ピカチュージャンボをじっくりと見る

羽田空港の第1ターミナルで飛行機を撮影していると、
ツイッターでお世話になっている福岡のフォロワーさんから”ピカチュージャンボが東京に向けて出発しました”のお知らせがありました。
福岡から羽田への飛行時間は約1時間半。。。
そして、そのピカチュージャンボが羽田空港のRWY34Lにやってきました。
ここまではいつも通りの写真。。。
ピカチュー、福岡から到着
その後、第2ターミナルの展望デッキへ移動すると、目の前にピカチュージャンボが!
出発の時を待ち、いよいよプッシュバックというその時!
期待通り、二人のパイロットが手を振ってくれました!!
たぶん、私ではなく、周囲にいた子供たちに向けて・・・・
コーパイロットは身を乗り出すようにして、そしてキャプテンは笑顔で手を振ってくれています。
うれしいですね~!
展望デッキ側でも「バイバ~イ!」「いってらっしゃ~い!!」という子供たちの声が聞こえます。
ピカチュー、手を振るパイロット
ピカチュージャンボの垂直尾翼。
愛らしいピカチューの横顔です。
ピカチュー、垂直尾翼
プッシュバックを終え、いよいよタキシングを開始。
地上で手をふるスタッフに、コーパイロットが手を振りかえします。
いつもいつも思うのですが、本当にみんなで飛行機を飛ばしているんだなと思う瞬間。
ピカチュー、タキシング開始
エンジンポッドに描かれたモンスターボール。
ピカチュー、モンスターボール
こうして主翼を真横から見ると、飛行機の翼の形がよくわかります。
また、前縁フラップと後縁フラップの形もじっくりと観察できますね。
前縁フラップは内側エンジンより胴体側はクルーガーフラップで、内側エンジンより翼端側は可変キャンバーフラップになっています。
ピカチュー、フラップ
真後ろから見たピカチュージャンボの”おしり”。
APU(補助動力装置)の排気口が大きく穴をあけています。
その下に小さく尾灯が点灯しています。
その下の黒い点は、おそらくストロボライトでしょう。
ピカチュー、おしり
そして、後ろななめから見たピカチュージャンボ。
ジャンボ特有の2階席となっている機首部分の”コブ”が描く曲線。
美しいですね。。。
ピカチュー、後姿
たまにはこんな写真も良いかなと思って。。。

3 comments

  • ☆airdrugさん、
    ピカチューの飛行機の前には自然と子供たちが集まり、
    ワイワイガヤガヤしているので、パイロットのほうも意識しているのでしょうね。
    それを無視することなく、展望デッキにまでサービスしてくれるパイロット・・・すばらしいですね。
    夢を与えてくれます。
    子供たちも「大人になったらピカチュージャンボを運転したい!」と思うのではないでしょうか。
    以前はポケモンジェットの国際線バージョンもあったと記憶していますが、
    かなり前になくなってしまいましたね。
    これほどの特別塗装は世界でも珍しいのでしょう。
    海外でも人気があるのはわかる気がします。

  • ☆たかしさん、
    おはようございます。
    駐車場の事前精算の仕組みですが、
    実は入場するときに発券機の向こう側にあるカメラで
    車のナンバーを読み取っているんです。
    そして発券の際には券と車のナンバーを結び付けてコンピュータに記録されています。
    そして出庫の際はゲートの精算機の隣にあるカメラで再び車のナンバーを読み取り、事前精算が済んでいる車であればそのままバーが上がる仕組みになっています。
    今度、駐車場をご利用の際には発券機の隣をチャックしてみてください。
    発券機とバーの間に縦長のガラスが貼られた箱があります。
    そこで車のナンバーを読み取ってます。

  • おはようございます。
    パイロットの方々もピカチュー塗装の機体を意識して
    搭乗するのでしょうね!自ずとサービス精神が溢れ、積極的
    に手を振ってくれるのでしょうか!
    ピカチューのことはあまり知りませんが海外でも人気があると聞いています。国際線でも飛ばして欲しかったですね!
    外国の航空ファンの評価も高かったと思いますが・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)