早朝のA380到着ラッシュ

成田空港の土曜日の朝はシンガポール航空(SQ)・ルフトハンザ航空(LH)・エールフランス航空(AF)の3社のAirbus A380が到着する。
SQとLHは7時~8時台の到着であり、水辺の里で撮影。
AFは10時少し前ということもあり、畑ポイントに移動して撮影しました。
(いずれも太陽光の関係で)
まずは7時21分にやってきたSQのA380。
東のほうには雲が広がっていてまだ太陽は顔を見せていませんでしたが、朝の強烈な太陽の光は空を染めていてそのオレンジ色が機体に映ります。
SQ A380 1
ちょっとピンボケですが、機種部分のアップ。
操縦席は1階と2階の間にあるんですよね。中2階?!
SQ A380 2
おなじみの後ろ斜め45度のアプローチシーン。
SQ A380 3
LHのA380は8時59分に姿を見せました。
太陽は姿を見せ、機体を明るく照らします。
LH A380 1
ようやく会うことが出来ました、「東京」号。
漢字で「東京」と書いてありますが、アルファベット表記が何故か「Tokio」。。。
ドイツ語ではTokyoではなく、Tokioなのでしょうか。。。
LH A380 2
朝日を背にしてRWY34LにアプローチするAirbus A380。
LH A380 3
畑ポイントへの移動がちょっと早かったか?!
太陽の光にキラリと機体を光らせながらアプローチするAFのAirbus A380。
AF A380 1
この顔にもだいぶなれました。
丸っこい鼻、ベルーガのような顔。。。
AF A380 2
ジャンボのように3度ほど機首上げの姿勢でのアプローチではなく、ほぼ水平の状態でアプローチするんですね。
AF A380 3
100ftほどでしょうか、ここまで機体のピッチはほぼ水平です。
AF A380 4
接地寸前、他の飛行機達と同じようにフレアをかけて、降下率をコントロールし、接地に備えます。
AF A380 5
成田の朝はこのA380の着陸3連発を見なければ始まらない・・という感じですよね。
ちなみにSQのA380がこの時間帯に見られるのは3月末くらいまで。
4月以降はB777に変わるそうです。
今年はあとどの航空会社がA380を日本路線に就航させるのかが楽しみです。
大韓航空(KE)かヴァージンアトランティック航空(VS)か??

22 comments

  • おはようございます。
    水平っぽい姿勢から、フレアをかける姿勢変化が印象的ですね。
    思い違いかもしれませんが、もしかして、B747に比べて、
    胴体に対して、主翼の角度が、やや大きめなのかもしれませんね。
    興味が湧いて来ます。

  • 綺麗ですね~。
    SQのA380が3月末までなんてがっかりですよ。
    今のうちに撮っておかないと。
    ってことは、その機体はどこに行くのでしょうか。

  • おはようございます。
    A380の操縦席はたしかに中2階ですね。
    操縦室には1階と2階のどちらからアクセスするのでしょうか?
    KEの就航は確実みたいですがVSも是非みてみたいものです。
    SQA380のLAX便は何時ごろの時間帯なのでしょうか?

  • おはようございます。
    LHに『東京号 Tokio』が有るんですね。この飛行機は日本線の為にだけ、あるんでしょうか?凄いですね。驚きました。A380は真横からだと、お世辞にも格好良いとは言えませんが、やや斜め後ろからのアングルは良いですね。
    28日は、成田からです。

  • ドイツ語はアルファベット26文字ありますがY(ゆぷしろん)は発音が無かったかなんかでTOKIOになったと遥か昔に学校で教えてもらった気がします。

  • こんにちは。
    A380のクロースアップ、非常に迫力があって美しいです。
    成田にいち早くA380を就航したオペレーターである、SQが朝のA380ラッシュから姿を消す事はある意味寂しいですね。
    でも、これからは夕方にもA380が見れるといういい点もありますね。
    ちなみに、現在のSQの早朝便はA330に変更されるようです。
    A330は日本ではセントレアと関空でしか見ることができないので、これも楽しみですね。
    KEのA380の成田就航は既に確定しており、6月1日からだそうです。仁川からの出発は10:10分なので、成田には昼頃に到着するかと思います。
    また、VSは2015年頃にA380の運行を開始するようです。やはり、VSのA380を見る事の出来る日はまだまだ遠いようです。

  • お久しぶりです。ドイツに住んでる従兄弟に確認したらTOKIOと書くそうですよ。LHのA380は茨城上空を通過していきますが、茨城あたりだとLHのそれとわかりますね!!やはり大きい!!

  • ☆Flyingtak1さん、
    さすがです!
    目の付け所が違いますね。
    主翼の重量(燃料込み)もかなりあるでしょうから、
    胴体に対して大きな上半角で取り付けられているのでしょうね。

  • ☆kaitogunnさん、
    早朝のA380はA330に機材変更となりますが、
    成田からLAXへのSQ便はA380になりますので、
    今度は違う時間帯で見られます!
    安心してください!
    (誤解を与えるような書き方で申し訳ありませんでした)

  • ☆airdrugさん、
    私も最近までは操縦席は1階かと思っていたのですが、
    良く見てみると1階と2階の間にあるんですよね。。。
    一度で良いから見学してみたいですね!
    KEはいつ頃就航となるのでしょうか。
    VSも。。。。
    今年もまだまだ楽しい事がたくさんありそうですね!!

  • ☆AirOyajiさん、
    ルフトハンザ航空の日本就航50周年記念で「東京」と命名されたようです。
    北京号はルフトハンザ航空が中国で長期にわたり好業績を収めていることを記念して中国の首都の名前「北京」と命名されたとのこと。
    ルフトハンザがドイツの都市名以外を機体につけたのは北京号が始めてのようです。
    28日からの韓国行き、お気をつけてお出かけください!

  • ☆Mucchiさん、
    TOKIOは”東京”の正しいドイツ語表記なんですね。
    勉強になりました!
    ありがとうございます。

  • ☆UA744さん、
    ありがとうございます。
    SQのA380はA330に機材変更になるんですね。
    それでもSQのA380がまだLAX便で残ってくれるので
    ホッとしています。
    今度は夕方に夕陽を浴びて離陸するA380が見られるんですね。
    KEのA380の成田就航は6月1日ですか!!
    水曜日ですね、見に行けるか。。。
    消防車からの放水アーチをくぐるA380は一見の価値アリですからね!
    VSはまだ先なんですか・・・
    まぁ、楽しみは一気に来るより徐々に、毎年あったほうが良いですから、気長に待ちます!

  • ☆jimmyさん、
    わざわざ確認してくれたんですか?!
    ありがとうございます。
    ドイツ語での東京の正式な表記が「TOKIO」だなんて、
    この歳になって初めて知りました。。。。

  • 正面から見た、上反角ではなくて、(こちらは、安定性に寄与ですよね)
    サイドビューでの羽の取り付け角度のつもりでした。
    Angle of incidence(入射角)が大きめなのかな?と思いました。
    そのうち、この辺の事も記事にしようと思います。。

  • どうやら英語でもTOKIOでTOKYOになったのは戦後のようです。
    TOKYOはフランス国営航空(懐かしい名前を使ってみました)の国、フランス語のようです。

  • ☆Flyingtak1さん、
    そうでしたか。。
    取り付け角度、是非調査結果を教えてください!
    A380の翼は根元が厚くて。。。

  • ☆Mucchiさん、
    TOKYOという表記にもいろいろと歴史というか
    語源があるんですね。
    勉強になります。

  • KEのA380は6月10日のKE701便です。

  • ☆Kさん、
    ありがとうございます!!
    6月10日、金曜日ですね。
    行けるかな・・・・
    放水アーチをまた見てみたいです。

  • 林田 真幸★

    A380ドアップすぎません??
      でも、いつみてもデカイッ(;O;)

  • ☆林田 真幸さん、
    もっともっとアップで撮ってみたいです!!
    この顔がなんともいえないんですよね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。