城南島の見どころ

城南島の見どころというか、楽しみの一つは”頭上を通過する飛行機の迫力”ですね。
滑走路まで1km弱のところにある城南島海浜公園では、南風の日、RWY22にアプローチする飛行機を眺めることができます。
300mmのレンズで画面一杯に、その細部まで見ることができる!
航空ファンにはたまらない場所です。
まずは、JALのONE WORLD塗装のBoeing777。
南中時刻を過ぎた太陽がきらりと機体に光り、胴体下面にはきらめく海面が反射しています。
JAL B777
スターフライヤーの小さなAirbus A320もこの通り。
SFJ A320
JALのBoeing767の機首部分にぐーっと寄ってみました。
窓に顔をつけて外を見ている人がいたら、見えるでしょうね。
JAL B767
そして、ANAのBoeing747-400D。
これはド迫力です!
頭上を覆うようにその大きな飛行機はアプローチしていきます。
ANA B747
ANAのAirbus A320。
頭上を通過した直後の、機首部分とエンジンとギア(車輪)が見えるこの角度が結構気に入ってます。
ANA A320
カラフルな装いのスカイネットアジア航空のBoeing737。
こうしてみて分かったのですが、この機体に描かれている青い数本の線は、
南国の海岸に押し寄せる波を表現していたんですね。(たぶん)
SNA B737
昨年の10月以来、羽田空港の運用が変わりました。
それまでは南風だとRWY16Lを使っていたのですが、今ではRWY23・RWY22を使いようになり、こういったシーンを頻繁に見ることができるようになりました。
VOR-Cアプローチがなくなり、東京カーブのひねりがみられなくなったのは残念ですが、
頭上を通過する飛行機を間近で見られるRWY22アプローチがみられるようになったので城南島は引き続き、航空ファンを楽しませてくれるポイントですね。

8 comments

  • やっぱり、写真上手いですね!
    僕にはこんな写真、撮れませんorz
    今度22の時、行ってみようかと思います。

  • おはようございます。
    昨日KIXから初めてSFJに搭乗しました。
    革張りシートでドリンクサービスも普通にあり快適でした。
    緊急非常用のビデオ説明も忍者を使って大変ユニークで
    見入ってしまいました。
    羽田のRWY22にアプローチする際、城南島を確認しましたが、上から見たら本当に近いですね。
    昨日のKIXでは天気はいいのですが、黄砂の影響で霞んだ写真しか撮れませんでした。FINAIRのA330の新塗装や中国東方の派手な特別塗装機などが初物でした。

  • Airmanさん、おはようございます。
    城南島のことはあまり知りませんでしたが、300mmのレンズでこんな絵が撮れるなんてすごいですね。
    スターフライヤーのA320もいいですが、私としてはやっぱり最後のB737が一番、気に入りました。
    脚と可動翼、すべてを展開した絵は圧巻です。思わず、息を呑んで見入ってしまいました。
    例えはよくないですが、何か見てはいけないものを見た時のような感覚でしょうか。

  • うわぁ~~~!(☆☆)
    SFJのかわいいエアバスちゃんでも迫力が物凄い!!
    カッコイイ~~~♪
    勿論ANAもですが、Airmanさんのこういうアングルセンスが私は大好きです!
    そういえば、昨日、会社の上空(航路なんです)を
    4発の飛行機雲をなびかせて飛んでいる機体を見たのですが、
    4発って、私の知識の中ではANAのジャンボしかないのですが、
    それで間違いないのでしょうか?
    仙台上空を北北東から南南西に飛ぶって国内線だと勝手に思っているのですが…。

  • ☆Akioさん、
    ありがとうございます!
    カメラにかなり助けてもらってます^^;
    これから南風の季節、城南島にぜひ行ってみてください!
    飛行機を堪能できますよ!!

  • ☆airdrugさん、
    やはりゴージャスな感じの機内なんですね。
    乗ってみたいです!
    ビデオに忍者を使っているというのがちょっと意外ですね!
    おしゃれで高級なイメージとギャップがありますね。
    羽田にはRWY22だったのですね。
    すぐ下に城南島海浜公園がよく見えたのではないでしょうか。
    KIXでは初物に出会えてよかったですね!
    いつもと違う空港で、いつもと違う飛行機に合う。
    遠征の醍醐味ですよね。

  • ☆redbaronさん、
    南風でRWY22が着陸に使われているとき、
    城南島は絶好の撮影スポットになります。
    風が弱い日の北風運用の日もRWY34Rを離陸した飛行機の
    離陸後の旋回シーンはダイナミックで迫力があります。
    飛行機は飛ぶために無駄のないツルんとした姿をしていますが、
    離着陸時の車輪やフラップを下したところは、
    男心をくすぐりますよね。
    しかもそれらを下からのぞけるなんて、空港の展望デッキではできないこと。
    城南島ならではの楽しみかもしれませんね。

  • ☆こんぶさん、
    ありがとうございます!!
    エアバスちゃんもこうしてみると立派ですよね~!
    何回かは写真を撮ることも忘れて直に見入ってしまいました。
    北北東から南南西の方向だと、宮古から大子へのA7という航空路を飛ぶ飛行機ですね。
    そして4発というとANAのジャンボでしょう!
    飛行機雲を引きながら上空を飛ぶ飛行機を見ると思わず笑顔になっちゃいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。