Airbus A340 アラカルト

昨日のヴァージンアトランティックのA340をはじめ、ヨーロッパの航空会社各社はAirbus A340を使っていることが多いです。
本日はそんなヨーロッパのA340ユーザー各社を掲載します。
どの飛行機もヨーロッパまでの長時間のフライトに備えて燃料をたくさん搭載しているのでしょう。
エアボーンまでの離陸滑走距離は長く、エアボーン後の上昇角も浅く、さくらの山やさくらの丘ではほぼ目の前を通過していきます。
まずはスイス航空のAirbus A340-300(HB-JMD)
成田空港のRWY34Lを離陸するところをさくらの山で撮影(2010年9月4日)
背景の第1ターミナルには国際空港らしくさまざまな航空会社の飛行機の尾翼が並んでいます。
アリタリアの新旧の尾翼が並んでいますが、違いが良く分かりますね!
SWISS A340 1
スイス航空のA340のエンジンは白でロゴが描かれています。
SWISS A340 2
フィンランド航空のAirbus A340-300(OH-LQB)
こちらは航空科学博物館の展望デッキより撮影(2010年9月4日)
FINNAIR A340 1
こちらのエンジンの色は青。
FINNAIR A340 2
スカンジナビア航空のAirbus A340-300(OY-KBA)
こちらはさくらの丘公園で撮影(2010年10月11日)
SAS A340 1
こちらのエンジンは赤。
ヨーロッパの飛行機はエンジンに色を塗るのが流行しているようです。。。
SAS A340 2
トリを務めるのはルフトハンザのAirbus A340-300(D-AIFF)
さくらの山公園で撮影したものです(2010年10月11日)
LH A340 1
RWY34Rへアプローチする飛行機と離陸上昇するA340-300
LH A340 2
機首に書かれている「Delmenhorst」(デルメンホルスト)はドイツ北部、ブレーメンの近く(約10km西)にある街の名前。
LH A340 3
このルフトハンザのA340が私の一番のお気に入りです。
昔から変わらぬデザイン、かつてのJALと同じく「鶴」をモチーフにした尾翼に描かれたロゴ、白い機体。。。カッコイイですよね!!
LH A340 4
今の成田空港ではA340とA330、Boeing777がほぼ拮抗して活躍しています。
同じ飛行機ですが、デザインが違うと印象というか、違う飛行機に見えますよね。
やっぱり国際空港は楽しいです!
ところで、台風が接近してきています。
先日の大雨で甚大な被害をこうむった奄美大島もその進路上にあり、2次被害が心配です。
また週末には関東地方にも接近または上陸の恐れがあるとのこと。
10月31日といえば、羽田空港から新たな国際線定期便が運航を開始する日!
台風と重なり、欠航とならないことを祈るばかりです。。。。
※追伸
おっ!! ブログ開設以来のアクセス数が50万アクセスを突破しました!!
皆様、本当にありがとうございます!!!!
もしよろしければ、ランキング投票「ポチっ」とお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓

12 comments

  • おはようございます。
    どれもカッコイイですが…ルフトハンザに一票!
    では、今日もお仕事頑張りましょ~

  • おはようございます。
    A340、やはり4発機はいいですね。
    成田では、おっしゃる通り、滑走距離が長く、
    目の前を飛行してくれるので、いい写真が撮れますね!
    後脚の真ん中のギアが、特徴的ですよね。このギアの名前は何でしたっけ?
    余裕があったら、どの航空会社も乗ってみたいです。

  • おはようございます。
    本当にヨーロッパ勢の航空会社は格好良いですね。
    どの航空会社のデザインやカラーリングは好感が持てます。
    もしJALやANAがA340を飛ばしてたら、
    多分エンジン部分の色は、JALは赤で、ANA青ですね。
    考えるだけでも、ワクワクして来ませんか?
    10月30日と31日の天気が心配です。30日は成田に
    JALのB747を撮ろうと思ってました。もし台風の為、欠航でもしたら、もう見る機会は無くなります。
    国際線時刻表は10月31日から『744』が消えてます。
    てるてる坊主でも、作りますか‥‥。

  • 失礼致しました。何を勘違いしてたのか‥‥。
    30日の羽田と10月31日以降の国内線ですね。
    悪天候にならない事を、祈ります。

  • いつも見ています
    質問なんですけど
    桜の山に行くといつもこのような写真ではなく
    着陸するのと
    離陸するのがこっちに来ないで
    向こうに走って離陸しちゃうんですけど
    どうしたらそのような写真が取れますか??
    あと30日と31日は台風で暴風雨ですよw

  • さすが、欧州勢ですね。デザインレベルが高いです。
    こうして、比べてみると良くわかります。
    どれも、シンプルなカラーリングですが、最大の効果を上げていますね。
    個人的にはスイス航空とSASが好みかな。

  • ☆たかしさん、
    白を基調としたヨーロッパのAirbus A340、美しいですよね。
    私はこのどれにも乗ったことがありません。
    アメリカの航空会社の飛行機に乗って「CAさんが優しかった」という記憶は一切無いのですが、
    ヨーロッパの航空会社に乗って「優しいCAさん」という声はよく聴こえてきます。
    A340もA330に変わっていくのでしょうか。。。。

  • ☆foka9さん、
    ルフトハンザ、いいですよねー。
    仕事・・・頑張ってますが、かなりきつい。。。
    明日も午後から高崎に行って、それから郡山へ行って、
    帰宅はきっと午前様ですね。。。
    頑張ります!!

  • ☆airdrugさん、
    昔のDC-8の姿を彷彿させる美しい飛行機ですよね!!
    ヨーロッパ勢の飛行機は、緩やかに離陸してくれるので、
    さくらの山やさくらの丘、航空科学博物館で写真と撮る者に
    とってはありがたい存在です。
    A340の胴体真ん中のギア、昔のDC-10-40にもありましたよね。
    何と呼ぶのかは分かりませんが。。。。
    これらのどれかに乗って、ヨーロッパ旅行、行ってみたいですね~。

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です。
    JALやANAのA340、見てみたいですね。
    特にJALのA340。
    昔のDC-8を思い出しそうです。
    10月31日の羽田空港新国際線ターミナルでの写真撮影は
    絶望的ですね。。。。
    台風が恨めしい!!
    JALのBoeing747ももう見られない?!
    ショックです。

  • ☆kaiさん、
    いつも見ていただき、ありがとうございます。
    私はいつも風によって撮影場所を変えてます。
    飛行機は風上に向かって離陸するので、北風の日には
    さくらの山に行きます。
    南風の日には航空科学博物館かさくらの丘に行きます。
    そうすれば本日掲載したような写真を撮ることができます。
    離陸機を撮りたければ、常に滑走路の風上の撮影ポイントへ!が鉄則ですね。
    今週末は台風ですね。。。。

  • ☆Flyingtak1さん、
    ヨーロッパとアメリカのデザインの違いは明確ですね。
    ヨーロッパの飛行機のデザインはどれも洗練されてます。
    歴史・伝統も感じられます。
    重さが違います。
    私はルフトハンザが好きですが、スイスもSASも良いですよね。
    甲乙付けがたいです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。