雨のベア・ドゥ

今朝は冷たい雨がしとしと降っています。
「また、週末は雨?!」
と思いましたが、この雨は今日だけで、土曜日・日曜日は晴れるという天気予報。
今日1日の我慢ですね。
さて、雨の日の飛行機もなかなか見所があります。
10月22日の雨の土曜日に羽田空港で撮影したシーンを掲載します。
ベア・ドゥのBoeing737-500(JA8196)。
雨にぬれた地面にうっすらと機体が写る。。。
もともと水はけが良いように造られている空港。
水浸しになって鏡のようになるということはありませんが、ぼんやりと地面に写る飛行機も趣がありますよね・・・。
ADO B737 1
離陸推力までエンジンをふかして離陸滑走を開始。
飛行機の後ろにジェット噴射で吹き飛ばされた水煙が舞い上がります。
舞い上がるという甘っちょろいものじゃありませんね!
ジェット噴射の強さが見える、迫力あるシーンです。
ADO B737 2
ローテーション!で、飛行機が機首を持ち上げると、エンジンの直ぐ後ろの路面からの水煙が一段と激しく舞い上がります。
この瞬間を待ってました。
ADO B737 3
エアボーン!
飛行機と白い水煙の筋が断ち切られます。。
ADO B737 4
主翼の上にうっすらとヴェイパーがあるような、ないような。。。
ここはもっと激しくヴェイパーを見せて欲しかったです。
ADO B737 5
雨の中、上昇するベア・ドゥ。
ADO B737 6
雨の日はカメラを濡らさない様に非常に気を使うし、視程は悪いし、撮影環境は最悪ですが、
こうした雨の日じゃなきゃ見られないシーンがあるんですよね。
1年に数回、たまにならいいかもしれませんね。
これからの季節は日の出が遅くなります。
となると早朝の、「暁の空港」、「暁の飛行機」が楽しみになります。
これまた日中とは違った素敵なシーンがたくさんなんですよね。
早朝出撃が増えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)