ロゴの消されたJALのB747とA300

2010年10月21日、新国際線ターミナル開業で沸く羽田空港。
そのお祭りムード一直のターミナルスポット前を1機のジャンボがトーイングされていきました。
JALのBoeing747-400D(JA8903)。
JA8903 1
ロゴマークやJAPAN AIRLINESの文字は白く塗りつぶされ、その部分だけが新しい白。
JA8903 2
連れて行かれた先のハンガー前にはまだロゴマークが消されていない1機のBoeing747-400(JA8910)がいました。国際線仕様のウィングレットのついたジャンボです。
2機のBoeing747
空港南側のハンガーの前に並ぶ2機の退役したBoeing747-400D(JA8903)とA300-600R(JA8565)。
両方とも胴体のロゴ・社名は消されていますが、尾翼の日の丸アークはそのままです。
かえって痛々しいというか、寂しさが強調されます。
B747とA300 1
Boeing747-400D(JA8903)は1992年9月、Airbus A300-600R(JA8565)は1993年12月の登録。もうというかまだ17年ほどしか日本の空を飛んでいないのに、退役になるんですね。
2機ともとっても寂しそうに見えました。。。
雨という天気もその寂しさに拍車をかけていたのか。
彼らはこのひに共用されたD滑走路を乗客を乗せて飛ぶことなく退役なんですよね。
B747とA300 2
華々しくオープンするターミナルビル、真新しい滑走路、新しく投入された最新鋭機がいる中、こうしてひっそりと寂しく退役していく飛行機もあります。
いままで頑張ってきた飛行機達、きちんと見送ってあげたいと思うのですが、退役はひっそり・寂しく・・・なんですね。
JA8903、JA8565、「ありがとうございました!」

15 comments

  • おはようございます♪
    1枚目を見てドキッとしました・・・。
    ロゴが消されたというだけでこんなにも悲しみがこみ上げる
    ものなのかと。
    今まで頑張ってくれた飛行機達が退役するのに、どうして
    ひっそりと終わらせようとするんでしょうね。
    もっと明るく見送れないものなのか・・・と思います。
    B4やA3のツアーも開催してほしいですね。
    「お疲れ様、ありがとう」ですね。

  • 引っ張られて行く、白装束。。赤い尾翼。。雨。。。
    まるで、時代劇のひとコマを見るようです。寂し過ぎます。
    もっと、華やかな花道を作ってあげられなかったかな?と思います。
    よくできていますが、ホームページだけじゃ寂し過ぎます。
    http://www.jal.co.jp/jumbo/
    私も、微力ながら、個人応援します。
    ありがとうジャンボ。

  • ☆JA15KMさん、
    おはようございます!
    まったく、同感です。
    1機、また1機とひっそりと姿を消すなんて、
    ここまで頑張ってくれたジャンボに対して
    あまりにもひどい。。。と思います。
    ツアーやイベントを開催し、多くの航空ファンで
    見送ってあげたいですね。

  • ☆たかしさん、
    おはようございます。
    JA8908が最後の1機ですか。。。
    是非、もう一度その離陸する雄姿を見たいものです。
    最終便がホノルル→成田便というのは、JALのジャンボにとっては象徴的で良いですね。
    かつて、多くの日本人があこがれた「ハワイ」への海外旅行。
    鶴丸の描かれたジャンボでハワイに行く!
    夢でした。
    一体どれだけ多くの日本人の夢をかなえたことでしょう。
    垂直尾翼の日の丸アークが残された白装束のジャンボ。。。
    作業員の心境・・・そうかも知れませんね。
    この飛行機達、世界の別の空で活躍してくれることを祈ります。

  • ☆Flyingtak1さん、
    新国際線ターミナルのオープンの喧騒を見た直後に、
    展望デッキから見たこの風景。
    これからの世界とこれまでの世界を対比して見たようでショックでした。
    今からでも遅くないので、華やかな花道を作ってあげてもらいたいものです。
    Jumbo Forever !!

  • おはようございます。
    Airmanさん、JA15KMさん、たかしさん、Flyingtak1さん、自分も同じ思いです。ショッキングな写真です。
    可哀想過ぎますね。尾翼だけをそのまま残した、姿が物哀しげですね‥‥。

  • 会社の事情があったにせよ、見苦しくない引き際であったのかな、と思います。「立つ鳥跡を濁さず」ですね。
    ひっそりでも、静かに”Good Bye・・・”するのも美しいものです。

  • 本当に物悲しく寂しそうに見えます。
    華々しく生き生きと日本の空を飛んでいたのに、まだまだ飛べるのに…。
    どれだけの旅行でワクワクの人、仕事で緊張の人、或いは悲しみにくれた人、人と心を運んでくれたのでしょう。
    お疲れさま。
    そして、ありがとうの気持ちで見送りたいです。

  • 白い機体がトーイングカーに引っ張られていくシーンを
    観るとこの歌詞がいつも浮かびます。
    ある晴れた昼下がり市場へ続く道
    荷馬車(トーイングカー)がゴトゴト子牛(ジャンボ)を乗せて行く可愛い(ジャンボ) 売られて行くよ
    ドナドナドーナ、ドーナ (トーイングカー)が揺れる♪♪
    日の丸ジャンボ引き際はこんなんでよいのでしょうか?
    JALにはもう余力が残っていないのでしょうか?
    AIRMANさんB747,A300の一緒の素晴らしい写真をありがと
    うございます。

  • トリプルセブン

    JALのJA8910は去年の10月から11月くらいまで
    ほぼ毎日朝一の便で小松に来ていたのでよく知っています。
    もうあの時の姿が見られないのは本当に残念です。
    今朝上空を一機の真っ白なジャンボが飛んで行きましたが
    もしかすると元JALの機体かもしれません。

  • 雨に濡れて佇む姿に哀愁が漂い、ほんとに寂しい風景です。
    B747とA300は雌雄のライオンみたい。
    もはやこの国の空では生きていけないんですね。
    奄美大島への空路が再開し、普段は可愛らしいJALのSAABが今日は頼もしい翼に見えます。

  • 凄く哀愁漂うショットです。
    値段も名前も一流ブランドだったJAL・・・
    その文字が消されて退役・・・
    時代ですかね?
    以前は車も排気量が多くでかいのがステータスだった時代・・・今は違いますよね。
    とてもいいショットを有難うございます。

  • A300といえば
    僕はJALと言うよりJASの印象が強いです
    ANAとJASをよく撮ったものです
    A300,MD90,B747,B767…
    もしかしたら広島はANAのB777と中国からのA320しか飛んでこなくなるかも…
    日本を飛ぶ飛行機はほとんど引退してしまうんですね

  • ☆AirOyajiさん、
    何とか、本当の最後の1機だけでも明るく送り出してあげたいですよね。
    そういったイベントや式典のようなものを企画してくれないものでしょうか。
    JALのジャンボにいろいろな思い出を重ねている人は決して少なくないはず。
    よい思い出も悲しい思い出も、いろいろな思い出をこのジャンボは私達に残してくれています。

  • ☆B777さん、
    後にしっかりとした後継を残し、若手に後を譲るという点で、
    時代の流れに逆らわない自然な引き際だと思います。
    「静かに”Good Bye・・・”」ですか。。。
    映画のワンシーンのようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。