地上展示機 in 航空観閲式

航空観閲式の写真、最後は地上展示機です。
全部で21機の飛行機がエプロンに整列していました。
その中から16機の写真を一挙に掲載させていただきます。
まずは航空観閲式の様子から。
エプロンに並ぶ航空機とその前に整列する陸・海・空の自衛官の皆さん。
空自音楽隊および陸自大隊、海自大隊、空自大隊×3の5大隊が整列していました。
壮観な眺めです。
全員がピシっとしていてカッコ良かった!
航空観閲式
まずはF-2。
正面から見てみるとキャノピーが雪ダルマの頭のように丸いのが分かります。
パイロットの視界はとても良いでしょうね!
F-2 1
こちらがF-2です。
数日前のブログ記事のコメントで教えていただきましたが、この色は海上迷彩というのだそうです。
対艦攻撃を行う任務を想定して、海上を低空で飛行したときに上空から発見されにくいように
海の色に溶け込む色だそうです。
F-2 2
次はF-15イーグル。
私は戦闘機の中で、このF-15イーグルが一番のお気に入りです。
今回は地上滑走のみで飛んでいるところを見られなかったのが残念でなりません。
F-15
スクランブルを見せてくれたF-4EJ改ファントムです。
かなり長い間、航空自衛隊で活躍している戦闘機ですね。
1960年から実戦配備され、ベトナム戦争でも活躍した戦闘機。
実は私が生まれる前から空を飛んでいたんですね!
ちなみに開発したアメリカでは既に全機が退役しています。
F-4EJ改
F-4を改造し、偵察機としたRF-4Eファントム。
地上を低空で飛ぶことを想定してなのか、地上迷彩色に塗られています。
RF-4E
こちらは観閲飛行も見せてくれたP-3Cです。
機首部分がYS-11に似ていたので、思わず近づいてドアップで。。。。
P-3C 1
プロペラが大きいですね。
レーダーやらカメラやら覗き窓やら哨戒任務に必要なもろもろが装備されているのでしょう。
P-3C 2
US-1/2。
日本の新明和工業が開発し、海上自衛隊で活躍する飛行艇です。
お腹はまるで船の底ですね。
車輪が小さく、短く、飛行機のお腹と地面の距離が短く、滑走路への着陸や離陸が難しそうです。。。
US-1/2
陸上自衛隊の戦闘ヘリコプター、AH-64D”アパッチ”。
AH-64D
同じく陸上自衛隊の対戦車ヘリコプター、AH-1S”コブラ”。
AH-1S
航空自衛隊の中型輸送機、C-1。
この飛行機を見たときには、なぜかホッとしました。
いつも見慣れた旅客機と似た形状だからでしょうか。
高翼、T字尾翼でカッコいいですよね!
C-1
4発プロペラの輸送機、C-130H”ハーキュリーズ”。
この飛行機はアメリカのいろいろな映画にも登場していますよね。
エアフォース・ワンで最後に大統領を救出したのもこの飛行機だったような。。。
C-130H
背中にUFOみたいな円盤を乗せたE-767。
ご覧になって分かるようにBoeing767を改造して作られた早期警戒管制機です。
Airborne Warning and Control Systemの略からAWACSとも呼ばれてますね。
このE-767を使っているのは日本の航空自衛隊だけのようです。
E-767 1
機首の直ぐ下から見上げることが出来ました!
感動。。。
E-767 2
こちらは航空自衛隊のT-4中等練習機。
実はブルーインパルスが使っているのがこのT-4です。
デザインが違うだけで、印象が大きく変わりますよね。。。
T-4
こちらも結構有名なヘリコプター、UH-60J救難ヘリコプターです。
「空へ」という映画の主役でしたが、カッコ良いです!!
UH-60J
観閲飛行を行ったU-125Aは捜索救難機ですが、このU-125は飛行点検機です。
航空航法設備などの点検に使われる飛行機ですね。
U-125
E-767と同じように背中に円盤を乗せたE-2C早期警戒機。
ホークアイとも呼ばれています。
E-2C
最後はU-4です。
ガルフストリーム社のビジネスジェット機ガルフストリームⅣと同型機で、指揮連絡、小型軽量貨物などの空輸、訓練支援などの多用途支援機です。
U-4
航空観閲式が終了してからの約1時間という短い時間での撮影、すべての航空機を撮影できませんでしたが、お腹一杯になりました。
地上展示では本日掲載した航空機のほか、UH-1、SH-60J、T-7、T-400、CH-47Jなどが展示されていました。
以上で、10月16日に行われた航空観閲式の写真はおしまいです。
本当に素晴らしい式を見せていただきました。
こうしてブログに写真を掲載しながらまだ、その余韻に浸っています。。。
今週末はまた天気が悪いようですね。。。
最近は週末になると天気が崩れる!
まだBoeing787の飛んでいるところ、見てないのに。
明日もお昼ちょっと前に関空から羽田にBoeing787が戻ってきます。
着陸を撮ろうかな。。。と思っていたのですが雨がひどそう。
今の時期、風邪が流行っているようですし、おとなしくしていようかな。。。
Boeing787はこれから撮影するチャンスはいくらでもありますし!

6 comments

  • ☆水戸人さん、
    映像のリンク、ありがとうございます!
    予行では編隊飛行だったのですね!
    しかもシグナスまで!!
    本番では、P-3CもF-4もみんな単機で、編隊飛行では
    ありませんでした。。。
    リンクでその映像を見ることが出来て良かったです!!
    今後とも、旅客機中心ではありますが、よろしくお願いいたします。

  • お返事ありがとうございます。
    あの後いろいろ見ていましたら,予行では飛んだようですね。
    http://www.jiji.com/jc/movie?p=top370-movie02&s=390&rel=y
    水戸の街の南を低空で飛ぶジャンボもなかなか
    おもしろい絵なのですが残念です。
    次回に期待します。
    今後も良い写真を期待しております。

  • ☆水戸人さん、
    コメントありがとうございます。
    また、レスが遅くなり申し訳ありませんでした。
    今回の航空観閲式、私もシグナスのローパスを見るのを楽しみにしていたのですが、シグナスはローパスどころか姿を全く見せませんでした^^;
    ツイッターでは、茨城県沖でシグナスが待機旋回しているとのつぶやきもあり、期待していたのですが。。。。
    残念でした。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    飛行機の写真,毎日楽しみに見させていただいております。
    ところで,今回は地元茨城おいでとのこと。
    観閲式の写真楽しませていただきました。
    今回は,水戸上空でも毎回に比べ,訓練飛行も少なかったようです。
    ところで,一つ質問なのですが,今回は空自の政府専用機の
    ローパスはなかったのでしょうか。
    百里は滑走路長の関係で,もちろん降りませんが毎回ローパスが見られましたし,今回も当日茨城沖の太平洋上でシグナスが旋回していたところまではわかっているのですが?

  • ☆Renaさん、
    こんばんは!
    いろいろな意味で日本を、国民を守ってくれている自衛隊の皆様。
    その航空自衛隊で活躍する飛行機たちは本当にりりしく、カッコいいです。
    UH-60J救難ヘリ、カッコいいですよね!
    「空へ」という映画はご覧になりましたか?
    お勧めです。このUH-60Jが主役です。
    (実際はそのパイロットの女の子が主役。。。)
    短時間ですが、物凄く濃縮された充実した航空観閲式でした。
    ご覧頂き、ありがとうございました!!

  • Airman さん ただただすごいです。
    日本を守ってくれている航空自衛隊の航空機、さまざまな飛行機を見せてくださりとても勉強になりました。
    みんな実際にみてみたいですが、特にUH-60J救難ヘリコプターとF-2、とてもかっこいいです。
    短い時間での撮影、本当にお疲れ様m(._.)m
    見せて頂きありがとうございました・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)