間近で見たBoeing747-400LCF

7月10日のセントレア遠征の目的の一つは昨日の記事に掲載したDream LinerとDream Lifterの競演とBoeing787のテイクオフシーンの撮影でしたが、さらにもう一つは本日掲載するDream Lifterそのものでした。
はじめてみる巨人機。
写真では見たことがありましたが、実物は初めて!
セントレアの臨時駐車場で車を降りると、目の前に”Dream Lifter”はいました。
「でかい・・・」
「なんじゃこりゃ」
というのが最初の感想。
これがBoeing747か・・・ ジャンボ大好きの私も呆然とする異様なたたずまい。
今日はそのBoeing747-400LCF(N747BC)のディテールをお楽しみください。
左斜め前から
B744LCF 1
ほぼ正面から見た顔。
あのジャンボの2階席をさらに上回る太さの胴体。
B744LCF 2
右斜め前から
B744LCF 3
ちょっと離れて全体像
B744LCF 4
機首部分に近づいてみます
B744LCF 5
胴体貨物室横に描かれた「Dream Lifter」の文字
なんかこの文字だけで、”カッコいい~”と。。。
B744LCF 6
元々のジャンボの胴体と、膨らんだ貨物室部分のつなぎ目。
無数のリベットで接合されています。
空気抵抗が多そう・・・・
B744LCF 7
前輪の付け根。
この巨大な胴体をこの華奢な脚で支えているんですね。
B744LCF 8
機首部分に描かれた”Boeing”のロゴ!
カッコいいー!!!!
B744LCF 9
コックピットの窓はやはりジャンボ様そのものです。
B744LCF 10
機内へと入るドア。
ん? なんか違いますよね。
そうなんです。
スライドラフトの格納部が無いんです。
なので、「セレクターレバー」も無いです。
いかにも貨物機らしいドア?!ですよね。
B744LCF 11
一旦、Boeing787の横を離れて別の場所に移動。
そこで貨物を積み込んだBoeing747-400LCFはまた、元の場所に戻ります。
B744LCF 12
トーイング中のBoeing747-LCF
ここで、ふつうのジャンボと並べて見たかったですね!
B744LCF 13
Boeing787が出発した後の元居たスポットに戻ってきました。
子供が出かけた後の寂しい家に戻ってきたお母さんのような感じ・・・
傾きかけた太陽の柔らかな光が寂しさを増幅させます。
B744LCF 14
さて、いよいよ明日は、このBoeing747-400LCFが荷物をそのおなかに積み込むところを
じっくりとご覧いただきます。
ちょっとだけ、その予告編を。
このBoeing747-400LCF、いったいどこから荷物を積み込むの?
ヒントは下の写真。
B744LCF 御開帳予告
あとは明日のお楽しみ!ということで。。。
p.s. 昨日の記事にたくさんのコメントをお寄せいただきありがとうございました!
   まだ、返信を書くことができておりません。 申し訳ありません。。。。
   今夜中には返信を書きたいと思います。

26 comments

  • な、何んと言うか…
    上手い表現が見つかりませんねぇ~
    センスないですが、食べ過ぎたお腹みたい!?(笑)
    すごいですねー!!
    実際に見たら… まさに圧巻だったでしょうね!!
    5枚目の写真を見て、私も接合部分が気になりました。
    強引な感じを受けました。
    お腹の中にはとてつもなくたくさんの貨物を積むことが出来るんでしょうね。
    どこから積み込むか…??
    ちょっと見えますが下腹部ですか??
    明日も楽しみです♪

  • おはようございます。
    セントレアに遠征してたんですね。
    昨日からのブログを拝見していて、素晴らしく、
    羨ましい絵ばっかりでした。
    ドリームリフターをこんな間近で写したものは
    初めて見ました。
    臨時駐車場の目の前だったんですね。
    日曜日は私も朝インタミに行き、夕方は近所で
    千葉上空のB787を撮ってました。夕景のB787の
    シルエットもかっこ良かったです。

  • 出たっ! つちのこジャンボ。
    珍しいものを、ありがとうございます。
    これ、荷物の出し入れは、尾翼がパカって開くんでしょうか?
    顔も開くのかな?

  • 管理センター

    お疲れさまでした。
    私はこの4枚目の写真のどこかに映っています。
    この日は前の日から夜勤で空港泊まりで、B787が
    帰還するまで空港にいました。
    そのおかげで真っ黒に日焼けしてしまいました。
    みなさんも体調崩さずに頑張って撮影してくださいね。

  • Airmanさんこんにちは。
    長期出張で名古屋地区に出向くときには、土日の休みにセントレアにはずいぶん通いましたが見ることができなかった機体です。
    こんな風になっていたんですね~
    感心感心!
    貴重な写真をありがとうございました。

  • ドリームリフター待ってましたo(^-^)o
    一度セントレアに行った時は見ることができなかったので
    いつか実物を見てみたいです。
    写真だけでも、迫力が伝わりますね!
    飛んで行くところも見たいです。
    明日の写真も楽しみにしています!

  • 私が言うのは本当におこがましいのですが、
    こんな素敵にドリームリフターを撮って頂いてありがとうございます。:)
    確かに”BOEING”のロゴかっこいいです!:)
    787は研究費に相当な費用をつぎ込み、相当売りまくらないと
    利益は出ないそうです。(苦笑)
    此処まで来るまでに本当に色々ありましたから
    これに携わった方々は感無量であったと思います。
    そしてairmanさんのコメントは主人にとっては
    一番嬉しかったのではないでしょうか?:)
    何かに似ているとずっと思っておりましたが、”つちのこ”ですね。(苦笑)
    ボーイングのスタッフにはuglyと不評です。(笑)
    でも、素晴らしいく美しい写真です。
    望遠レンズでとるとこんなにも近く、美しく撮影出来るのですね。
    近くにいらしたおじいさんに”望遠レンズはいかほどですか?”
    と訪ねましたら、”25万円です”とはにかみならがも、
    嬉しそうに答えて下さいました。:)
    ドリームライナー787とドーリームリフターをファインダーから
    覗き込んでいる方達が皆さん素敵に見えました。:)

  • 初めてまして!
    現在高2の者です。
    先ほど羽田にいったら、
    クェートの政府専用機らしき飛行機がおりてきました。

  • ☆ウォーケンさん、
    ”食べ過ぎたおなか”・・・バッチリですね!
    いただきます!
    金網のフェンスを隔ててすぐ目の前にいるB747-400LCFは
    本当にものすごい迫力でした。
    いったいおなかの中はどんなふうになっているのでしょうね。
    一度で良いから入ってみたいものです。
    セントレアでそんな企画、してくれないものでしょうか。。。
    どのように荷物を積み込むのか、明日の記事をご覧ください♪

  • ☆airdrugさん、
    ありがとうございます。
    セントレアまで行って参りました!
    本当に素晴らしい遠征でした!
    目の前にドリームリフターとドリームライナーが
    顔を寄せ合うように駐機してあって、その演出にしびれました!!
    また、行ってみたいですね!セントレア!!

  • ☆Flyingtak1さん、
    ”つちのこジャンボ”・・ぴったりの命名ですねぇ!
    荷物の出し入れは、明日の記事でバッチリと種明かしします。
    私も初めて見ましたが、度胆を抜かれました。

  • ☆管理センターさん、
    ありがとうございます!
    天候にも恵まれ、暑い1日でしたが、その暑さも吹っ飛ぶほど夢中にさせてくれたダブル・ドリームでした!
    前日から787が飛び立つまでずーっと空港にいたなんて羨ましいです。
    セントレアは本当に素晴らしい空港ですね!!

  • ☆tomeさん、
    セントレアでは、羽田や成田で見ることのない飛行機を見ることができ、新鮮で、感動しました!!
    このドリーム・リフターも初めて見ました。
    大きいですねぇ~!
    こんなバランスの悪そうな巨大な飛行機が空を飛ぶなんて。。。
    感動しました!

  • ☆るなさん、
    ドリームリフター、本当にすごい飛行機ですね!!
    金網フェンスを隔てて、すぐ目の前にこの飛行機を見て、
    圧倒されました。
    飛ぶところ、是非見てみたいですね!
    セントレアの近くに住んでいる方がうらやましいです。
    明日はいよいよこのドリームリフターが荷物を積み込むところの一部始終を掲載します!!

  • ☆quantumさん、
    こちらこそ、こんな素晴らしい飛行機を間近で見せていただき大感謝・大感激です!
    もっと隅々までいろいろと撮影したのですが、泣く泣く今回の画像を選定しました。
    Boeingもすごい飛行機を開発しましたよね。
    最新鋭のBoeing787のパーツをBoeing747が運ぶ。。。
    ジャンボ大好きの私にとって、感慨深いものがあります。
    それにしてもセントレアは粋な計らいをしましたよね。
    日本からパーツをシアトルに運ぶドリームリフターと、
    そのパーツで出来上がったBoeing787を八の字に並べるなんて!
    顔を寄せ合うように並んだ2機はまさに親子のようでした。
    当日、内覧会に招かれた皆様にとっては本当に感慨深いものがあったでしょうね。
    仕事の成果を、しかも素晴らしい成果を目の当たりにできた幸せ・・・想像するだけでゾクゾクします。
    Boeing787の第2の故郷というステータスもうれしいですよね!!
    これからも素晴らしい飛行機を世の中に送り出してください!!
    楽しみにしています。

  • ☆yn0621さん、
    はじめまして。
    クェートの政府専用機ですか?!
    外務省の主な要人来日日程(平成23年7月)のページには
    それらしき予定は記載されていませんでしたよね。。
    誰が来たのでしょうか。。

  • コンパクトカメラだったもので、着陸は撮れず、
    さらに、V1かV2にスポットインしてしまったので、
    柵の間からしか撮れませんでした。(泣
    一応レジを確認したら、9K-AKDでした。

  • コンパクトカメラだったもので、着陸は撮れず、
    さらに、V1かV2にスポットインしてしまったので、
    柵の間からしか撮れませんでした。(泣
    一応レジを確認したら、9K-AKDでした。
    機材は、A320でした。

  • 余計な情報かも知れませんが…
    一応レジを確認したら、9K-AKDでした。
    機材は、A320でした。
    コンパクトカメラだったもので、着陸は撮れず、
    さらに、V1かV2にスポットインしてしまったので、
    柵の間からしか撮れませんでした。(泣

  • すいません。
    同じコメントをなぜか連投してました。

  • ☆ym0621さん、
    貴重な情報、ありがとうございました。
    クウェートの政府専用機、いつまでいるんでしょうね。
    なかなか見る機会が無い珍しい飛行機、
    見ることができて良かったですね!!

  • ☆たかしさん、
    このような飛行機が空を飛ぶなんて、
    理屈では分かっていても、不思議ですよね。
    スタイルはベルーガよりもカッコよいと思います。
    確かに、1階機首部分には窓がありますね。
    きっと乗務員や貨物の付添人?!のためのスペースが
    あるのでしょうね。
    ウィングレットのついたドリームリフター、撮ってみたいです!!
    でも、この飛行機、セントレアに行かないと撮ることができないんですよね。。。。

  • いやぁ、近いですねぇ。
    今回の787ツアー(あ、一応試験飛行なのかな?)は日本の航空ファンには嬉しい内容でしたね。
    運良く、昨日はANA工場見学に行った時もまだ居ました。
    国内だと、セントレアですが、チャンスが有れば是非エベレットまで行って見て来られれば楽しいですよ。
    米国内の空港の中ではセキュリティー的にも楽で撮影はしやすいですよ。
    中古のジャンボをいろいろと改造して作っているので、いろいろと有るようですよ(笑)

  • 出遅れ、申し訳ありません。
    ひとつコメントを。
    ハの字並びというか八の字並び、
    名古屋は「八」に縁があるのです。
    名古屋市のマークは「八」なのです。
    だから、八の字。なんてことはないですよね?
    えっ、もしかしたら???

  • ☆かなぴさん、
    はい、近かったです!
    金網を挟んで50m以内の距離だったでしょうか。。。
    圧倒されました!
    ANA工場見学で、202番にいたBoeing787を間近で見られたのですか!!
    すごいことですね!!
    シアトルのエベレット工場、航空ファンにとっては聖地のひとつですよね。
    一生に一度で良いので行ってみたいです。

  • ☆@central_japanさん、
    コメントありがとうございます!
    名古屋市のマークが「八」なんですか!!
    知りませんでした。
    もしかしたら、それに掛けたのかもしれませんね。
    ナルホド・・・・。
    末広がりの「八」。
    未来のある字ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。