Boeing787、広島に向けて出発

11月に入り、日没時刻は急に早くなったような気がします。
今日の日没も16時41分です。
そして、11月1日から国内定期便に就航したBoeing787の広島便は16時15分の出発。
11月5日の16時15分は曇り空ということもあり、かなり薄暗くなっていました。
カメラの設定をいろいろといじくって何とかその出発シーンを撮影。
ちなみに、離陸シーンはRWY05からの離陸ということで、撮影できませんでした^^;
プッシュバック完了直後のBoeing787、JA802Aの2号機です。
B787 1
最近お気に入りのショット。
“787”の大きな文字、「Dream Liner」の文字、シェブロンノズルのロールス・ロイスエンジン、鳥の羽のような主翼。。。
B787 2
サッカー日本代表?!のようなデザインの特別塗装機です。
この日、初号機のJA801Aは昨日の政府専用機とのツーショットに見られたように、
VIPスポットの横で何やら作業を行っていました。
そしてJA802Aの登場、私にとってJA802Aとは初対面でした。
B787 3
左に方向転換し、ランプエリアを出て行くBoeing787。
B787 4
胴体上下のアンチ・コリジョン・ライト(ACL)が光ります。
本日掲載の写真はすべてACLが光ってますよね。
今までの飛行機とは違うACL、光っている時間が長いのでしょうか、光っている瞬間の撮影がかなり容易になりました。
B787 5
タクシーウェイを滑走路へと向かいます。
B787 6
夜の飛行機撮影は苦手で、”この暗さ”までが限度です。。。
広島便ももうちょっと早く出発してくれれば良いのに。
12月9日までは岡山1往復、広島1往復の4便しか運航されません。
岡山へは7時半に羽田を出発し、11時30分に羽田に戻ってきます。
そして広島への出発は16時15分。岡山から帰ってきて広島へ出発するまでの4時間半の間、
Boeing787はずーっとスポットにいて、地上支援作業の訓練?!を行っています。
この間も、PBBの接続を何度も何度も繰り返したり、貨物室のドアを開けたり・閉じたり。
そんな風景も”新しさ”を感じさせてくれますね。
さっ!新しい1週間が始まりました。
今週はまた火曜日から木曜日は名古屋出張です。

2 comments

  • お久しぶりです。
    B787のエンジン音静かですよね。
    10月21日のセントレア飛来日はテスト最終日で午前中に学校が終わったので、行きました。
    午後6時頃に遅れて出発したのですが、RWY18なので北側に行って、離陸すると思っていたら、国内線エリアを1周してくれました。
    しかし、うまくとれませんでした。
    アンチコライトの点灯時間も長かったです。 やはり、LEDだからでしょうか?
    夜間とはいえ、止まっているところは綺麗に撮れました。

  • ☆ヤガミさん、
    B787のエンジン音は静かだし、特徴のある音で好きです。
    ”シュルル~”というか、”ヒューん”という音?!
    今度は画像だけではなく、その音も掲載できれば。。。
    Boeing787にとってセントレアは第2のふるさと。
    ふるさとで出迎えてくれた人たちへのサービスなんでしょうね。
    今回の写真ではすべてACLが光ってますが、やはりLEDになったからでしょう。点いている時間が長いので撮り易くなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。