Boeing787のディテール

Boeing787をせっかく近くで見ることが出来たのですから、その細部にまで迫ってみたい!
と思いますよね♪
迫ってみました。
展望デッキで、目の前にいる飛行機に向けて望遠レンズを向けると、ファインダーの中にはその細部がでっかく迫ってきます。
まずは到着したばかりのコックピットの様子から。
キャプテンが両手で触っているのは、787のコックピットに新たに装備されたヘッドアップ・ディスプレイです。
コーパイ側にも見えますよね。オムスビ型の透明なガラスのようなもの。
コックピット窓
Boeing787のコックピットの窓は開けることが出来ません。
ということで、設けられたのがコックピット乗員用の緊急脱出口。
Boeing747のコックピットにあるのと同じような感じですね。
コックピット脱出口
これはアンチ・コリジョン・ライト(ACL)です。
従来の飛行機のアンチ・コリジョン・ライトはパトランプのフラッシュ版のようなもので、電球で光っていましたが、A380やBoeing787はLEDのようです。
点滅時間も比較的長く、高速連写すると1枚は必ずといっていいほど光っている写真が撮れます。
ACL
胴体後部背中、垂直尾翼の付け根にかけての部分です。
衛星通信用のアンテナを含め、いろいろなアンテナがくっついています。
垂直尾翼の右側(写真では向かって左側)には恐らくAPUの吸気口が開いています。
胴体後部背中
ものすごく極端なレイクド・ウィングチップ。 右翼と左翼。まるで鳥の翼の先端のようですね。
右翼 左翼
Boeing787のメインギア。
まだ新しいので銀色のパーツがピカピカしています。
メインギア
ロールス・ロイスのTrent 1000エンジン。
エンジン・スピナーの鳥衝突防止塗装は黄色だったんですね!
エンジン
ノーズギア。
結構シンプルなつくり?!
オレンジ色の車輪止めも真新しいもののようですね。
ロープも真っ白です!
ノーズギア
ノーズギアに取り付けられた、こちらも真新しいトー・バー。
ノーズギアとトー・バー
胴体後部側面です。
主翼付け根上面にあるアイシング確認のマーキング?!
斜めに書かれていますね。今までは翼弦に沿って、胴体と並行に描かれていたのですが。。
「Dream Liner」・「e-flight」、そして「ANA」のロゴがカッコいいです!!!
胴体後部
胴体前部に大きく書かれた「787」の文字。
カッコいい~!!
ANAの787への大きな期待を感じますね♪
787ペイント
主翼付け根前方です。
エア・インテークが二つ。一つはインテーク前の三角のドアのようなものが立ち上がってふさがれています。
どんな目的のインテークなんでしょうね。
主翼付け根
さて、Boeing787が82番スポットに移動されたあとも、嘗め回すようにBoeing787″ドリームライナー”を観察させていただきました。
もう一度、胴体の最後部、垂直尾翼と水平尾翼の付け根付近です。
「JA801A」のレジ番号と国旗がくっきりと描かれていますね。
胴体最後部
胴体中央部です。
シェブロン・ノズルのエンジン。
波打つその排気口はまるでカリメロの卵の帽子のようです。
胴体中央部
胴体前部。
既にお気づきかと思いますが、従来の飛行機には見られた胴体の”継ぎ目”が見えないですよね!
複合材料の使用によって長い胴体が一体化して造ることができるようになったんでしょうね。
そしてその胴体はセントレアからドリーム・リフターによって運ばれていたのでしょう。
その胴体が飛行機になって戻ってきたんですね!
胴体前部
そして再び、胴体の最前部、コックピット部分。
この”顔”は今までの飛行機には見られない顔です。
窓もよく見る6枚構成ではなく、4枚構成です。
曲面加工が可能になり、胴体のラインと一致するように作られていて、ツルンとしています。
胴体最前部
ちょっと多めの写真でしたが、スポットにやってきたBoeing787、82番スポットに展示されたBoeing787の細部に迫ってみました。
いやぁ~、Boeing787を間近に見ることが出来て嬉しかった!!
早く乗りたいですね!
電子カーテンってどんなだろう、Boeing767よりも横幅の広い機内ってどんなだろう、、
窓も従来の飛行機よりも1.6倍ほど大きくなったそうです。
そこから見る景色はどんなだろう、、、
乗りたい!

15 comments

  • Airmanさん、おはようございます♪^^
    やっぱり、Airmanさんの目線・アングルは素敵ですね~。
    いつもカッコイイものをよりカッコ良く撮影なさっているん。(*ノノ)
    今日のこの沢山のディテールなんて、ファンならもうワクワクドキドキものですね!
    私は特に、大きく書かれた「787」の文字にキュンとなります。
    またニヤニヤしちゃう~。(* ̄▽ ̄*)ノ”

  • ☆こんぶさん、
    おはようございます\(^o^)/
    また、過分なコメント、ありがとうございます!!
    とっても励みになります(^^ゞ
    22日、スポットにやってきたBoeing787、カッコよかった~!
    これからたくさん見ることが出来るのでしょうけれども、
    やっぱり”初めて”見る787は特別ですね。
    私もワクワク・ドキドキしましたし、82番スポットに展示された787にはキュンとなりました♪

  • うん、私も乗りたい!!です(笑)
    本当にB787のボディーはツルンとした感じがいいですね~
    今までにない感じがします。
    今までにないと言えば、水平尾翼。
    この付け根って今までの飛行機は塗装せずに生地がそのまま出てますよね??
    翼が上下するところ。
    これは塗ってるようですが、これも複合素材だから出来るのでしょうか??
    これは岡山まで乗りに行く価値アリですよね!!

  • ☆ウォーケンさん、
    是非、岡山まで乗りに行ってください!
    外見も素晴らしいですが、内装も今までにない斬新さがあると聞いてます。
    試してみたいのは「電子カーテン」。
    いわゆる”シェード”という窓を閉じるふたみたいなものがなくなって、窓の色そのものが替わって光をさえぎる仕組みなんだそうです!
    エレベータやフラップ、エルロンなども塗装されているのはやはり複合材料で作られているからなんでしょうね。
    エンジンなど、複合材料を使えない部分以外は複合材料を使用している画期的な飛行機。
    まだまだ好奇心が冷めません!!

  • Airmanさん、おはようございます。
    主翼下のインティークは室内エアの取り入れ口&そのエア温度調整用の冷却用空気取り入れ口ですね。
    でもって、フラップ立てて塞いでいるのは、砂埃を含め石や異物吸い込みを防ぐためです。このフラップは足出すのと同調して出てきます。
    通常ジェット機の室内エアはご存じの通りエンジンからの圧縮後の取り込み空気を一部取り出していますが、787は完全に電動圧縮機を用いて写真に写っている取り込み口から取込んで別ルートにしています。
    大半の室内空気を循環して再利用出来るため、
    加湿器が無くても室内を高湿度にしておく事が可能になりました。
    これだけでも燃費に若干の差が出るようです。
    こういった、少しずつの積み重ねも行っての燃費向上なのですね。

  • ご無沙汰しております。
    787、乗ります!既に予約しました。
    (実は成田の遊覧飛行もあたったのですが、辞退しました)
    乗るのではわからないディテールのレポート、素晴らしいと思います。期待、本当に高まってきました!

  • ☆かなぴさん、
    おはようございます!
    そして、ありがとうございます!!
    Boeing787は複合素材で胴体が作られていることもあり、
    機内の湿度を快適な状態にできるようになり、機内環境が向上していると聞きますが、こうした工夫があったのですね!
    そして、人にやさしいだけではなく、燃費も向上して地球にもやさしい。。。
    素晴らしい飛行機です。
    勉強になります。

  • ☆たかしさん、
    ありがとうございます。
    目の前にやってきたら、隅々まで観察したくなる。。。
    そんな好奇心むき出しで撮影しました!
    翼端も後退角というより、先細翼みたいな感じで、どこからが翼端かわからないですよね。
    ホント、きれいな翼です!
    いつ乗るか。。。。
    岡山や広島に行く用事がないので、乗るために乗る。
    そんな感じでしょうね。
    問題は費用の捻出です^^;

  • ☆kazu_essaさん、
    いいなぁ~!!
    うらやましいです。
    私も11月1日の最初の定期便を予約しようとしたのですが、
    ANA SKY WEBでは既に満席状態。。。予約できませんでした。
    (予約受付開始直後だったのに。。。)
    搭乗レポートのコメントなど、いただけると嬉しいです♪
    Boeing787でのフライト、楽しんでください!!

  • いや~すばらしい写真ですね~。
    787の魅力が全て表現されているような気がします。
    ますます、好きになってしまいました。
    今787はどの路線に就航しているのですか?
    どこで調べれば良いのでしょうか?
    来年(先ですが・笑)旅行に行くので787に
    乗れる旅行先にしたいと思っています(笑)

  • ☆テバネさん、
    ありがとうございます!
    787をはじめて間近でみるチャンス、近づいてみました。
    (望遠レンズ越しですが。。。)
    はやく乗りたいですね!
    787の就航路線は発表されているのは11月1日から
    岡山、広島と羽田を結ぶ路線です。
    調べ方ですが、ANAの787専用サイトで見たり、時刻表で”787”の文字を
    探すしかありません。

  • 綺麗な写真ありがとう

  • ☆丹羽さん、
    嬉しいコメント、ありがとうございます。
    とっても励みになります。

  • ありがとうございます!
    飛行機は乗るのも見るのも好きですが、最近は模型製作にハマってます。
    市販のプラモキットをANA-B787の初号機(まさに写真のそれ)に改造中なんですが、細部の写真が手に入らず、なんとなく想像で作っていました(爆
    美しい写真のお陰で、自分の技術はまだまだですが、下手くそなりに模型のディテールアップができそうです。しかし、エンジンファン中央の渦巻きが黄色とは…白で作って組み込んでしまったので、今さら修正できません(T-T)シクシク
    それにしてもピトー管、機体の割に小さくないですか?
    これを模型で再現すると3mmくらい…先が思いやられますヾ(´▽`;)ゝ

  • ☆三茶さん、
    はじめまして。
    コメント、ありがとうございます!
    私も昔はプラモデルにはまってましたが、普通に組み立てておしまいでした。
    細部まで忠実に再現しようと、改造というか、手を加えられているなんて
    すごいですね!
    ピトー管まで再現?!本当に数mmですよね。
    少しでも参考になり、お役に立てたのであれば光栄です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。