パラレルアプローチ

「海から羽田」シリーズが続いておりますが、RWY05の離陸シーンもちょっと見飽きたでしょうか。。。
今日はちょっとお口直し、というか、お目目直し?!
「海から羽田」は変わらないのですが、今日はRWY34LとRWY34Rのパラレルアプローチの写真とその他です。
まずはRWY34LにアプローチするEVAのA330とRWY34RにアプローチするANAのB747です。
本格的なパラレル運用が行われている羽田空港ですが、展望デッキや周辺の撮影スポットでその様子をちゃんと撮影したことはありません。
(撮影できるのか?という問題もありますが)
船で羽田空港沖に行き、RWY05エンド付近から西を見ると、RWY34L/Rにアプローチする飛行機を
バッチリととらえることができるんですね。
ANA B744とEVA A330
同じポジションからANAのB737とJALのB777です。
飛行機に乗っているお客さんからは相手機がどのように見えるんでしょうね!
私はまだ経験がありませんが、迫力があるんでしょうね !!
実際に乗って体験してみたいです!
ANA B737とJAL B777
次はパラレルアプローチではありませんが、これも「海から」ならではなので。。。
RWY34Lのアプローチライトの列の先端で撮影したものです。
RWY34Lにアプローチする飛行機の列です。
3機の飛行機がアプローチしているのがかろうじて見えます。
もっと空気が澄んでいて、逆光じゃなければよかったのですが。
RWY34Lアプローチライン
最後はおまけ。
月刊エアラインの今月号(3月号)でも記事になっていましたが、退役が進んでいるJALのMD90です。
羽田空港にいるとこのMD90の退役が進んでいるというのがなかなか実感できません。
この日も次から次へとMD90がやってきました。
撮影していた仲間とは「本当に退役するの? 景気が悪くなり旅客数が減ったので、サイズ的にちょうど良くなって、活躍しているのかもね」なんて話をしていたくらいです。
RWY05から離陸しようとしているMD90とRWY34RにアプローチするMD90のツーショットです。
MD90
今朝の名古屋は雪景色です。
ホテルの部屋からの眺めもいつもとは違います。
あちこちでこの大雪の被害もでているようですね。
異常気象?! 
いったい地球はどうなってしまうんでしょう。
温暖化の影響で地球を取り巻く大気の流れが変わってきていて、猛暑になったり大雪になったりと
今までと違う気象現象が現れているのでしょうか。。。。
皆様、お気をつけてお出かけください。
また、大雪の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

8 comments

  • ☆skyponさん、
    羽田も機材の小型化が進んでいるように思います。
    Boeing737が大活躍していますね。
    本当に”運”任せ、ジャンボのパラレルを見たい!と思っても、なかなか実現しません。
    MDもそろそろ退役。。。
    その割には多くのMDをこの日も見ることができました。
    「えんぴつ飛行機」
    確かに、鉛筆のようにシャープな姿の飛行機ですね!
    命名したお父さんのセンス、素敵です。
    名古屋の雪は私も久しぶりに体験した大雪でした。
    あっという間に歩道にも車道にも雪が積もりました。
    そして低い気温。
    真冬を実感した1日でした。
    そして、今日も寒いです。
    若狭湾から関ヶ原を通って寒気や雪雲が愛知県まで流れ込んできたようですね。
    山に囲まれた関東地方は晴れていたようですが、日本海側の豪雪は被害をもたらしているようです。
    今日は滑らないように気を付けて、無事に自宅に帰りたいものです。

  • ☆じゅびりーさん、
    名古屋は名古屋に住んでいる方にとっても珍しいくらいの大雪だったらしいです。
    昨日の昼には雪はやんだのですが、気温はあまり上がらず、夜になってカチカチに凍っていました。
    パラレルアプローチを”乗っている側”で体験されていたんですね!
    うらやましいです。
    RWY22/23のクロス?!
    下から見てみたいですね。
    どのあたりなんでしょうか。。。。
    機内から見て迫力を感じるのであれば、下から望遠レンズを通してみたらくっついているように見えるかもしれませんね。
    今度、場所を探してみます。

  • ☆かっぱ123さん、
    「海から」はRWY05の離陸シーン以外にもたくさんの”普段は見られないシーン”を見ることができました。
    それらは今後掲載していきたいと思います。
    北京では3本の滑走路で並行離着陸が行われているのですか?!
    是非とも見てみたいものです。
    今日の写真の2機も実際はある程度離れているのですが、
    写真で見ると近いようにみえますよね。
    確かに地球は私たちの時間軸では想像できない長い周期で大きく変化を繰り返してきたのですよね。
    今の変化もその途中なのかもしれないし、人間の生活がその変化に影響を与えているのかどうかも”可能性”でしかないような気もします。
    子供たちの世代になっても気持ちよく住める地球であって欲しいですね。
    今朝の名古屋は氷点下5度、寒さが堪えます。。。

  • ☆JA801Aさん、
    ありがとうございます!
    うれしいです。
    また夏ごろに「海から羽田を見てみよう」が開催されると思います。
    夏は夏で灼熱の太陽を頭上から浴びて大変なのですが、
    普段なかなか見ることができないシーンを堪能できるまたとない機会です。
    参加してみてはいかがでしょうか。

  • Airmanさん、こんにちは!
    2枚目のJALとANAの写真、ANAの方がもうちょっと大きければ良かったですね~
    多分僕なら、「なんでANA、B3やねん!」と悔やんでたと思います。
    こればかりは運次第でしょうか…
    最後のMD、昔は結構見れました。
    「えんぴつ飛行機や!」といって、よく眺めていたものです。
    (ちなみに、「えんぴつ飛行機」と命名したのは父です)
    名古屋は雪!?
    確かに大阪も、かなり冷え込みました。
    ラジオのDJさんが、
    「○○新聞に、10年に1度の寒波と載っていました。」
    とおっしゃっていました。
    雪は積もる気配、ありませんが…
    雪化粧した空港を背景にした写真も、撮ってみたいですね~
    それでは、お体に気をつけて!

  • じゅびりー

    おはようございます。名古屋は雪で大変みたいですね。
    HND到着時に何度かパラレルアプローチがありましたが、機内からは意外と離れているんだな、という印象でした。
    それよりもRWY22/23運用時の千葉上空でアプローチがクロスする時の方が機内からは強烈でした。
    まさに自分の眼下を777がクロスしていきました。飛んでいる機内から、他の機材をあんなに大きく見たのは初めてです。
    あそこでクロスしているということを知らなければ、ニアミス?と思ってしまう人も多いんじゃないですかね(^_^;)?

  • かっぱ123

    今日の「海から」も素敵ですね!堪能させていただきました。
    並んで離着陸、飛行機から見ても楽しいですよ!羽田では一度だけ並んで離陸した記憶がありますがこんなこと(頻繁)になっている、とは知りませんでした、びっくりです。北京は3本並んでいるのでかなりの確率で並行離発着になります。でも実際にはそれなりに離れているので目視より今日の写真の様に見せていただく方が断然迫力があります。
    名古屋も雪で大変だと思いますが、長い地球の歴史はもとより、人類が生き延びてきた、僅か数百万年の間の変動と比べても、私達一人ひとりが感じている変化はそれ程大きなものではない、という気もします。
    でもこの齢になると寒さがほんとにこたえますよね

  • いい写真です。
    壁紙用で欲しいくらいです。
    こんな写真自分でも撮ってみたいですね。
    羽田に行く機会があまりないので暖かくなったら行ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)