中国東方航空の上海万博特別塗装機

2010年5月1日から2010年10月31日まで上海で開催された国際博覧会。
既に閉幕から半年以上が経ちますが、上海万博の特別塗装機がまだ飛んできました。
開幕中は会えませんでしたが、先日の羽田空港でようやく撮影することができました。
中国東宝航空の上海万博特別塗装機、Airbus A321(B-2290)。
中国東方航空 A321 1
Airbus A321はA320シリーズの中で最も胴体が長い。
A320のストレッチタイプでA320よりも7mほど胴体が延長されています。
中国東方航空 A321 2
お決まりの斜め後ろから。。。
中国東方航空 A321 3
そして真後ろからおしりをパシャリ。
A320とそっくり。
中国東方航空 A321 4
離陸のためにRWY16Lに向かうA321。
それにしても、万博閉幕から半年以上たってもこの塗装のままというのは、不思議です。
次に塗装の塗り替えが行われるまで、ずーっとこのままなんでしょうね。。。
中国東方航空 A321 5
羽田空港のRWY16Lを離陸。
小型の飛行機なので滑走路の中間付近でエアボーンするかと思いきや、
結構引っ張ってくれました。
中国東方航空 A321 6
ようやくエアボーン。
ちょっとぼけちゃいました^^;
中国東方航空 A321 7
「上海万博」のロゴや文字は別として、波打つようなこのデザイン、良いですよね。
Boeing747-8も赤い波打つデザインのカンパニーデザインで、カッコよいものでした。
これからこういう波打つデザイン、はやるかもしれませんね。

5 comments

  • ☆foka9さん、
    ありがとうございます!!
    また1つ歳をとってしまいました^^;
    飛行機に乗るとき、どの座席にするか迷いますが、
    やっぱり主翼後方窓側が一番楽しいですね。
    フラップやスポイラーやエルロンの動きが見えて、
    それが体でも感じられる楽しさ!
    私もいつもワクワクしながら見ていました。

  • ☆akioさん、
    世博号3号っていうんですか。
    いろいろな種類があるようですね。
    この機体は地味なほうだとか。。。
    まだ、これしか見たことがありません^^;

  • こんばんは。
    中国エアラインの特別塗装機って、福岡でもちょくちょく見かけます。
    昨日の午後JAL/B767-300で羽田に飛んだんですが、
    主翼後縁の窓側でスラストリバーサの作動と同時に展開する
    スポイラーやフラップの動きとか内側のメカニカルな感じとかが
    見られて、とても面白かったです。
    Airmanさん、先日誕生日だったんですね。
    遅ればせながら、おめでとうございました。

  • この前、いましたね。
    世博号3号でしたっけ?

  • ☆たかしさん、
    私もまさか上海万博特別塗装機を撮影できるとは思っていなかったので、驚きです。
    さすが中国ですね!!
    中国のエアラインには確かにAirbusが多く、A321も多いですね。
    エアバスには天津工場があるので、そのせいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)