Airbus A300の顔

今日はAirbus A300-600Rの顔を4方向から見た写真を集めてみました。
まずは左横から見た表情です。
ほぼ上下対象の曲線を描き、操縦席の窓のところでもあまりでこぼこせずに曲線に沿っているんですね。
横顔
斜め後ろから。
曲線の中にあっても、操縦席窓は平面です。
パイロットから見た外の景色のゆがみを少なくするためでしょうか。。。
斜め後ろ
左斜め前から。
顔とはあまり関係ありませんが、
主翼が胴体の中ほどから突き出していますね。
なので、主翼についている主脚も長い。
斜め前
右斜め前から、アップで。
JALのデザインになっても、目の下のくまは残っていました。
なぜA300だけ。。。。?
確かに昔のモヒカン時代のANAのB727やB737にはこのような”くま”がありました。
プロ野球のデイゲームで、選手が目のしたを黒く塗るのと同じ理由なんでしょうけれども。
JALの今のデザインで黒く塗ってあるのはA300だけ。
どアップ
昨日の記事の追記で記載したように、3月26日となっていたJALのA300-600Rの退役は延期となったようです。
東北地方への路線に投入され、現在途切れている東北道・東北新幹線で移動できなくなった人の流れやものの流れを補完するのでしょう。(私見です)
最後の最後にこうした大きな貢献が出来るA300って、本当に良い・必要とされる飛行機なんでしょうね。
“双発機”で”世界初”の”ワイドボディ”機ですから!
※A300登場時のワイドボディ機はDC-10、L1011といった3発機かB747(4発機)しかありませんでした。
(B767の登場はA300の約8年後でした)

9 comments

  • ☆airdrugさん、
    こんばんは。
    良い飛行機なんですよね!
    世界で始めての双発機のワイドボディ機。
    LD3コンテナの並列搭載が可能な飛行機で、貨物機としても
    活躍できる可能性を持った飛行機ですよね。
    この時期、退役を延長させるとともに、東京-青森便をA300で運行するなどの対応を行ったJALはさすがですね。
    被災地の復興のため、被災地で生活している皆様のためにがんばっているA300、応援したいです。

  • ☆bd700さん、
    はじめまして!
    コメントありがとうございます。
    A300の整備をされていたんですね!
    日本で始めてのAirbusの飛行機で、Boeingが多い中でのAirbusの飛行機。
    綺麗な、美しい飛行機ですよね。
    双発のジェット旅客機の中でも個性のある飛行機だと思います。
    JA8375と同期なんですね!
    明日の記事でそのJA8375と弐号機・参号機を掲載したいと思います。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  • ☆man_pan_11さん、
    そうなんですか!
    この時期だから中止なのか、退役延期でフェリーがなくなったから中止なのか。。。。
    後者ならまた次の機会があるでしょうね。
    めったにないツアーですよね。フェリーフライトに同乗する片道だけのツアー。帰りはクルーと一緒にバスで東京に戻ってくるんですよね。。。。
    飛行機、来週あたりから空港へ行ってみようかな。。と思っています。

  • ☆B777さん、
    そうなんですよね~。フランスから南周りで3日掛けて日本まで来たんですよね。
    アブダビ?!だったか・・・武田一男さんのコックピットシリーズでアプローチからランディングの録音がありましたね。
    あの時のA300B2からB4、そして今の-600Rへと進化してきた日本のA300。
    羽田空港へ行っても既に退役したJALのジャンボ同様、「居て当たり前」の存在だったA300。
    そのA300が退役だなんて、まだぜんぜん実感がわきません。

  • こんばんは!
    A300-600Rをあまりじっくり見る機会がありませんでしたが、よーく見ると細かく特徴のある機体ですね!
    目の下のクマも味わいがあります。
    最後にこのような形でひと花咲かせるとは思いもよりませんでした。
    山形、花巻、福島空港は救援物資輸送で24時間体制は見事です。
    仙台空港も救援機が離発着できる体制になったとは関係者に頭が下がります。
    頑張れ!A300と応援したくなります。

  • 初めまして。airmanさん
    A300-600Rの記事及び写真を見させていただきました。
    すごく懐かしかったです。
    実は私はこの機体の整備をしておりました。いろいろな思い出があり、整備作業中仲間と撮った写真を引っ張りだして眺めていまいした。
    また600R初号機JA8375は私と同期入社になります。

  • JALで募集していた「さらば!エアバスA300-600R セントレア回航ツアー」も中止になっていますね。
    退役が延期であればツアーはまたその時やるでしょうがね。
    早く平和な下の社会になればいいですね。飛行機見に行きたいです。

  • この状況での延期は言い方は不適切かも知れませんが、最後のご奉公になるでしょうね。
    数十年前、日本人のクルーで、トゥールーズから3日間掛けて日本にフェリーされて来て以来、国際国内問わず飛び続けたA300。コンテナもたくさん搭載できて人も運べる、最新鋭機に比べれば燃費は悪いかも知れないが、幅広い用途で運航できる、オールラウンド・プレイヤー。
    頼もしいですね。

  • ☆たかしさん、
    おはようございます!
    JALの公式発表はまだ確認できていませんが、
    複数の方から少なくとも4月一杯はA300が飛び続けるという話を伺いました。
    東北方面への高速道路・新幹線が震災で大きなダメージを受けていて、人や物資の移動にワイドボディ機が必要なのでしょう。
    (あくまでも個人的な見解ですが。。。)
    主翼広報のキャビンが傾斜している点、確かに3枚目の写真ではよく分かりますね!
    横から見ているとそれほど感じなかったのですが。。。
    後方のキャビンは傾斜している分、天井が低いのか・・・?
    貨物室に積み込むコンテナの大きさが一定なので、貨物室の
    空間を確保するためなのでしょうか。(推測)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)