ヴァージンのA340の到着と出発準備

成田のさくらの山からの同じようなアングルの写真が続いていましたので、今日は1月23日の成田空港第1ターミナル展望デッキから撮影した写真を掲載します。
ロンドンからやってきたヴァージンアトランティック航空のAirbus A340-600の到着から出発準備の様子です。
Airbus A340-600が着陸しました。
この日のヴァージンは新塗装でした!
VS A340 1
タクシーウェイを第1ターミナルのスポットに向けてやってきます。
A340-600はやっぱり長いですね!(75.3m)
Boeing747-8(76.4m)が登場するまでは世界最長の旅客機でした。
VS A340 2
ノーズギアを左に回転させてスポットへ。。。
これだけ長いと内輪差も大きいのでしょうね。地上滑走も難しそうです。
VS A340 3
正面から見たA340。
この顔はやっぱりAirbusの顔ですね。
A300の血をひいています。
VS A340 4
胴体も長いですが、翼幅もありますね(63.45m)。
ちなみにBoeing747-8の全幅は68.5mで、こちらも747-8の方がやや長いです。
VS A340 5
大きな機体がゆっくりとスポットに入ってきます。
私たちが写真を撮影していた目の前の空きスポットへやってきます!
おおっ!と、たくさんの航空ファンが金網に取り付き、いっせいにシャッターを切り始めました。
VS A340 6
ヴァージンの飛行機といえば、機首部分に書かれたフライング・レディーが有名です。
みんなにそれぞれ愛称がついていて、この日はG-VREDの「Scarlet Lady」でした。
VS A340 7
到着後、メカニックの方が一つ一つのエンジンの横のカバーをあけてなにやら点検していました。
こうしてみると、A430のエンジンって小さいですね。。。
VS A340 8
前部胴体下部の貨物室のドアを開けます。
ドアが開いた瞬間、氷の塊がパラパラっと落ちました。
VS A340 9
燃料補給も行います。
ロンドンまでの12時間以上のフライトに必要な燃料は相当な量になります。
国内線だと片翼の燃料補給口から燃料を入れますが、この飛行機では両方の翼の燃料補給口口から燃料を補給します。
VS A340 10
ケータリングサービスの専用車がやってきて、右側のドアを開けて機内装備品の補給を行います。
VS A340 11
さすがロンドン便、ケータリング作業も3台でおこなっていました。
VS A340 12
到着から出発まで約2時間。
この短い時間で12時間のフライトの準備を行うって大変なんですね。
多くのスタッフがてきぱきと役割に応じて仕事をこなしていました。
そういったスタッフの皆様のおかげで快適な空のたびが実現できているんですよね。
展望デッキでは、到着した飛行機に対する地上支援作業を間近で見ることができますが、
いつもその動作というか、動きには感動を覚えます。
こうした方々に感謝ですね。

18 comments

  • おはようございます。
    今日は好きな航空会社のVSですね!
    この機体を見るとテンションが上がります。
    フライングレディにそれぞれ名前が付いているのは
    知りませんでした。
    一度だけVSでロンドンを往復しました。その時隣りに
    座っていたロンドン便常連のご婦人の話しでは、BAより
    VSの方がしっかりした食事が2食出るので、VSばかり利用
    しているとのことでした。ケータリング3台も頷けますね!

  • 1枚目を見た時「長っ!!」と思いました(笑)
    でも、スッキリとしたデザインできれいですね。
    エンジン4つ、いいなぁ~やっぱり好きです。
    Ladyの下の‘2006’は2006年に就航したことなんでしょうね??
    十数時間もの長時間、-60~70℃の環境を飛び続ける機体の素材って、どんなもので作られてるんだろう??っていつも思います。
    目的地が南国だったらその温度差は凄いですよね!?
    到着から出発までの数々の流れがよく分かりました。
    旅客機を飛ばすのって、本当に大勢の人たちの手がかかってるんですね。
    感動しました!!

  • Airmanさん。お早う御座います。
    今日の写真は自分が一番好きな航空会社なので良かったです。
    成田空港に遊びに行って展望台に行ってヴァージンアトランティックのA340が止まっていると非常にテンションがMAXに達します。
    ヴァージンアトランティック航空は世界の航空会社で唯一事故率(死亡事故)が0%を記録している航空会社6社の内の1社
    なので素晴しいです。因みにあとの5社はエバー航空・エミレーツ航空・オーストリア航空・フィンランド航空・カンタス航空です。(データーは4年ほど前なのですが)
    ヴァージンアトランティック航空だけではなく全ての航空会社で事故が無く今以上に安全に飛び続けられると良いですね。
    また楽しみにしています。

  • お疲れ様です。
    A340はホントに美しく綺麗な飛行機ですね。
    4発機で安心だし、乗ってみたいです。
    今は、B747-8が最長ですが、これ以上長くする事は可能なのですか?もし、これ以上長くすればノーズギアならぬテールギアを付けなければ駄目でしょうね。
    今日も寒い朝でしたね。風邪など引いてませんか?
    自分は、韓国に行く前から体調が良くなく帰って来てからは最悪でしたが、今は良くなりました。Airmanさんも身体には充分、気を付けて下さい。

  • Airman さん こんにちは~
    わたしは自営で物作りをしているので人間の英知での作品には感銘、その中にもちろん飛行機も。。。
    出先で飛行中ながら大きくマークが見えたらとっても感動するぐらいでしたが、Airmanさんのブログに元旦から毎日お邪魔して見方がかわりました。
    飛行機の着陸から離陸までの安全かつ、スムーズを多くのスタッフが肝に命じて、その経過を懇切丁寧にご説明付きで見せて頂きありがとうございました。
    各国とも威信をかけてのデザイン、勉強になりますね。
    戸外での撮影、どうぞお体に気をつけて・・・楽しみにしています。

  • ↑ 失礼いたしましたRenaでした

  • コンニチハ!
    今日は Virgin atlantic ですね、何時観ても完璧な Lady ですね。
    私自身は、ヨーロッパへはあまり行く機会が無いのですが、一度だけ
    利用した事があります。一番みじかに感じるのは Virgin blue でしょうか。
    ケアンズからシドニーやアデレードの友人に会いに行く時に何度か
    乗った事があります。

  • ☆airdrugさん、
    VSは人気がありますね!
    ヴァージンアトランティックはデザインはもとより、機内サービスもなかなか優れています。
    BAに追いつけ追い越せという昔のANAとJALのような関係だからでしょうか。
    VSの飛行機の愛称、いろいろあって面白いです。
    「Maiden Tokyo」なんてのもありましたね。

  • ☆ウォーケンさん、
    ありがとうございます!!
    A340-600は長いですね。
    Boeing747だと2階席があったりして「太さ」もあるので
    それほど感じませんが、A340は1階建?!なので、細長く見えます。
    Scarlet Ladyの下の2006ですが、ご推察どおり、この飛行機の運用開始が2006年10月であることをあらわしています。

  • ☆たかしさん、
    DC-8-61・・・雰囲気がそっくりですよね!
    空の貴婦人と呼ばれたDC-8。現代ではその称号はこのA340に当てはまりますね。
    私はScarlet Ladyのほかに、Cover GIrlも見た記憶があります。
    いろんな飛行機に来てもらいたいですね。

  • ☆yurtarouさん、
    ヴァージンアトランティックがお気に入りなんですね!
    VSが使うスポットはいつも第1ターミナルの展望デッキの目の前なので、近くで見ることができてテンションが上がる気持ち、よく分かります!!
    事故率(死亡事故)の話、知りませんでした!
    教えていただき、ありがとうございます。
    事故率ゼロの航空会社が6社もあるんですね。
    (6社しかないというべきか。。。)
    事故ゼロの航空会社がもっともっと増え続けると良いですね!

  • ☆AirOyajiさん、
    ありがとうございます!!
    3発や4発の飛行機は良いですね。
    精神的に安心感が増します。
    B747-8よりも長い飛行機・・・そろそろ限界なのではないでしょうか。
    長さだけではなく、主翼の大きさや尾翼の大きさにも大きく影響し、大きさは重さにつながります。
    操縦も難しくなるでしょうしね。
    最近の関東地方は不安定な天気で寒さも厳しいですが、
    風邪一つひかずに元気にやってます!!

  • ☆Renaさん、
    ありがとうございます。
    飛行機と飛行機の周囲の世界、とっても奥が深く、
    長年、航空ファンをやっていてもいつも驚きや発見があります。
    これからもいろいろな視点・視線で見た飛行機の世界をつたない写真ではありますがお届けしていきたいと思います。
    いつも戸外での撮影なんですが、たまには機内で撮影したいですよね・・・・
    今後ともよろしくお願いします!!

  • ☆赤くらげさん、
    VSのA340、人気ありますね!
    私もロンドン出張の際に一度利用したことがありますが、
    サービスも機内設備も抜群で、12時間のフライトを楽しめた記憶があります。
    食後のデザートのハーゲンダッツのアイスクリーム、おいしかったですね~。
    また、乗りたいと思う数少ない航空会社の1つです!

  • JAL鶴丸復活!!

  • ☆Anonymousさん、
    4月からJALの鶴丸が復活しますね!
    楽しみです。
    願わくばBoeing747に鶴丸を背負って飛んでもらいたかった。。。

  • 林田 真幸 11歳★

    イギリスに行ったとき、ヴァージンを使いました。
    サービスもいいですね\(-o-)/   胴体は、どうして
    あんなに長いんでしょう??? でも、VS見るとイギリスに
    いきたくなるーーー($・・)/~~~

  • ☆林田 真幸さん、
    VSのサービス、なかなか良いですよね!
    私も1度だけイギリスへのフライトでVSのA340を利用したことがあります。
    やはりイギリス-東京はそう頻繁に飛行機を飛ばせないので、一度で多くの乗客を運べるように長い胴体のA340-600を採用したのでしょう。
    将来的にはA380になる?!
    楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。