サハリン航空のDHC-8-200

6月15日の新千歳空港。
なんと初物をゲットしました!
サハリン航空(Sakhalinskie Aviatrassy :SAT)のボンバルディアDHC-8-200です。
離陸のために新千歳空港のRWY01Lへタキシング。
斜め前から。
サハリン航空DHC-8-200 1
真横から。
サハリン航空DHC-8-200 2
斜め後ろから。
サハリン航空DHC-8-200 3
新千歳空港のターミナルビルは滑走路の北端近くにあります。
展望デッキの目の前が滑走路エンドです。
というわけでRWY01Lを離陸する飛行機は展望デッキのかなり右手でエアボーン。
このDHC-8-200もかなり遠くでエアボーンしました。
サハリン航空DHC-8-200 4
サハリンまでのフライトに飛び立っていったDHC-8-200。
サハリン航空DHC-8-200 5
まさか新千歳空港展望デッキ滞在の1時間弱の間で初物に出くわすとは思いませんでした!!
いや~、ラッキーでしたね。
まだまだ、見たことが無い飛行機ってたくさんありますね。

4 comments

  • ☆ドラ好きSさん、
    いえいえ、全然失礼だなんて思っていません。
    7月4日のB787の来日ですが、予定が未定なので、
    ご一緒できる約束ができず、かえって気を悪くされたのでは・・・?
    それにしても、ご兄弟で当ブログをご覧いただけているなんて光栄です!!
    これからも、よろしくお願いいたします(^o^)丿

  • ドラ好きS

    Airmanさん。兄が失礼をいたしました。あ、兄の名前は、
    勇樹といいます!!この前、Airmanさんに失礼なことを書いていた兄がサモンと名乗っていました。本当に兄が失礼なことを申しまして、失礼しました。ブログいい写真ばかりですね!!!!!!これからも、応援しています!!!
    がんばってください!!!
    ドラ好きN

  • ☆Flyingtak1さん、
    はい!ラッキーでした!!
    このプロペラの飛行機でロシアに行けちゃうんですね。
    地図を見てみれば、確かに稚内から目と鼻の先にサハリンが
    あります。
    夏場は観光客でにぎわうのかもしれません。

  • こりぁ珍しい。ラッキーでしたね。
    北海道とサハリンって近いのね。って改めて実感しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)