KLM ASIAのBoeing747-400と桜

飛行機と桜シリーズ最終回はKLM ASIAのBoeing747-400です。
成田空港でもBoeing747の姿を見ることが少なくなりました。
そのような中、このKLMはジャンボで日本に来てくれています。
嬉しいですね~!
成田空港のRWY34Lを離陸したKLM ASIAのBoeing747-400(PJ-BFP)
KLM B747 1
離陸後の上昇する時のこのジャンボの顔がなんとも素敵で、好きななんです!
りりしいですよね。
しっかりと前方の空を見据えて上昇する顔。
KLM B747 2
部分的に現れた青空を背景にKLMのブルーが映えます。
機体後部のレジ番の下には「The Flying Dutchman」と書かれています。
KLM B747 3
ウィングレットの内側・外側にも尾翼と同じようにKLM ASIAのロゴが書かれていますね。
KLMのデザインは私の好きなエアラインのデザインベスト5に入ります。
KLM B747 4
そして、飛び去り行く飛行機と桜。。。
KLM B747 5
上の写真では手前の桜がぼけてしまいましたので、桜にピントを合わせてもう1枚。
ブルーの機体に感謝!
KLM B747 6
やっぱりジャンボはいいなぁ~。

2 comments

  • ☆ウォーケンさん、
    KLMでしかもBoeing747!
    本当に惚れ惚れしますよね。
    ブルー一色のスキポール空港、行ってみたいです・・・
    爽やかな雰囲気なんでしょうね!

  • ありがとうございます!!
    こんなにかっこ良く撮られたKLM機が見られてとっても嬉しいです!!
    因みに、私は世界一このデザインが好きです。
    前にも書きましたが、クルーのユニフォームもこのブルー。
    スキポール空港はこのブルーのユニフォームを着た多国籍の女性で溢れかえっています。
    上昇している顔もしなった翼もカッコイイです。
    本当にジャンボは、どの姿も素敵ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)