装でアメリカの空を飛んでいるようです。
    シアトルのボーイングフィールド近くに住んでいる飛行機ファンがうらやましいですね!!
    アンテナ線が付いたジェット旅客機を見たのは初めてでした!
    昔の戦闘機や対潜哨戒機などを思い出しますね。

  • ☆エアポートひたちさん、
    こんばんは!
    昨日はお会いできるかと思いきや、突然の行き先変更で
    すれ違いになってしまいましたね。
    家を出る前は、城南島でJA61ANのVOR-Cアプローチを見て、
    その直後に第1ターミナル南のハンガーが見える場所に移動。。。というプランだったのですが、
    なまじっか、34Rを離陸する飛行機がみえたばっかりに。。。
    いずれお会いできるときがくるでしょう。
    楽しみはそのときにとっておきます。
    今後とも、ブログ・ツイッターでの情報交換、よろしくお願いします!

  • トリプルセブン

    B737-800この飛行機って僕が伊丹ではじめて
    撮影してからとても好きになった機種なんです。
    でも小松には来ていないのであんまりなじみがありませんでした。しかし11月からJALが小松に就航
    させるようなので、これからは撮影しまくりたいです。
    それと質問ですが成田のことを調べていてB滑走路は
    おもに着陸に使用されるようですがA滑走路には
    着陸する飛行機は少ないですか?

  • aMigoさん、こんばんは。
    昨日は城南島でありがとうございました。
    さっぱり土地勘もない状態ででかけた弾丸ツアーでしたので、いろいろ頂いた情報を次回の参考にしたいと思います。
    羽田には可能な限り訪問したいと思ってます、またどこかで
    お会いできることを楽しみにしています。

  • ☆トリプルセブンさん、
    B737-800はNG(Next Generation)といわれるだけあり、
    今までのB737とは違った雰囲気ですよね。
    コックピットも全く別物です。
    さて、成田のA-RWYですが、朝の早い時間帯にはパラレル運用で着陸機もあります。
    A380はA-RWYに着陸ですし、貨物機はA-RWYに着陸することがありますね。
    とはいえ、A-RWYへの着陸は限られてます。
    9時を過ぎると出発便が多くなってくるので、ほとんど離陸専用ですが、この間も11時前にジャンボのカーゴが着陸してきました。

  • airmanさんこんばんは。
    あ、まさにairmanさんが見た途中で帰ったのが僕です。
    時間があれば公園内をいろいろと回りながらポイント探しも
    できましたが、タクシーを待たせてあったので場南島滞在もわずか30分の弾丸ツアーでした。
    城南島のあとは下見がてら成田へ行きました。

  • ☆HTNさん、
    こんばんは。
    そうだったんですか!
    10時頃、紺色の”ANA”のTシャツを着て防波堤の先っちょで写真を撮っていたのが私です。
    ニアミスしてたんですね!!
    あの後、成田に行かれたんですか!
    凄い行動力。
    収穫はありましたか?
    12時前ならSQのA380なんかが見られたのでしょうか。

  • こんばんは♪
    B3のウイングレットもカッコよくて好きですぅ。
    これまた美しくつややかでイですね♪(*ノノ)
    初歩的な質問かもしれませんが・・・
    何故シアトルから一旦仙台に来ると解っていたのですか?
    私も知っていたら、頑張って行っていたかもしれないよ~。(p_;)
    毎日ブログ村ポチっとしています。(*^▽^*)ノ

  • ☆こんぶさん、
    こんばんは。
    B737のウィングレットはこの飛行機独特の形状でかっこいいですよね。
    フェリーの情報ですが、極秘情報でして・・・・。
    ブログ村の投票、ありがとうございます!!

  • こんばんは
    いました、いました!最後の写真を撮ったのがカメラのデータで10:40にスタアラ塗装の777でした。駐車場の近くでワンワールドが降りて行くのを見ました。
    私が撮っていたのが防波堤の中ごろ(指定席ですが)で、そこに四国から今朝ついて城南島に来て、1時間ほど撮ってから成田に行かれた方です。その方がAirmanさんのことをご存知でした!
    成田BランRWY16Lエンドはなかなかです。新聞報道の通り道路には「駐車ご遠慮願います」のたて看板がかなりたくさん立ててありました。平日で誰もいなかったのですがそこには車を停める気にはなりませんでした。というか、邪魔にならない良い場所を見つけたのですが。ともかく、成田Bランは平日に休暇をとって行くことにするつもりです。
    ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。