ヴァージン・アトランティックのAirbus A340

昨日に引き続き、本日もAirbus A340です。
本日は、ヴァージン・アトランティック航空のAirbus A340-600です。
この日のA340はG-VBLUで”Soul Sister”でした。
ハンガー前に駐機しているANAやJALのジャンボをジェット排気でにじませながら成田空港のRWY34Lを離陸。
ヴァージン A340 1
昨日のスリランカ航空のA340-300に比べて、ロールス・ロイスのトレントエンジンは大きく見えます。
ヴァージン A340 2
2006年に就航した”Soul Sister”
なんて訳せばよいのだろうか。。。
ヴァージン A340 3
機体後部には”No Way BA/AA”というメッセージが書かれています。
英国航空とアメリカン航空の提携の際に書かれたもので、「BAとAAの提携なんて、とんでもない」という意味です。
大手航空会社2社の提携で大西洋路線が独占されることを懸念して書かれたようですね。
ヴァージン A340 4
ロンドンのヒースロー空港までの約12時間のフライトに向けて上昇していきました。
ヴァージン A340 5
こちらは翌日の成田空港第1ターミナルで撮影したヴァージンのA340です。
フライング・レディはすっかりおなじみになった”Scarlet Lady”です。
イギリスには伝統のある英国航空があるのですが、にもかかわらず”Britain’s Flag Carrier”と書いてあります。
その心意気が素敵ですよね。
ヴァージン A340 6
スポットに入ったあと、コックピットのコーパイ側・キャプテン側両側の窓が開けられました。
空気の入れ替え?!
ヴァージン A340 7
右舷のドアが開けられてケータリング・サービスを受けます。
つるんとした飛行機ですが、こうしたメカニカルな部分がちょこっとでも見られるとワクワクします。
ヴァージン A340 8
週末の天気は今ひとつでしたが、今朝は綺麗に晴れました。
今週もがんばっていきましょう!!

14 comments

  • ヒースロー空港までの12時間の飛行に思い出あります。
    20年前にANAで行きましたが、ずーっと窓から眺めていました。
    時々ビデオを撮影、沿海州・ツンドラ地帯・ウラル山脈・フィンランドの湖水他
    昼の11時半に出発し、午後4時頃に着陸となりました。
    また乗りたいもんです。

  • おはようございます。
    4発機二連荘ありがとうございます。
    VS900/901は上の娘が2歳の時にまだ当時新しかったHISがハンドリングを始めた格安チケットを使って家族3人でロンドンを往復した時のとても懐かしい便です。”斬新な機内サービス”は当時からのもので、Yクラスでも子供にはそのものがプレゼントであるデイパックに入った沢山のお土産が付いてきました。Cクラスは当時の最高の部類のサービスだったんじゃなかったでしょうか。確か今は亡きBR50/51便の後を継いで参入してきたんだと思います。
    ずっと747で飛んでいましたがA340導入は早かったですね。確かにロールスエンジンは直径が大きいように見えますがエンジンポッド自体も別物なのでしょうか?だとするとコスト高にならないのかな。ウィングレットのユニオンジャックにもFlag Carrierの主張が読み取れますね。

  • おはようございます。
    スマートな機体ですね! Air man さんの青空バックの写真で
    よりA340が映えますよ!やっぱり飛行機の離陸は青空バックが一番ですね!

  • トリプルセブン

    外国の航空会社は機体にメッセージを書くのが
    多いですね。自己主張があっていいと思います。
    ヴァージンアトランティックはA346がフラッグシップ
    ですか?

  • Airmanさん、こんばんは
    ヴァージンはエミレーツのようなプレミアムな航空会社という印象が強かったのですが、
    大戦機のようなノーズアートやスローガンを見ると結構、気骨のある会社なんですね。
    今では死語になってしまった「ジョンブル魂」という言葉を思い出しました。
    話は変わりますが、A340-500の18時間強のフライト時間(シンガポール-ニューヨーク線)には驚きました。
    生存性が高い4発機がなせる業ですね。

  • >匿名
    すみません、HNを書くのを忘れました。
    redbaron

  • こんばんは!
    ヴァージンのロゴにNo Way BA/AAなんて過激なものが
    あるんですね。
    アライアンスにも入らなくて、気骨精神がありますよね。
    またこの飛行機でロンドンに行きたいですね!

  • ☆たかしさん、
    -600は-300より長く、エンジン径も大きいので、違う飛行機のように見えますよね。
    ヴァージンのA340には1度だけ成田-ヒースローで利用したことがあるのですが、とっても快適でしたね!
    12時間のフライトもあっという間でした。
    (BAとは大違い。。。)
    将来、再びロンドンへ行く機会があったら是非乗りたいですね。

  • ☆一雄さん、
    12時間もの間、窓に貼り付いていたんですか?!
    すごいですねぇ~。
    でも、米国行きの太平洋上の夜間フライトと違って、
    ずーっと昼間のロシア上空のフライトはその12時間も飽きさせないのかも知れませんね。
    私もロンドンへ何度か出張で出かけましたが、
    もちろん・・・・機内が暗くなるとともに寝てました。
    今思うともったいないことをしてましたね^^;

  • ☆toshiさん、
    やはり、多発機、中でも4発機は良いですね~!
    ヴァージンの747、まだ見たことがありません。
    (もう見る機会はない?!)
    VSの機内サービスは定評がありますよね。
    私も1度だけでしたが、ビジネスクラスでそのサービスを
    満喫した思い出があります。
    CFMエンジンとトレントエンジン、もちろんエンジンポッドは別物です。
    ストレッチと航続距離延長でより大きな推力を持つエンジンが必要だったのでしょうね。
    それでも、成田での離陸は滑走路を一杯つかい、ようやく離陸する感じです。。。
    フライング・レディといい、機体後部のメッセージといい、
    会長のやんちゃぶり?!というか、パワフルな気持ちが伝わってくる飛行機です。

  • ☆そらてつNさん、
    ありがとうございます!
    飛行機にはやっぱり青い空が似合いますよね。
    欲を言えば、ここにポコポコっとした雲が四分の一くらい入ってくれると最高なんですけどね~!

  • ☆トリプルセブンさん、
    そうですよね!
    機体にメッセージを書くというデザインは、
    日本の航空会社にはなかなか見られないですね。
    (JALのECOジェットくらい?!)
    VSのフラッグシップはやはりこのA340-600でしょうね。
    A340-300を6機持っているのに対して、A340-600は19機も持っています。
    2番目はBoeing747-400の12機です。。

  • ☆redbaronさん、
    「ジョンブル魂」・・・まさにそのとおりのイメージですね。
    BAという伝統のあるフラッグキャリアがありながら、
    同じイギリスで航空会社を立ち上げ、しかも成功させているVS。
    ”不屈の精神を持つイギリス人”ですね!!

  • ☆airdrugさん、
    ヴァージンの機体に描かれるメッセージ、
    ”NO WAY BA/AA”以外にもたくさんあるようです。
    写真を撮ったことはありませんが、
    こんなのもあったようです。
    “BA can’t keep it Concorde up!”
    (BAはコンコルドを持つ余裕はないはずだ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。