Boeing767のRWY34Lアプローチ

羽田空港のRWY34Lへのアプローチラインからちょっと右側にずれたところからANAのBoeing767を撮影しました。
城南島海浜公園の浜の先っぽと同じくらいの見え方ですが、こちらのほうが滑走路により近い位置になります。
海がレフ板のように光を反射し、機体の下面を照らしてくれます。
逆光でも飛行機がなかなか綺麗に見えます。
ANA B767 1
結構気に入っているシーン。
頭上を通過直後のエンジンと機首とメインギアをアップで捉えてみました。
ANA B767 2
メインギアと前縁フラップの内側、後縁フラップの様子がとてもよく分かります。
ANA B767 3
次の写真は城南島でも撮影できそうですね(^_^;)
ANA B767 4
スレッシュホールドに差し掛かったANAのBoeing767とアプローチライトの列。
この近さはやはり「海から」ならでは!
東京の街を背景になかなか絵になります。
ANA B767 5
私たちの乗った船と滑走路の間に恐らく同業者の乗ったクルーザーがいらっしゃました。
数人の仲間でクルーザーを貸しきったのでしょうか。
やはり私たちと同じタイミングで空に長いレンズを向けていました。
向こうにもこちらが同業者と気が付いた方がいらっしゃったのでしょう。こちらにレンズを向けている方がいます。
ANA B767 6
いろいろ調べてみると一般向けの海から羽田空港を眺めるクルーズが結構売り出されていますね。
ただし、マニア向けというよりも一般向けの色が濃いので時間が短く、コースの一部というのが多いようです。
とはいえ、航空ファンではなくても羽田空港の沖からアプローチする飛行機やD滑走路を離着陸する飛行機の姿には感動するでしょうね!
さて、今日は朝から強い風が吹いています。
「春一番?」
昨日の朝の暖かさといい、今朝の強風といい、春を感じさせる気候の変化が見られるようになりました。

2 comments

  • 最初の3枚の写真は・・・・・
    大迫力で良いですね~。
    これは・・・・・壁紙だわ(汗)

  • ☆テバネさん、
    光栄です。
    ありがとうございます!!
    勇気百倍、がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。