SASのA340が舞う

ジャンボに引き続き、4発機のAirbus A340の写真です。
羽田空港は2発機天国になってしまいましたが、成田はさすが国際空港!
まだまだ4発機がたくさんがんばっています。
第1弾はSAS(スカンジナビア航空)のAirbus A340-300(OY-KBD)です。
前輪が地面を離れてからもなかなかエアボーンしませんでした。
見ていて心配になるくらい、長い離陸滑走距離。。。
ようやくメインギアがそろりそろりと滑走路面から引きはがされエアボーン。
なんか、鳥のひなが恐る恐る羽ばたいて宙に浮く瞬間のようです。
SAS A340 1
その後もとっても浅い上昇角でゆっくりと空を駆け上ります。
駆け上るというより、這い上がるといった感じか?!
翼端からはうっすらと白いリボンのような線をひいてます。
SAS A340 2
このSASのA340のように長い距離を走った後、ゆっくりと上昇してくれると、
さくらの山からもお腹ではなく、機体側面をしっかりと見ることができます。
SAS A340 3
スカンジナビア航空は皆さんご存知の通り、スカンジナビア半島のノルウェー・デンマーク・スウェーデンの3国が共同で運行している航空会社です。
その3国の国旗がコックピットの窓の下に描かれています。
そしてグレーの胴体に銀色の「Scandinavian Airlines」の文字。。。
この文字がなかなかきれいに撮れないんですよね。
SAS A340 4
そして赤いエンジン。
CFM56エンジンですが、B777についているGEやPWのエンジンと違い、低圧ファン部分と後方の高圧ファン・燃焼部が2段に分かれていません。
ツルんとしていて、ロケットエンジン?!のような感じです。
SAS A340 5
後ろ斜めから見ても、下からというより横並びで撮ったような感じになりました。
A330やA340は主翼の後縁のラインがきれいですよね!
SAS A340 6
主翼の上面にうっすらとベールのような空気の層が見え始めました!
SAS A340 7
主翼上面のヴェールは消えてしまいましたが、翼端からはリボンのようなヴェイパーが。
新体操のリボン競技の選手のようですよね。
両手に持ったバトンの先に付いた白いリボンをクルクルとさせながら軽やかに宙を舞う体操選手のようです。
SAS A340 8
再び主翼上面にうっすらとヴェーパーが発生。
綺麗ですね~!
純白のレースのベールを纏っているようです。
SAS A340 9
体操選手というと軽やかな感じがしますが、このA340は軽やかというより、「どっこいしょ」っという感じでした。
大丈夫かなぁと見ていて不安になるような離陸上昇。。。
昨日までのジャンボの離陸シーンとは対照的です。
エンジンのパワー、空力的なデザインが理由なのでしょうか。
飛行機の姿かたちも”美しく”、女性的なAirbus A340ですが、この心細いように、不安げに離陸する姿も、か弱い女性のような感じです。
手を貸してあげたい、助けてあげたくなるような感じ?!
さて、映画「海猿」が再び制作されているようですが、
前々回はフェリーの座礁、前回は海上石油プラントの火災、今回はジャンボの海上着水が
対処する事故のようですね。
どんなシーンが見られるのでしょうか。。。楽しみです。
それでは週末の金曜日、皆様お元気で!

2 comments

  • ☆パパさん、
    こんばんは!
    最近になってA330は羽田でも見ることができますが、
    A340は成田に行かないと見ることができませんよね。
    やはり成田はいろいろな機種、いろいろな航空会社を
    見ることができて楽しいです!
    先日、行ったばかりなのに、また行きたくなってきました。
    SASの機首部分の文字やトルコ航空の機体後部のチューリップを
    いかにきれいにくっきりと撮影するか。。。
    通って修行しなくては!ですね。

  • おはようございます。
    A340・・・初心者の僕には成田デビューする前は未知の世界でした。。。
    エアバスと言えば引退したJALのアレ・・・そんな感じでした。
    しかしAirmanさんに成田に連れて行ってもらってから330や340・・・こんなに沢山あるんだぁ。。。と。
    それにしても機種の文字、大きな課題ですね。僕は毎回ミスしてます。ミスショット→リベンジ→成田へ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)