Boeing777でBoeing787の練習?!

1月14日の朝。
9時25分発のBoeing787を撮影し、掲載しましたが、空港へはその1時間前に到着。
RWY34Rからの離陸機で離陸シーン撮影の練習を行いました。
Boeing787のRWY34R離陸はめったに見られません。
「失敗はできない!」
そんな緊張感もあり、Boeing787よりも胴体長の長いBoeing777でまずは練習。
レンズはTAMRONの200-500mm。
最小焦点距離の200mmだと、真横でフレームいっぱいになるかならないか。
そのあたりの感覚を確かめます。
まずは離陸開始位置。
光線はやや逆光気味。
それでも真っ黒にならないことを確認。
でも、展望デッキのワイヤーフェンスに太陽光が当たって光ってしまい、
フィルターのようになってしまうことが分かりました。
B777 1
真横になるちょっと手前。
Boeing777にしてはかなり短い離陸滑走距離でローテーションでした。
B777 2
Boeing777-200でも真横はフレームからはみ出してしまいました。
ということで、ちょっと真正面をとおりすぎたところで撮影。
エアボーン後の上昇もけっこう鋭いピッチでした。
「これはBoeing787だと、どうなるか・・・」
国際線でも北京行きということで、近距離。しかも機体重量は軽い。
このBoeing777と同じ感じになることは想像できました。
B777 3
ズームリングを一気にまわし、焦点距離を500mmまで伸ばして機首部分にピントを合わせます。
この間も飛行機の姿を捉えながら。。。
Boeing777の主翼の反り上がりも美しいですが、Boeing787ならもっと美しいはず。。。
B777 4
そしてその後直ぐに機体全体、主翼の端から端までがフレームに入るようにズームを調整。
Boeing777も主翼を反り上がらせながら上昇する姿が美しい飛行機。
主翼の上面や胴体の上に光はちゃんとあたり、順光で綺麗に撮影でいることが確認できました。
B777 5
こうしてBoeing777でBoeing787のRWY34Rからの離陸をシミュレーションし、確認しました。
第2ターミナルの展望デッキの前にはエプロンが広がり、滑走路との間には夜間照明灯もたくさんあります。
滑走路が広く見えるポイントやどの照明灯の間でローテーションか、エアボーンか。。。
それらを確認して、Boeing787の離陸に備えました。
羽田空港はトラフィックが多いので、こうして本命の飛行機の撮影の前に、他の飛行機で練習できるから良いですよね!
練習台になっていただいた飛行機に感謝です。
決して軽んじているわけではありません!!

10 comments

  • ☆skyponさん、
    グッド・イブニングです。
    撮り放題の環境に感謝してます。
    とはいえ、羽田組からすると伊丹組の千里川やスカイパークといった環境が非常にうらやましくもあります。
    羽田・成田・セントレア・伊丹・関空など楽しい空港ですが、
    それぞれに一長一短があり、それもまた飛行機撮影の醍醐味というか、楽しみでもあるんですよね。

  • ☆ボンさん、
    こちらこそ、よろしくお願いします!
    練習とはいえ、気に入ったシーンが撮影できたら、
    立派に記録(記憶)になりますよね。
    羽田なら何度もチャンスがあるから「練習」と言える。。
    そういう意味で「練習」と書かせていただきました。
    恵まれてますよね。

  • ☆雅&彪’sパパさん、
    すみません!贅沢な発言でした。。。
    この恵まれた環境に大いに感謝しなくてはいけませんね。
    B8の最初の2機に見飽きたぁ?!
    私はそこまで言えません(笑)

  • ☆広島空港さん、
    すみません。。。
    贅沢なことを書いてしまいました。
    羽田までは車で約30分。
    超恵まれた環境に感謝しなくてはいけませんよね。

  • ☆たかしさん、
    おかえりなさい!!
    香港滞在及び香港往復のフライトを堪能されましたでしょうか。
    羽田からの香港へのフライト。
    時代が変わったことも実感されたのではないでしょうか。
    香港も啓徳空港からチェックラップコック空港に変わり、
    近代化されているんですよね。
    行ってみたいですね。。。
    ANAの787は続々と日本にフェリーされてきています。
    いよいよ!という感じですね。
    その787への搭乗ですが、まだ予定すら立ってません。。。
    早く乗りたい!!

  • Airmanさん、グッドアフタヌーン!(アフタヌーンって言う時間じゃないか…)
    それはともかく、ホンマにAirmanさんをはじめとする羽田or成田圏内の人は羨ましいですよ!
    バンバン飛行機が来るんで撮り放題じゃないですか!
    でも…
    やっぱり特別なモノほど練習は必要ですよね。
    僕も見習います…
    やっぱり関空や伊丹は羽田ほど数がないので、1つ1つの中身を濃くしていかないと…
    難しいですよね。。。
    まぁ、自分なりに頑張ってみます!
    それでは、また!

  • Airmanさん
    こんにちは。
    リンク、ありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    私も同じ777やそのあとの777-300で練習してから<本番>にのぞみました。
    やはり練習は必要ですよね。
    ではまた。

  • 先程の投稿・・・×『B6のWL付きトリプルが連続で』→○『B6のWL付きやトリプルが連続で』・・・『や』が抜けてました。。。スミマセン

  • Airmanさんコンニチハ。
    広島空港さんが上で言っているように贅沢です!!!(笑)
    僕の友人のOIT BASEの人はB6で大興奮してます。。。
    彼はB6のWL付きトリプルが連続で離着陸したら腰を抜かすと思います。
    と言いつつ僕もHNDやNRTのトラフィックの多さに恩恵を受けてB6やB7が流し撮りの練習機材になってます。。。
    B8の最初の2機なんか見飽き・・・いや、見慣れました♪

  • 広島空港

    練習できるほど便数があって羨ましいです!
    あぁairmanさんが羽田空港にいける圏内で羨ましい…。
    私が住んでいるところからは、自家用車、バス、電車、船経由にしても
    広島空港へ行くには、財布と時間の相談でほとんど破談状態です(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)