黒煙もくもくデルタのジャンボ

ちょっと、タイトルが大げさだったかもしれませんが、航空ファンの間ではすでに有名?!な
デルタ航空のジャンボが黒い煙を吐いて離陸するまでの写真を掲載します!
まずはそのデルタ航空のジャンボのセントレアへのアプローチシーンから。
午後の暖かな日差しを浴びて、気持ちよさそうに、堂々とRWY36にアプローチするデルタのジャンボ。
Boeing747-400。
安定感がありますね。
「来たぞー!」って感じ。
DL B744 1
タッチダウン寸前。
地上三階に相当するコックピットからは約30m先しか見えないといいます。
そのような状態できれいに接地させるなんて、神業に思えてしまいます。
DL B744 2
黒煙の前に、まずは豪快な白煙。
4本のメインギアがほぼ同時にがっつりと接地。
その瞬間にそれまで静止していたタイヤが滑走路とぶつかり、悲鳴をあげるように白煙を上げます。
ジャンボの接地はその白煙も豪快!
DL B744 3
着陸したデルタのジャンボがタクシーウェイをやってきます。
かつて何千回も繰り返してきた着陸。何事もなかったかのように、淡々とした表情?!
長旅の疲れも感じさせない表情。
さすがジャンボ!
DL B744 4
デルタジャンボのSection41。
1階のドアより2階のドアの方が一回り大きいんですね。
DL B744 5
Boeing747-400にはウィングレットがよく似合います。
現在日本の航空会社で飛んでいるジャンボはANAの国内線のジャンボのみで、すべてウィングレットなしのBoeing747-400。
ウィングレット付きのジャンボはやっぱりいいですね。
DL B744 6
そして、約1時間のセントレア滞在ののち、再び遠くアメリカに向かうためにRWY36へとタキシング。
その途中、ドリームリフターの向こう側のタクシーウェイを通過しました。
Boeing787の部品でしょうか、貨物を積み込むためにお尻をパカっと開けているところを、デルタのジャンボが通過します。
まるで、ジャンボがジャンボのおなかに首を突っ込もうとしているようです。。。
DL B744 7
ドリームリフターとデルタジャンボの夢の競演。
同じジャンボとは思えないドリームリフターの容貌。。。
DL B744 8
さて、いよいよデルタのジャンボの離陸。
離陸滑走を開始します。
この時点で既にエンジン後方の風景はグレーににじんでいるような。。。
DL B744 9
離陸の瞬間の写真はピントが全く合わず、使い物になりませんでした(^_^;)
というわけで、いきなり離陸上昇中の後ろ姿です。
4つのエンジンから黒い煙を吐き出しながらしっかりとした上昇角で天空を目指します。
DL B744 10
他の飛行機や他の航空会社のジャンボはこれほど黒い煙を吐かないのですが、
なぜかデルタのジャンボはいつも黒い煙を吐いて離陸していきますよね。
成田でも同じようなシーンをよく目にします。
昔のDC-9やBoeing737は確かに同じような黒い煙を吐き出していたような記憶があります。
DL B744 11
今日は初物ではなく、変り物でした。。。
黒い煙を吐いてはいますが、フライトには影響無いとのこと。
安心してデルタのジャンボに乗ることができます!!
さて、昨日は出張中の名古屋から、さらに大阪に出張してきました。
大阪滞在時間は12時25分から16時7分までのわずか3時間半。。。
本当はゆっくりと泊りがけで滞在して、伊丹空港なんぞに行ければ良かったのですが、そんな余裕は全くなく、あわただしい出張中の出張でした。
今朝も名古屋からの記事投稿です。
今日の夜の新幹線で帰京します!
昨日の朝はANAのBoeing787初号機の日本到着で大いに盛り上がっていましたね!
その場に居合わせることができなかったのがとっても無念。。。。
USTREAMで到着の瞬間はLIVEで見ていましたが、やはり生で見て、写真を撮りたかった。。。。
B787はこの後、試験や訓練を行った後、10月末に成田-香港で営業フライトを開始し、11月1日からは岡山・広島と羽田を結ぶ路線で定期就航するとのこと。
そうなるといつでも見ることができるのですが、やっぱり”最初の一歩”って貴重ですよね。
今年7月にANA塗装のB787がテストのために日本に飛来し1週間ほど滞在、私たちも大いに盛り上がったのですが、今回はANAの初号機が納入されたという飛来。
待ちに待っただけに、そして、日本のANAのB787がやってきたということもあり、B787を迎える気持ちも7月とはまた違ったものだったと思います。
早く見たい・撮りたい!!

5 comments

  • ☆テバネさん、
    このデルタのB744を撮影したのは、
    セントレアの展望デッキです。
    羽田の運用ですが、第2ターミナルから見えるC滑走路は
    国際線の飛行機も使います。
    大まかには”北”に向かう飛行機はC滑走路を使います。
    天気の悪い、小雨の日でも逆噴射時の水煙や離陸の時の水煙など天気の良い日に見られない面白い風景を見ることができますよね!
    (カメラと体に気を使いますが。。。)
    飛行機の減速はかなり急減速だと思います!
    乗っていると八トラックに収めた荷物がいっせいに前方に
    寄る音が聞こえますし、体も前のめりになりますよね!

  • 愚問ですが、これは羽田の第2ターミナルですか?
    先週家族を迎えに(第1)行った時、6Fで眺めていましたが、第2は国内線着陸だけなんですね。
    久しぶりに行ったので、6Fの場所すら探しました(汗)
    当日は小雨で逆噴射の時舞い上がる水煙が良かったです。
    今更ですが・・・・・飛行機って欠航減速するんですね(笑)

  • ☆foka9さん、
    こんばんは。
    昨日の13時過ぎころ、梅田のあたりをうろうろしていました^^;
    そして16時7分の新幹線で名古屋に戻りました。。。
    福岡-ホノルル便が復活ですか!!
    デルタなんですね。
    B4なら黒煙を吐いて離陸するジャンボを見られるのに。。。
    これはB4誘致活動をするしかないですね!

  • こんばんは。
    出張お疲れ様でした。昨日は大阪にいらしてたんですね!
    どこかですれ違っていたかもしれないですね~
    私は昨夜新幹線で福岡に戻りました。
    年末から福岡-ホノルル線が復活し、デルタが就航するみたいです。
    機材はB767-300ERとか。B747は来ないかなぁ。。

  • ☆たかしさん、
    おはようございます!
    P&Wエンジンの特性ですか。なるほど。
    古いP&Wのエンジンなんでしょうね。
    同じP&WのエンジンでもB777のエンジンはほとんど煙が見えないですからね。。。。
    燃費云々言われて、ジャンボが徐々に減りつつある昨今、
    黒い煙を吐き出さないで、きれいに飛んでほしいなぁと
    思いますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)