プロローグ ナリタ・デパーチャー

本日はブログをご覧の皆様に素晴らしいお知らせがあります。
当ブログでも2009年に公開してまいりました「Jet Music ~飛行機雲~」が、この度CDとしてリリースされました。
Jet Musicでお届けした曲がリメークされ、一層洗練された素晴らしい楽曲の数々。Jet Musicには無かった曲も含まれています。
タイトルは「The Contrail」。
航空旅行の楽しさを音楽家した作曲家、宮川昭夫氏の傑作CDです。
プロデュースは武田一男氏で、音楽・航空音で空の旅が描かれています。
その音楽に私が今まで撮影した写真をスライドショーにして添えて、数回に分けてお届けしたいと思います。
(尚、CDはまだ一般販売はされておりません。)
The Contrail
【収録曲】
01.プロローグ ナリタ・デパーチャー
02.ウィスパー オブ クラウド
03.夜間飛行
04.フランクフルトへの飛行
05.チューリッヒ・ランディング
06.北極海の夜明け
07.北太平洋ノルウェー上空にて
08.パリ・ランディング
09.B-747エンジンスタート
10.夕映えのランウェイ
11.さよなら、B-747
12.コントレールのテーマ
本日はこのCDの中から「01.プロローグ ナリタ・デパーチャー」をお届けします。


音楽のみをお聴きになりたい方は下記のプレーヤーからどうぞ!

今回お届けした「プロローグ ナリタ・デパーチャー」いかがでしたでしょうか。
 まだ夜が開けきらない早朝の成田空港。
 季節は秋から冬への入口で、空気はピンと張り詰めている。
 そのような中、1機の飛行機が離陸していく。
 そして空港は目覚める。
 そんな雰囲気の音楽で曲は始まります。
午前中は欧州便が次々と出発する。時差の関係で同じ日に到着する為です。
音楽はガラッと雰囲気を変え、フライトの準備が始まる空港の雰囲気が伝わってきます。
 旅客ターミナルの喧騒、出発準備をてきぱきと進めるスポットの飛行機。
 旅行への期待感とともに、フライト前の緊張感が空港に漂う。
 スポットから離れ、エンジンを始動する飛行機。
 管制塔とのやり取り。
 そして、次々と離陸する飛行機達。
 空港は一気に活気づく。
 離陸した飛行機には管制塔から「コンタクト ナリタ・デパーチャー」の指示が飛ぶ。
 そして、飛行機は遠い外国へと飛び立っていく。
このような「絵」が頭の中に浮かび上がってくる曲だと思います。
次回は「02.ウィスパー オブ クラウド」と「03.夜間飛行」をお届けします。

スライドショー及び音楽の再生にはFlash Playerが必要です。

↓ ↓ ↓ 音楽を気に入っていただけましたら、ポチっとしていただけるとランキングポイントが上がり、嬉しいです!!

12 comments

  • おはようございます。
    良い雰囲気が出てますね。Airmanさんの写真、見た事があるのも、無いのも、サウンドと合ってます。
    その道の方がプロデュースしたから、当たり前ですね。
    素晴らしいの一言です。

  • ☆AirOyajiさん、
    ありがとうございます。
    音楽も前回のバージョンよりもかなりパワーアップされているというか、
    完成度がより高まっている感じで、”空”・”空港”・”飛行機”のイメージが頭に浮かんできますよね。
    これから1週間おきくらいの間隔で公開していきたいと思います。

  • おはようございます。
    ブラボーです。
    音楽と合った写真選択も素晴らしいです。
    欧州便のイメージはやはり4発機なんですね!
    昨日、私は午後からさくらの丘に、5時ごろ1タミに
    少し行きました。B767のWL付きはお預けですね!

  • ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
     その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
     ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
     アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
     お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
     日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。
    また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。
    最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

  • airmanさん!お久しぶりです!
    最近は忙しくてなかなかコメントできなかったのですが
    毎日拝見させていただいています。
    これからもがんばってください。
    便名の読み上げの前に鳴る音楽いいですよね!

  • 宮川昭夫です。
    今回、この音楽をお届けさせていただける機会をいただけたことに感謝いたします。ありがとうございます。
    airmanさん、素敵な写真を付けて下さいましてありがとうございます。
    武田さんの構成にわくわくしながら音楽を作らせていただきました。
    ありがとうございます。

  • どこかで聞いたことのある曲だなぁと思っていたら、同じく武田一男氏プロデュースの成田のDVDで聞いた曲でした^^
    写真も音に乗せて見ると良いですね!

  • ☆たかしさん、
    ありがとうございます!
    良かったです。
    リリースといっても、このCD不況にあって、まだ一般販売されていないとのことです。
    CDとして構成し、完成したということですね。

  • ☆airdrugさん、
    ありがとうございます。
    この音楽を最初に聴いたときに浮かんだイメージの写真を
    集めてみました。
    欧州便のイメージは4発機ですね。
    成田の4000mの滑走路を4発のエンジンをフル回転させて、
    長い距離を疾駆した後にゆったりと上がるイメージ。
    もしかして、11月6日はさくらの山でニアミスしていたかも
    知れませんね!
    私はAFの離陸までさくらの山に居ました。

  • ☆Emmett Brownさん、
    ご無沙汰しております。
    いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
    皆様に支えられ、今後も続けて参ります!
    よろしくお願いいたします。
    空港のさまざまなシーンが音楽で描かれている感じがしますよね。
    素晴らしい音楽です!!

  • ☆宮川昭夫さま、
    私こそ、この度は当ブログで素晴らしい音楽を公開させていただく機会を頂き、
    本当にありがとうございます!
    音楽を聴かせていただき、いろいろなシーンが頭に浮かんできました。
    前回のJet Music「飛行機雲」の時よりもより鮮明にシーンが頭に浮かんできて、写真を選ぶのがとても楽しく感じました。
    これからの残り11曲の公開が楽しみで、私もワクワクしながら写真を選んでいます。
    素敵な音楽と素晴らしい構成のCD、早く航空ファンの皆様の手元に届くようになることを願っています。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  • ☆ja520kさん、
    一部聴いたことのあるフレーズがあるかもしれませんが、
    今回は「The Contrail」として、12曲で航空旅行の楽しさを感じていただけるように再アレンジ・再構成されたのだと思います。
    航空音楽と航空写真のコラボレーション、皆様にコメントを頂くまでドキドキしていましたが、嬉しいコメントを頂き、ホッとしております。
    これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − twelve =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください