航空音楽「The Contrail」2回目です!

お待たせいたしました!
本日は「The Contrail」から2曲お届けします。
「The Contrail」は航空旅行の楽しさを音楽化した作曲家、宮川昭夫氏の傑作CDです。
プロデュースは武田一男氏で、音楽・航空音で空の旅が描かれています。
尚、新しいジャケットをいただきましたのでご紹介します。
The Contrailジャケット
今回お届けするのは、
「02.ウィスパー オブ クラウド」と「03.夜間飛行」です。
この2曲は連続した作品となっています。
トータルで8分40秒とちょっと長いですが、飛行機のクルージングの雰囲気を写真と共にお楽しみください。


音楽のみをお聴きになりたい方は下記のプレーヤーからどうぞ!
「02.ウィスパー オブ クラウド」

「03.夜間飛行」

飛行機が成田国際空港を出発し、上昇。
厚い雲の層を突き抜けて満天の星が空を覆っている透明な空に到達。
3万1千フィートで水平飛行にうつった時、キャプテンが機内放送でフライト状況をアナウンスしてくれます。
そしてその後、クルージングする機内で聴こえてくるのはエンジンの低いくぐもった音のみ。
長距離を飛行する国際線では、時折ポジションレポートの交信を行います。
そんなイメージが浮かんできませんか?
何とか、年内に残りの10曲をお届けしたいと思います。。。
公開した曲は「The Contrail」というカテゴリーにまとめてありますので、右のサイドメニューにあるカテゴリー選択から「The Contrail」をクリックしていただくと公開済みの全曲がご覧いただけるようになります。
さて、昨日ご紹介したスマートフォン対応アプリとして12月に発売予定の「機長席」ですが、
あらためてそのイメージをご紹介します。
「機長席」
コックピットの音声を聞きながら、その解説を画面で読み、更にパイロットが使っているチャートやマップなどの資料をチェックすることが出来ます!
早くインストールして体験したいですね!!
繰り返しとなりますが、発売情報を以下のとおりとなっております。
 アプリ名:機長席
 対象端末:iPhone/iPod touch
 発売時期:12月初旬予定
 価格:1,200円(税込)
 販売場所:App Store
 カテゴリ:ブック
追記:
 「週間 飛行機ダイスキ!」にはiPadアプリとして来年1月に発売予定の「高度1万メートルの風景」についての記事が発表されました!
  是非、ご覧下さい!!

6 comments

  • こんにちは!
    今回も素晴らしい出来映えですね。長距離便は離陸と
    着陸の時しか風景が変わらず、その間それぞれの思いで
    過ごす時間にぴったりとした曲ですね。
    選択された写真も成田を中心にタキシングの風景がこれから
    フライトに向かうシーンと音楽がマッチしてとても良かったです。
    さくらの山での機体を正面から見たシーンは私も非常に好きなんです。すごく共感を覚えました。
    i-phoneアプリのイメージありがとうございます。
    面白そうですね!
    防衛大学開校祭に向かうブルーインパルスのツイッター拝見しました。天気が今ひとつのようですね。防衛大では演目はやるのでしょうか?

  • ☆airdrugさん、
    こんにちは!
    ありがとうございます。
    8分以上の長い曲でイメージどおりの写真をスライドショーにするのに大変苦労したので、
    とっても嬉しいコメントです!!
    さくらの山で見る、RWY16Rへ向かう飛行機が方向を変える時に一瞬だけ見られる真正面からの飛行機、
    私も気に入っていて、必ず狙います!
    防衛大学校でのブルーインパルスの展示飛行、短い時間ですが、演目は数課目ですが行われます。
    昨年は私も防大まで出かけて見たのですが、数分とはいえやはりBIの演目は素晴らしいものでした。

  • 素晴らしかったです!!
    8分40秒があっと言う間でした。
    新旧織り交ぜてて目を放すことも出来ませんでした!!
    コックピットは’90でしたね。
    これ、絶対何回も観ます。
    ありがとうございました。

  • おはようございます。
    凄いですね。感動物です。8分は長く感じますが、
    実際見ると、えっ?もう終わり?って感じでした。
    今は、もう見る事が出来ないノースウエストのB747が
    写ってましたね。懐かしいですね。
    『機長席』は,iPhone/iPod tuoch以外では聞く事が、
    出来ないのですか?

  • ☆ウォーケンさん、
    ありがとうございます。
    音楽と航空音と飛行機の写真、なかなか良い組み合わせだと思います。
    B744のコックピットは1990年にシンガポールまでコックピットに同乗した撮影したもので、
    DC-8のコックピットは千歳から羽田までのフライトでコックピットを訪問した際に撮影したものです。
    あと9曲、年内に公開してまいりますので、是非ご覧下さい!

  • ☆AirOyajiさん、
    ありがとうございました。
    航空音楽に合わせて写真を見ると8分もあっという間なのかも知れませんね。
    そう感じていただけて本当に幸せです。
    あと9曲、皆様に航空旅行の楽しさを感じていただけるように頑張ります!
    『機長席』は,iPhone/iPod tuoch用のアプリのようです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。