懐かしのクラシックジャンボ JALカーゴ

さて、ジャンボ祭り2日目は昨日からの”カーゴつながり”でちょっと懐かしい写真をお届けします。
2、3年前までは成田空港へ行ってもJALやANAの飛行機は羽田空港で見慣れていることもあり、あまり感心が無く、ブログへも掲載していなかったのですが、最近はジャンボ退役の話題もあり、自分の中では急に脚光を当ててみたくなりました。
JALのBoeing747-200F/SCD(JA8180)です。
成田空港のRWY16Rからの離陸シーンです。
JAL B747-200F 1
JAL B747-200F 2
JAL B747-200F 3
JAL B747-200F 4
主翼端の突起(アンテナ?!)が懐かしいですよね。
また、747-400と比較すると主翼の付け根の部分にカーブが無く、胴体から突き出ている感じがします。(昨日のAFのB747-400と見比べてみてください)
この飛行機は退役後、N723SAとなりアメリカのサウザン航空に売却されました。
2007年に撮影した写真なのですが、さすがに古さを感じますね。

9 comments

  • ☆たかしさん、
    ご指摘ありがとうございます!
    指が勝手に動いてしまい、書きなれた-400になっちゃいました。
    はい、正しくはBoeing747-200F/SCDです!
    サウザン航空に売却された同機ですが、2008年にモハベ砂漠で余生を過ごすことになったようです。。。
    http://www.flickr.com/photos/mcb/4158585665/
    悲しいですね。。。。

  • ピカピカの勇姿。グッときます。
    モハベ砂漠おとづれてみたくなりました。

  • 747-200ですか!
    これは貴重な写真ですね。ちょっと下からのアングルが残念です
    サウザン航空って見たことないです
    それにしてもスマートで良い機体ですね

  • おはようございます。
    多くの航空会社は、旅客機と貨物機は同じカラーを
    してますが、JALは違いますね。銀色に輝くJALの機体。良い感じじゃないですか。
    主翼の付け根の形状が違うのは、気が付きませんでした。
    -400からですか?
    グーグルアースで、モハベ砂漠を見て、ビックリです。
    アメリカの、有り余る土地だから出来るのであって
    物凄い数の飛行機が放置されてます。勿体無いですね。
    一つ位、欲しいです。

  • 飛行機の写真

    飛行機の写真をトラックバックしてください。

  • ☆Flyingtak1さん、
    グッときますよね。。。
    現在飛んでいるBoeing747-400Fもあと2ヶ月弱でこの雄姿を見られなくなるなんて。。。。
    今JALカーゴで飛んでいるジャンボたちがモハベ砂漠ではなく、別の航空会社で活躍されることを祈ってます。

  • ☆Emmett Brownさん、
    JALのカーゴは比較的短距離の離陸滑走であっという間に高く上がっちゃうんですよね。。。
    NCAのジャンボのように引っ張って、ゆっくりと上がってくれれば機体側面も見られるのに!

  • ☆AirOyajiさん、
    おはようございます!
    JALカーゴの銀色のジャンボ、カッコよくて好きですねぇ。
    -400から主翼付け根にカーブが付けられたようです。
    私もGoogle Earthでモハベ砂漠を見てみました。
    行ってみたいです!
    そして、1機欲しいです・・・・ね。
    共同購入できませんかね(笑)

  • ☆たかしさん、
    はい、アメリカの別の航空会社で活躍していることを
    祈りつつ、調べてみたら・・・・
    残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。