浮島町公園

浮島町公園からの浮島町公園ならではのいろんなシーンです。
北風運用の時、RWY05から離陸する南へ向かう飛行機とRWY34Rにアプローチする飛行機。
羽田空港周辺でD滑走路にもっとも近づける場所はこの浮島町公園だけです。
(船で海から近づくのは別として。。。)
RWY05で滑走路に入って離陸許可を待つのはEVAのA330、滑走路手前で待機しているのはANAのB767、RWY34Rにアプローチするのは北海道から飛んできたエアドゥのベアドゥ・ドリーム、B737ですね。
ADO ANA EVA
北風運用の時には南からやってきた飛行機はRWY34Lに着陸します。
また北に向かう飛行機はRWY34Rから離陸します。
その飛行機を同時に撮影するとこんな感じ。
ANAのB767(アプローチ機)とB737(離陸機)
ANA B767 B737
RWY34Lへのアプローチ機はこの角度で見えるんです。
城南島でRWY22にアプローチする飛行機はかなり”下から”ですが、浮島町公園は
アプローチコースから程よく離れているので、飛行機を横から見る感じ。
JAL B777
羽田空港でもパラレル運用が始まりました。
北風運用の日にはRWY34RとRWY34Lに同時アプローチする飛行機を見ることが出来ます。
本当に同時にパラレルにアプローチするタイミングってなかなか無いですけど。。。
北からやってきたANAのB767と南からやってきたANAのB767の”ほぼ”パラレルアプローチです。
ANA パラレル
RWY05に向かう飛行機とRWY34Rにアプローチする飛行機のツーショット。
ANA B777 B767
RWY34Lにアプローチする飛行機の斜め後ろ姿。
北風運用が増える冬の季節、午後からは順光となり、特に夕方は飛行機が綺麗な色に染まります。
ANA B777
ANAのジャンボとJALのサンアークのB767。
ANA B747 JAL B767
34Rへのアプローチ機と05からの出発機のツーショットは今ひとつですね。。。
アプローチ機の高度がもう少し低ければよいのですが、ちょっと高すぎです。
伝え聞く話によると34Rは南側に延伸されるとのこと。
そうなれば34Rにアプローチする飛行機も現在より手前に接地することになり、
05を横切るときも今より低い高度になるでしょうね。
面白いツーショットを撮るチャンスが増えるかも知れません。
羽田空港はたくさんの飛行機がいて、楽しい空港なんですが、このD滑走路が唯一の不満なんです。
南風運用の時に南から来る飛行機のランディングや北風運用時に南に出発する飛行機のテイクオフを撮影する場所が無い。。。
海から船で近づくしかないんですよね。
展望デッキからは遠過ぎて撮影はほぼ不可能。
浮島町公園からも北風時に05からの離陸機の様子をこのように見るだけ。
旧D滑走路展望台あたりに撮影ポイントを作ってくれたら嬉しいのですが。。。
新D滑走路展望台とか!!
いよいよ金曜日、天気がパッとしませんが、今日1日頑張りましょう!!

3 comments

  • こんにちわ縲恪。日は一段と寒くなりましたね。手、手の感覚が…。
    34Rの話は私も知ってました。でもRWYの工事はまだ先のようですね。
    噂によると海上にもう一本RWY作るとか作らないとか?
    たぶん嘘だと思いますが…?
    パラレルアプローチもいいんですが私的には、北風運用時の朝、34L、34Rからの同時に飛ぶところが大好きです。
    何か旅客機で航空ショーをしているみたいな?でも毎日いても滅多に見れないので、見れた日には何かいい事あるかも?って楽しくなります。

  • ☆ブルーさん、
    おはようございます!
    いきなり真冬の気温で、外での作業は大変ですよね。。
    太陽に照らされているところはポカポカしていますが、
    日陰や朝晩は芯から冷えますよね。
    34Rの話、噂じゃなくて本当なんですね。
    早く伸ばしてくれないかな~。
    あと、B滑走路の西側(川崎側)も外周含めていろいろと工事をしてますよね。
    あそこがどうなるのか、今から楽しみです。
    北風運用時の34Lと34Rからの同時離陸、早朝の3回だけのレアなシーンですよね!
    どこから撮れるのか。。。中央防波堤あたりから超望遠で狙う?!
    やはり離陸機のパラレルの方が迫力というか、勢いがありますよね!!
    見たいなぁ。。。

  • ☆たかしさん、
    滑走路の本数なら国際空港と言えるかもしれませんが、
    その運用についてはまだまだ課題が多く、今以上に離着陸回数を増やすのは容易ではないようですね。
    34R/16Lも3000mあるといっても、離陸時の設定は2500mとしての扱いだとか。。。
    日本の狭い国土と首都圏の空港ということで、世界の有名な国際空港(シカゴのオヘアとか、ニューヨークのJFK、フランスのCDGなどなど)とは比べ物にならない小ささですよね。
    まぁ、滑走路の本数は多くなると、撮影場所に悩むでしょうし、都会から離れてしまうと、交通の便が問題になる。
    航空ファンにとってもなかなか難しい問題です。
    現に成田のB滑走路の本格的な運用が始まってから、Aで撮るか、Bで撮るかは毎回悩みます。
    (小さな問題ですが^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。