アエロメヒコのBoeing767-300ER

Aero Mexicoと書いてアエロメヒコと読む。
ん?アエロ メキシコじゃないの? と思ってしまいます。
きっとメキシコの言葉ではメヒコと発音するんでしょうね。
成田空港の午後、太陽が傾きかけた時間になり、銀色の機体がRWY34Lを離陸していきました。
RWY34Rにアプローチする飛行機とのツーショット・・・
メキシコへの長距離フライトなので引っ張ってくれるかと思いきや、やはりBoeing767・・・あっさりとエアボーンしてしまいました。
アエロメヒコ B767-300ER 1
太陽の光が胴体下面まで回りこみます。
垂直尾翼のマークをもっとはっきりと見たかった!!
アエロメヒコ B767-300ER 2
濃紺のラインに水平線と太陽が映り込んでいます。
アエロメヒコ B767-300ER 3
太陽がポリッシュドスキンのボディにキラリ!
きれいですねぇ。
アエロメヒコ B767-300ER 4
垂直尾翼に描かれた絵はEagle Warrior”鷲の戦士”と呼ばれる古代アステカ帝国のエリート貴族戦士です。古代アステカには他にもコヨーテの戦士やジャガーの戦士など役割に応じた部隊があったらしいのですが、この”鷲の戦士”は軽装の遊撃部隊だったとのこと。きっと飛行機だから鷲という単純な選択だったのでしょうね。
アエロメヒコ B767-300ER 5
この飛行機も初めて見ました。
以前、早朝の成田でアエロメヒコの飛行機を見たことはあったのですが、そのときはSKY TEAMの特別塗装機でした。
アエロメヒコはメキシコのフラッグキャリアでSKY TEAMの立ち上げメンバーの1社でもあります。
なかなか新鮮なデザインですよね。
アエロメヒコはBoeing777-200ERも導入しているはずなんですが、まだ見たことがありません。
長距離なんだからB767じゃなくてB777で来てくれればいいのに。

7 comments

  • ☆たかしさん、
    B767もETOPS認定を受け、太平洋を越えるルートを運行する時代になったんですね。
    一昔前では考えられませんでしたよね。
    太平洋を越えるのはジャンボなどの多発機と思ってましたから。。。
    アエロメヒコのB767も離陸時にうっすらとですが黒煙を吐いていました。
    燃油の問題なんでしょうか。。。

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です!
    私もなかなか撮影することのないキャリアですね。
    アエロメヒコは朝早く到着して、夕方前に離陸するので、
    なかなか時間が合いません^^;
    尾翼のデザインは鷲の戦士ですので、格闘技と関連があるのかも知れませんね。

  • ☆Flyingtak1さん、
    乗ったことがあるんですね!
    いいなぁ~
    成田にも就航していて、早朝に来て午後後半に出発しているようです。

  • ☆airdrugさん、
    そうなんですよ!
    エジプト航空のホルスもかっこよかったですが、
    このアエロメヒコの鷲の戦士もなかなかかっこよいです!
    昨年撮影したSKY TEAM塗装のアエロメヒコはBoeing767-200ERでした。
    http://airman.jp/airman2010/2010/06/15/

  • お疲れ様です。
    昨日のエジプト航空、今日のエアロメヒコ、どちらも初めて見ます。デザイン・カラーは自分的にはエジプト航空が好きです。エアロメヒコの尾翼のロゴは格好良いですね。
    メキシコのイメージは、何と言っても『ルチャリブレ』ですね。スペイン語で『自由な戦い』と言う意味でメキシコスタイルのプロレスです。格闘技は国民的スポーツで、尾翼の戦士のデザインにも、多少関係有るかも知れませんね。すみません、プロレスが大好きなもので‥‥。

  • アエロメヒコ、懐かしいなぁ。新婚のころ、
    LAからメキシコに旅行に行った時に乗りました。
    出発が5時間遅れて大変だったのを思い出します。
    成田に来てるんですね。知りませんでした。

  • おはようございます。
    アエロメヒコの尾翼の騎士がかっこいいですね。
    一度早朝に白基調の機体を見ましたが、B777だったか
    どうか、うる覚えで、写真をひっくり返しみます!
    逆にスカイチーム塗装のアエロメヒコを見たいです。
    機種はB6でしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)