KLM ASIAのジャンボ

私が海外の航空会社で好きなデザインの航空会社を3つ上げるとしたら、ルフトハンザとKLMとエールフランスでしょうか。
そのKLMのジャンボを本日は掲載したいと思います。
写真は昨年の12月23日に撮影したものです。
まずはRWY34Lへのランディングから。
接地の瞬間、メインギアが滑走路に接地していきなり静止状態から200km/h近いスピードで回転し始める瞬間、
タイヤが白煙を上げます。
KLM B744 1
KLMはKLMでもKLM ASIAと書かれたジャンボです。
昔のJAA(日本アジア航空)と同じように、台湾路線用に作られたブランドですね。
KLM B744 2
「City of Calgary」と書かれています。
てっきりKLM ASIAなので、City of Taipeiとか台湾の都市の名前かと思ったら、
カルガリー・・・カナダのアルバータ州の都市。カナディアンロッキーから東に約80kmにある都市の名前が付けられてます。
KLM B744 3
Boeing747-400の正面像。
やっぱり-400にはウィングレットが付いている方が良いですね!
王者が成田にやってきた・・・そんな感じがしました。
KLM B744 4
続いては離陸までのシーン。
数時間の日本滞在後、日本からのお客さんを乗せてRWY34Lへタキシング。
KLM B744 5
離陸滑走開始。
オランダのアムステルダム行きのKL862便です。
飛行時間はおよそ11時間35分。
約半日の長いフライトに向けての離陸です。
KLM B744 6
展望デッキのほぼ正面でローテーション!
ゆっくりとノーズギアが滑走路を離れます。
KLM B744 7
ノーズギアを上げたまましばらくそのまま滑走。
しばらくしてようやくメインギアが滑走路を離れ、ジャンボが空中に浮かび上がります。
「がんばれ、ジャンボ!」と
声をかけたくなりますね。
KLM B744 8
4つのエンジンから吹き出されるジェットで背景がにじみます。
離陸後のジャンボが美しく見える瞬間です!!
KLM B744 9
約12時間分の燃料を詰め込んだ主翼を大きくしならせてKLMのジャンボは上昇していきます。
「良いフライトを!」
このあと、このジャンボは日本列島を横断し、日本海からロシアへと進路を取り、
はるか遠い欧州のオランダ・アムステルダムへ向かうんですね。
“世界”とか”地球”を感じるひと時でした。
KLM B744 10
さて、本日はいよいよANAのBoeing787の3号機が国際線デビューします。
トリトンブルーの塗装ですが、機首部分に大きく”787”と書かれたプチ特殊塗装?!
今日はそのデビューフライトを撮影に行ってきます。
7時過ぎに自宅を出発、8時前には国際線ターミナルに到着してまずは108番スポットで出発準備中の787の三号機を撮影、その後9時頃には第2ターミナルの展望デッキに移動して、RWY34Rを離陸するのを待つ。。。。という予定です。

4 comments

  • かっぱ123

    失礼しました。
    BMI は BMI British Midlandのことでございます。
    大きく書かれたbmiのロゴが青いパール塗装なんですがたまたま天気が良かったこともあってとっても印象的でした。

  • ありがとう!KLM特集!!
    私の1番好きなカラーリング・デザイン・B747!!!
    いつ見ても心がスカッとするブルーです。
    でも今回のは機体の汚れ?老朽化??が目立ちますね。
    せっかくの美しいブルーが… 勿体ないような気がします。
    長距離だから仕方ないと言ってもルフトハンザやエールフランスはキレイですよね。
    オランダまでのフライト… 機内の雰囲気を思い浮かべてしまいます。
    行きたいなぁーっ、オランダ→ベルギーへ。

  • ☆かっぱ123さん、
    こんにちは!
    3号機のJA805A、その離陸する雄姿をバッチリと撮影することができました!!
    「787」のフォントは確かに「アレっ?!」という感じもしないではないですが、
    それ以上にANAの意気込みというか期待感が感じられて、まぁ好感が持てるかなという風に思ってます。
    いずれ消されるのでしょうね。
    それにしてもLAN(ラン航空)とはまた珍しい航空会社ですね!
    日本には来ていないですよね。
    BMI(BMIベイビー航空)は知りませんでした。。。
    LANもBMIも今風のデザインですね。
    エティハッドのパールホワイト部分の質感、確かに良いですね!
    高級感あふれる上質なデザインです。
    いろんな航空会社のいろいろなデザインを収集してみるのも面白いかもしれませんね。
    日本に就航していなくても世界には「オオっ!」というデザインの飛行機がたくさんありそうです。

  • かっぱ123

    こんにちは。
    3号機はいかがでしたか?
    当初予定されていた12月北京便には現地での会議の日程をずらしてもらってでも乗りたい、と思っていたのですが、今月は既に春節を目の前にしてほとんど皆さんお休み気分で仕事にならないので今月は出張なしの月なので残念です。それにしても「787」のフォントがちょっと・・・。777-300のときは全体的にかっこよかったのに今回はいまひとつではないでしょうか。暫くの我慢でしょうが。
    KLMのデザイン、素敵です。ネイビーブルーの幅が広い一つ前の塗装もよかったですよね。Airmanさんは直線系がお好きなようですが、私が3つ挙げるとしたら、LAN、タイ航空、BMI、の曲線系です。もし現役、もしくは最新でないものを入れてよければ、Canadian Airline(最後になってしまったバージョン)、ユナイテッド(グレー。最近急速に数が減ってますよね)、ニュージーランド(2本線入り)ですね。
    番外でエティハッドのパールホワイト部分の質感、最高です。Airmanさんは絶対車お持ちですよね。90年代まで車の色を選ぶときにパール入りは価格が割り増しだったのを覚えてらっしゃいますか? 塗料としての原価はパール入りとそれ以外とは段違いなんですが、紫外線による褪色対策を考えたとしても、塗りに一番お金をかけている航空会社はこの会社ではないでしょうか。
    成田で搭乗を待っている間、目の前がエティハッド、ということが多いのですが光線の具合で変化する表情に、かの国の繁栄を重ね合わせ羨望を込めて眺めています。がんばろうニッポン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)