武田一男さんに感謝を寄せて

大変残念なことをお伝えしなければなりません。
武田一男さんが5月14日に他界されました。
数々の”コックピット”シリーズをはじめ、「機長席」や「ラスト・フライト」などの書籍を出版され、
最近ではiPhoneアプリで「機長席」や「続・機長席」を発売され、私たち航空ファンを楽しませてくれました。
私が最初に武田一男さんに出会ったのは中学生の頃、「THE JAL COCKPIT INTERNATIONAL FLIGHT」というLPでした。
JALの412便のチューリッヒからコペンハーゲンまでのジャンボのコックピットの様子を収録したものです。
何度も何度も繰り返し聞いて、”パイロットになろう”と大空への夢を見ていた時期でした。
その後、氏の作品は書籍・CD・iTunesなど全て購入し、楽しませてもらいました。
そして数年前。
「週刊 飛行機ダイスキ」をきっかけに直接お会いし、一緒に作品を作る機会を得ることができました。
「JET MUSIC」・「THE CONTRAIL」という武田さんが懇意にされている作曲家の宮川昭夫さんの素晴らしい音楽と私の飛行機写真のコラボレーション企画。
そして本日掲載した「Symphony of the Air」。
昨年には「さよならジャンボ」や「さよならDC-10」のCDやDVDを発表しました。
そのCDやDVDには私の写真も数多く掲載していただきました。
いずれも航空ファンばかりではなく、音楽ファンの皆様にも楽しんでいただける企画だったかと思います。
“航空音楽”という新しいジャンルを切り開いたのではないでしょうか。
武田一男さんは音楽も大変お好きな方で、JALのJet Streamを立ち上げた方でもあります。
そんな武田さんと宮川さんと一緒に”音楽と飛行機のコラボレーション”企画を作ることができたのは本当に幸せなことでした。
今も、武田一男プロデュースのある仕事を進めている最中でした。。。
  
そんな武田さんの訃報を最初に聞いたとき。。。頭が真っ白になりました。
数日前に電話で話をしたばかりだったのに。
まだまだやりたいことはたくさんあったことでしょう。
一緒にコックピットシリーズの新バージョンを作りましょう!という話もしていました。
スターフライヤーのA320やシンガポール航空のA380のコックピットシリーズを作ろう!という話もしていました。
「飛行機を楽しむ」ことにこだわり、いつも明るく、時には厳しく、作品を作ってきた武田さん。
本当に無念だったと思います。
可能であれば、武田さんの意志ややり残したことは作曲家の宮川氏や「週刊 飛行機ダイスキ」の竜子さん、桃田素晶さんらと
ともに受け継いでいきたいと考えています。
航空ファンにとっては大切な作品を残してくれた武田一男さん、その思いはしっかりと受け継いでいきたいと思います。
本日はそんな武田さんと「週刊 飛行機ダイスキ」と「Airmanの飛行機写真館」で製作した「Symphony of the Air」を”特別企画”
として再発表させていただきます。
武田さんが大好きだったベートーベンの第9と飛行機の映像で、感謝の意を表しつつ、お見送りしたいと思います。
なお、ご葬儀は家族で行われました。
本日より1週間、「特別企画」として”Symphony ot the Air”を当ブログと
「週刊 飛行機ダイスキ」で掲載させていただきます。
「特別企画」・・・実は、5月14日に急逝された武田一男さんの追悼企画です。
Airman

11 comments

  • おはようございます。
    突然の訃報に驚いています。
    昨年武田一男さんから小生のブログ「ちょっと昔の飛行機写真館」(http://nagamatsu.air-nifty.com/airplane/)にコメントをいただき、それがご縁で竜子さんの「週刊 飛行機ダイスキ」の「B747コックピット ヨーロッパ飛行」に写真を提供させていただくことにもなりました。
    音源は Airman さんが初めて武田さんと出会った「THE JAL COCKPIT INTERNATIONAL FLIGHT」ですよね。
    一航空ファンとしては本当に残念です。
    心よりご冥福をお祈りしたいと思います。…合掌

  • こんにちは。
    残念の一言に尽きます。まさかの訃報で驚いていますが、僕も一飛行機ファンとしてとても武田さんの音楽が好きでした。
    心よりご冥福をお祈りいたします。

  • 武田さんとの事は、語りつくせません。
    今も普通に話し声が聞こえてきます。
    たくさんの素晴らしいものを残して下さいました。
    このようなコメントを書いていることがうそのようです。
    今はただ、武田さんが、大好きな空に帰られ、思う存分空を楽しんで下さっていることを願います。
    宮川昭夫

  • ☆haruhikonさん、
    武田さんからもharuhikonさんの昔の写真の件は
    よく伺っていました。
    本当に残念です。
    ヨーロッパ飛行はおっしゃる通り私が持っている「THE JAL COCKPIT INTERNATIONAL FLIGHT」です。
    近いうちに、「偲ぶ会」を企画しようと思っています。
    その時は、武田さんとの思い出話とかで、楽しく盛り上がり、お見送りしたいですね。
    コメント、ありがとうございました。

  • ☆そらてつNさん、
    こんにちは。
    もう少し早くお知らせしたかったのですが、
    初七日が過ぎるまではと思い、今日まで普通にブログを更新してきました。
    1週間が経ち、皆様にお知らせするに至りましたが、本当に無念です。
    これからも武田さんの残した素晴らしい作品を愛し続けていきたいと思います!!

  • ☆宮川昭夫さん、
    私と宮川さんをつないでくれたのも武田さんでした。
    こうした縁を大切に、みんなで武田さんの魂を引き継いで
    いきたいですね。
    近いうちに、皆さんと武田さんのことを語り合い、武田さんが好きな音楽を聴きながら飛行機の話をする場を設けたいと思います。
    武田さんは楽しいことや明るいことが大好きでした。
    私も武田さんに怒られないように、大好きな飛行機の写真を撮り、掲載していきたいと思います!!
    大空から武田さんが見守ってくれていると信じて。

  • Airman さん
    素晴らしい武田さん、宮川さんとのご縁なんてAirmanの日頃の
    真摯なお人柄ですね。結果、「Jet Music」もリンクされていて…..証明ですね。すごい事です。
    「Symphony ot the Air」もゆったりした時間を作りPCの前で最後まで見させていただきました。
    懐かしい飛行機もたくさん・・・
    収録も大変なことだったのではとご苦労もしのばれます。
    神秘的な映像、力強い映像、それに私も好きな第9のBGMで
    見入ってしまいました。
    Airmanどうぞ武田さんの想いを受け継がれて素晴らしい写真を後輩に残してください。
    武田さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

  • ☆Renaさん、
    ありがとうございます。
    この作品は永遠に残しておきたい作品だと思います。
    常時、公開するのは難しいですが、年末などには1週間ほどの期間、皆様とこの映像を楽しむことができ、
    武田作品を思い出すことができればと思います。

  • 熱血!営業コンサルタント

    Airmanさん、こんばんは。
    ご無沙汰しております。
    驚きました… 私はiPhoneアプリや航空サウンド等でお名前を存じ上げる、まさに雲の上の方でしたが、お亡くなりになるとは思いもしませんでした。素晴らしい作品ばかりで聞き応えのあるものばかりでした。
    残念としか言いようがありません。ご冥福をお祈り致します。

  • ☆熱血!営業コンサルタントさん、
    私たち航空ファンを楽しませてくれた武田氏の訃報、
    本当に残念でなりません。
    ご冥福をお祈りするとともに、武田氏の想いや魂を
    引き継いでいけたらと思います。

  • 武田さんが逝かれてから一年を過ぎたのですね。A3oo,YS-11 日本の翼で仕事をご一緒させていただきました。記憶をたどっていけばスペース・シャトルでも仕事をさせて頂きました。もちろんサウンドで、ですが・・・。不安と希望を運ぶ飛行機そして夜行列車!彼のロマンが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。