Airbus A300-600R 初号機・弐号機・参号機

エヴァンゲリオンではありません。。
1981年3月に当時の東亜国内航空でA300B2がデビュー、その後B4へと切り替わり、現在ではこのA300-600Rが日本で活躍するA300となっています。
その-600Rの初号機がこのJA8375です。機体登録は1991/4/26となっています。
羽田空港のRWY16Lへのアプローチ。
A300-600R JA8375 1
羽田空港のRWY34Lへのアプローチ。
A300-600R JA8375 2
羽田空港の第1ターミナルのスポットに帰ってきた初号機。
A300-600R JA8375 3
A300-600R JA8375 4
続いてJA8376です。機体登録日は1991/11/19。おそらく弐号機でしょう。
この日は、出発時刻になっても前方のカーゴドアが閉まらず、メカニックさん達が
いろいろと作業を行っていました。メインギアのドアもなぜか開けられています。
A300-600R JA8376 1
客室のドアはすべて閉められ、ボーディングブリッジも離れているため、メカニックさん
は前輪の前のハッチからコックピットへと昇っていきました。。
このあと、カーゴドアとメインギアのドアをちゃんと閉めてからこの飛行機は無事に出発しました。
A300-600R JA8376 2
そしてJA8377。機体登録日は1992/1/28。
JASがJALとなり、最初にJAL塗装になったA300がこのJA8377だったそうです。
Airbusの最新鋭機A380を背景にプッシュバックするJA8377。
A300-600R JA8377 1
スカイマークのBoeing737-800(JA737Y)とJALのA300-600R(JA8377)のツーショット。
A300-600R JA8377 2
ちなみに、A300-600Rは日本エアシステム時代に導入された飛行機です。
1991年から現在まで20年間、がんばってきたんですね。。。

4 comments

  • ☆Goriさん、
    ”松井ジェット”、見たことも撮ったこともないんですよ。。。
    JALになってからですよね。
    JALになってからのA300の特別塗装機ってあとにも先にも
    松井ジェットが最初で最後?!
    見てみたかったです。。。。

  • ☆雅&彪’sパパさん、
    あのコックピット正面窓の前の黒いヤツ、今の旅客機では
    A300だけですよね。他の飛行機にはなくてA300にはある理由って何でしょうね?
    メカさんの足が飛行機から出てる写真、このときは出発準備がすべて整っていたのに、カーゴドアが閉まらず、メカさんたちが集まってきていろいろとやっていたのでじーっと観察してしまいました。
    ちょっと変わった事があるとつい、気になってしまいます。

  • こんにちは。
    JA8377といえば松井ジェットですかね??
    地元のような地方空港でも特別塗装機を見ることができたのでA300の特別塗装って好きだったんですけどね…
    個人的には通常塗装はもちろん好きですが、もう少しA300の特別塗装 見たかった気がします。

  • おはようございます!フロントの黒い(反射防止?)は昔の戦闘機なんかでもありましたね。
    それとメカニックさんの足がニョキッって出てる写真・・・たまにはこんな写真も撮ってみたいです。
    飛んでる姿だけでなくこういった部分に目をつけるところが玄人ですねぇ。。。と感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)