An-124「ルスラーン」が成田にやってきた

6月19日の成田空港。
大韓航空のA380の着陸からスポットインまでを撮影し、ちょっと安心しちゃったのでしょう。
“彼”がアプローチしてくることに気が付きませんでした。
ATCは聞いていたのですが、頭で理解していなかったんですね。
ふと滑走路のほうに目をやると、”彼”は既に着陸し、減速し始めてました。
そう、”彼”とはAn-124「ルスラーン」です。
ロシアが開発した世界最大級の大型輸送機。
もちろん、その姿を見るのも撮るのも初めてです!
慌てて撮影した最初の1枚。
An-124「ルスラーン」 1
機首部分に寄ってみる。
アントノフ・・英語だと”AN”ですか、ロシア語・ウクライナ語では”AH”なんですね。
確か、アガサクリスティのオリエント急行殺人事件で、ハンカチに記載されたイニシャルから、その表記の違いをポアロが指摘してロシア出身の元女優?!の持ち物であることを明らかにする場面があったような。。。。
An-124「ルスラーン」 2
そして斜め後ろからの全身像。
これまでの飛行機の常識とは全く違う姿にしばしボーゼン。
高翼、2本4輪の前輪、そしてムカデの脚のようなメインギア。。。。
A380を見た後であっても、その巨大さには驚きました。
150tもの貨物を搭載することができる超巨大輸送機。
An-124「ルスラーン」 3
日本に救援物資を輸送してきたのでしょうか。
成田空港に来るのは非常に珍しいのでは?
An-124「ルスラーン」は着陸後、貨物ターミナルエリアに来るのではなく、第1ターミナル展望デッキからは見えないどこかに行ってしまいました。。。
わずか3枚ですが、何とか撮影できた”初アントノフ”でした。

22 comments

  • KEのA380等々・・・時刻表がある飛行機はいいですがこのようにたまに飛んでくる(?)飛行機は見ていると嬉しくなりますね。先日の『見た事の無いジャンボ』の時もそうでした。
    撮る時にも『ピンボケしないかな?』とか『手振れは大丈夫かな?』とか『SSを少し速くしようかな?』とか・・・
    初物は緊張します。。。ますます成田に行きたくなって来ました。はい。

  • うっわ…
    何んだか不気味な感じがします。
    空飛ぶ要塞のような… って、ヘンな映画の見過ぎでしょうか(笑)
    中はどうなってるんでしょうね~
    地上とお腹部分の間が狭いですね。
    Airmanサンも圧倒されたのでは…??
    欲を言えば飛んでる姿や離着陸も見てみたいですが、貴重なのを見せていただいて有り難うございました。

  • こんにちわ。
    うらやましいです。なかなか出会えないアントノフ。
    大きいですね。飛んでくるのが信じられないくらいです。
    離陸は滑走路をフルに使って上がるんでしょうか。。
    全体のアントノフを初めて見させていただきました。ありがとうございます。ますます本物を見てみたくなりました。

  • 生で見たらもの凄い感動でしょうね。
    予期していない中で見られて良かったですね。

  • でかいもの続きですね。
    An-124は嘉手納ではじめて見ました。
    ロシアの輸送機が米軍基地で見れるとは思ってもいませんでした。
    しかし、でかいですよね。
    この時はコンデジしか持って行かなかったので、
    他のFA-18とかは米粒程度の写りなのですが、
    この子だけはしっかりと写りましたから(笑)
    エアバン確認していても、
    事前に情報が有れば確実に意識するでしょうし、明確な目的が無く何が降りるか確認しながら撮るような時は聞き慣れないコールサインにはガチで反応するのですが、
    明確にKEのA380狙いで見送った後だと、反応できないでしょうね。
    ただ、あれが視界の中に入ればアドレナリンどば沸きですね。

  • Airmanさんこんにちは
    迫力のある写真ですね
    アントノフも震災以降、物資の輸送でたまに成田で見ることが出来るようですね
    私も4月某日、成田空港でヴォルガ・ドニエプル航空のAn124を見ることが出来ました
    と言っても1タミ展望からはるか遠くで、ロゴを消されたJALジャンボと並んでいたため証拠写真をとれた程度ですが・・
    一度で良いからタキシングしたり、離着陸する姿を目の前で見てみたいものです
    アントノフはエンジン音がもの凄く大きいと聞いたことがあるのですが、どうでしたか?

  • おおっ!アントノフですね!セントレアにも来ますが、情報入手困難だったねで1回しか見たことがありません。
    最近は知り合いと携帯電話の電話番号とメアドを交換したのでわかるようになりましたが、来る日の都合がわるく、がっかりですが・・・。
    夏休みも来るようなのでいけたら行きます。
    暑くなりましたが、頑張って下さい。

  • 実物みたら、身震いしそうな大きさですね。凄いわコレ。
    ぬぼ縲怩チとした感じが好きかも。

  • こんばんは。
    すごいですね、コレ。
    こんな大きな機体を飛ばすのって、どんなエンジンなんでしょ?

  • Airmanさん、こんばんは
    雨の日は、どのようにして撮影されているんでしょうか?

  • こんにちは。アントノフはフォークリフトが自走で胴体に入っていって積み下ろしをしていたりしますので、床面の強度はジャンボのフレーターの比ではないのでしょうね。めったに見られる機体ではないし、しかも飛来するといつも700あたりの整備地区で荷役しているので、見学デッキからの撮影はタイミングが限られます。ラッキーでしたね。

  • ☆パパさん、
    こういうサプライズ、うれしいですが、事前に分かりたいですよね。。。
    この時もとっさのことでしたが、とても緊張しました。
    早く、成田行きましょーよー!!

  • ☆ウォーケンさん、
    飛行機らしくないですよね。
    要塞・・なるほど。
    私は戦艦か潜水艦が翼をくっつけて飛んでいるように感じました!
    中を見てみたいですよね。
    戦車などがそのまま入っちゃうそうなので、かなりガランとした空間が広がっているのでしょう。
    脚も短く、離着陸が難しそー。。。
    次に成田に行くときには飛んでいる姿を見てみたいものです!!
    迫力あるでしょうね!

  • ☆yukiさん、
    初めてアントノフを撮影することができ、本当にラッキーでした。
    KEのA380の大きさに驚き、そのすぐ後にこのアントノフ。
    巨大機に縁が多い日でしたね!
    事前に飛来予定を知る方法ってないものでしょうか。。。。

  • ☆一雄さん、
    初めてのアントノフ。
    本当に感動しました!
    今まで見たことのない形状、ギア。
    願わくば、離陸も見たかったですね!!
    それはまた次のお楽しみということで。

  • ☆かなぴさん、
    はい、巨人機が5日も続いてしまいました。
    やっぱり成田空港は楽しいですね!
    アントノフを嘉手納で?!
    米軍基地にロシアの輸送機が降りるんですね!!
    世界が大きく変わったことを実感します。
    この日、このアントノフの着陸はKEのA380の少しあとで、
    スポットに入ったA380をいろいろと観察し、おなか一杯に
    なっていたところでした。
    本当に不意を突かれたという感じで、大慌てで、まさにサプライズ!
    でも、着陸後の減速シーンから数枚だけでも掲載できる写真を撮ることができてホットしました。

  • ☆phadthaiさん、
    A380も巨大でしたが、このアントノフはもっと巨大でした。
    よくこんな大きな船が空を飛ぶなぁ~という感じです。
    アントノフがたまに成田に来ることは話に聞いてはいたのですが、
    まさか自分がその場に居合わせることができるとは思っていませんでした。
    本当にラッキーでした!
    次回・・・といってもいつ、その機会が訪れるかはわかりませんが、離陸シーンを見てみたいですね!
    着陸の時のエンジン音はそれほど他の飛行機との違いを感じませんでしたが、きっと離陸時のフルパワーのエンジン音は違うのでしょう。
    その時を楽しみに・・・・

  • ☆ヤガミさん、
    セントレアにはよくアントノフが飛来するのですよね?!
    ぼくは航空管制官のセントレア版にも登場しているので。。。
    飛来情報を入手できる情報網をお持ちとはうらやましいです。
    こうしためったに見ることができない飛行機に突然空港で
    出くわすと、本当にうれしいですよね。
    夏休みの空港、とにかく暑さ対策だけはバッチリとして
    お出かけください!

  • ☆Flyingtak1さん、
    シャッターを押している間は、無我夢中で、
    その後は、しばしボーゼンといった感じでした。
    AirbusやBoeingの旅客機たちとはまったく違った姿、
    これはすごい飛行機です!

  • ☆foka9さん、
    すごいですよね。
    この巨体に150tもの貨物を飛んで空を飛べるというのですから、
    怪物です。
    エンジンも特別なんでしょうね。
    離陸前にランナップ(暖機運転?!)が必要という話を聞いたことがあります。

  • ☆広島空港さん、
    雨の日は基本的に撮影にはいかないのですが、
    どうしても撮りたい写真があるときには、家庭用ごみ袋や
    スーパーのビニール袋などでカメラ用のカッパ?!を作っていきます。
    袋にはレンズフードが出る穴をあけて、穴のまわりはテープでしっかりと留めます。
    あとはレンズとカメラ全体を袋の中に収め、ファインダーだけは覗けるようにいろいろとこねくり回して・・・
    手作りなのでなんとでもなります!
    あと、自分自身はカッパというかポンチョを着て撮影してます。

  • ☆ネムさん、
    フォークリフトが自走で胴体の中に入っていく?!
    だから、機高が低くできているんですね。
    貨物室から傾斜路が出てきて、地上から中に入れるんですね。
    確かに、戦車とかは自走で入るしかないですよね。
    戦車や重機がそのまま積み込めるのですから、床も頑丈に
    できているのでしょう。
    一度で良いので、中に入ってみたいです!!
    まぁ、今回は着陸の後半からでも撮影できただけラッキーということで。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。