Boeing787をじっくりと見てみる

昨日の記事は”エンジン”のみでしたが、本日はBoeingカラーのBoeing787をじっくりと眺めてみます。
ANAデザインやJALデザインのBoeing787はこれからもじっくりと見る機会はあるのでしょうけれども、このBoeingカラーのBoeing787はきっとこれが最初で最後なんだろうなと思いながらとにかく撮りました。非常に多くの枚数の中から何とか選びましたが、それでも14枚になってしまいました。同じような写真も数枚含まれますが、ご容赦願います。
まずは全体像を撮ろうとしましたが。。。
2重金網のフェンスは強敵です。ちょっと影が入ってしまいました。
胴体を流れる水色の曲線がアクセントになり、綺麗ですね。
胴体はお腹を含めて真っ白です。
ZA005 1
もう少し近づいてみます。
胴体の高さは人の背丈ほどだというのが分かります。
Boeingの技術者とともに、JALの整備士さんでしょうか、一緒に機体を見てまわっていました。これもトレーニングの一環なんでしょうね。
B787 胴体部分アップ
R1ドア部分のアップ。
「EXPERIMENTAL」と赤字で書かれています。
いわゆる「試験機」とでも訳せばよいのでしょう。
日本でBoeingの試験機を見られるなんて、繰り返しになりますが、本当にラッキーです!
B787 R1ドア
コックピットの窓部分をアップで見てみます。
グレアシールドの上に何か取り付けられています。
これも試験機だからなのでしょうか。。。
B787 コックピット窓
メインギア(右側)のアップ。
うっとりします。。。
B787 メインギア
主翼付け根部分のアップ。
吸気口が見えます。
サメのエラに見えるのは私だけでしょうか。。。
B787 ベント
「BOEING」のロゴ!
カッコイイです!!!
B787 Boeingロゴ
ノーズ部分のアップ。
B787 機首部分アップ
ノーズギア。
真新しいJALのBoeing787用のトー・バーが光ってます。
B787 ノーズギア
JALハンガーに向けてのトーイングを開始。
胴体下のアンチ・コリジョン・ライトが光った瞬間。
B787 アンコリ
R1ドアからR2ドアまでをアップで見てみます。
窓列の1番前には試験用のセンサー(恐らくピトー管)が取り付けられています。
BoeingのロゴとExperimentalの文字。
良い記念になりました!
B787 BoeingロゴとEXPERIMENTAL
ということで、そのBoeingのロゴとExperimentalの文字の部分をアップで収めておきました。
機内部分も窓からちょこっと見えますが、いろいろな試験機材が棚に積まれているように見えますね。
B787 R1ドアとR2ドアの間
トーイングを開始したBoeing787。
B787 トーイング開始
最後は垂直尾翼のアップです。
大きな「787」の文字。
B787 垂直尾翼
いかがでしたでしょうか。
明日は隣で整備していたANAのJA805Aをじっくりと見てみます。

8 comments

  • ☆パパさん、
    いつもご覧頂きありがとうございます!!
    自分で行かなくてもいいだなんて言わないで、
    私には撮ることができないすごい写真を撮り続けてください!
    TwitterやFBに掲載されるパパさんの写真にはいつも刺激を受け、「いつの日か自分も。。。」と目標にしています。

  • ☆ボンさん、
    ありがとうございます!
    2重フェンス越しでしたので、フェンスの影が入ったりしてますが、何とかお見せできる写真が撮れました。
    撮影場所はおっしゃるとおり、インタミから右に出て突き当たりの信号を渡って右に曲がった道路の左側歩道です。
    ターミナル側は立ち入り禁止になったようですね。
    反対側にはまだ「立ち入り禁止」の看板はありませんでした。
    この場所には時々海外のエアラインの飛行機が止まっていたりして飛行機撮影の穴場だったりします。
    時々チェックしてみる必要がありますね!

  • ☆skyponさん、
    787はやはりワイドボディ機、正面から見るとその丸い胴体はやはり767や777の後を継いでますね。
    本当に飛行機は見れば見るほどいろいろな発見があり、楽しいです。
    外見だけではなく、内部まで見ることが出来たら。。。
    一年分の記事が書けそうですね\(^o^)/
    1番前の窓に付けられたピトー管?!
    どんな計測をしているのでしょう。
    こればっかりは専門家に聞いてみなければ分かりません^^;
    Boeingのロゴの入った飛行機、日本ではなかなかお目にかかれないので、今回しっかりと見ることが出来て本当に良かったです!!

  • ☆B44テクノジャンボさん、
    二重のフェンスをはさんで数十m先に787が駐機してました。
    感動しましたね!
    こんなに近くで見たのは初めて!!
    その感動が少しでも伝わったのなら幸いです。
    ZA002、退役になりましたね。
    試験機ですので、いろいろな負荷をかけられ、試練に耐えたのでしょうね。
    ご苦労様と遠い日本からその労をねぎらいたいです。
    JALも今月中には787を受領予定との事。
    鶴丸を描いた787に会うのが今から楽しみです。

  • コメントは少ないですが毎日必ず覗いてます♪
    しかし今回もまた迫力のある写真をありがとうございます。
    コレを見たら『もう自分で行かなくてもいいかな?』なんて考えてしまいますノシ
    次回(明日)も楽しみにしてます!

  • Airmanさん
    こんばんは。
    めちゃくちゃきれいに撮れてますね!うらやましいです。
    インタミから右に出て突き当たりの信号の右側あたりですよね?
    前に歩いて行ったらターミナル側は立ち入り禁止、渡った側はそうフェンスが厚くそれにそのときは1機しかいなかったのであきらめてターミナルに戻りました。昨日のエンジンの写真でも思いましたが、こんなにきれいに撮れるんですね。
    あとANAのJA805Aも北京への初フライトを見て以来私が羽田に行くとフランクフルトに向けて飛立った後なんですよ!フラれまくってます(笑)
    明日の写真も楽しみにしています。
    ではまた。

  • Airmanさん、こんにちは。
    787って、シャープと思ってました。
    けど、正面からの写真を見たら、意外と幅がありますね!
    飛行機は、じっくり見ると色々な発見がありますよね!
    窓のピトー管らしきものは、何のためにあるのでしょうか?
    同時に疑問も増えますが…
    にしても、ボーイングのロゴ、カッコイイですよね!
    ステッカーとか、いろいろ持ってます!
    ではでは(^0^)/

  • B44テクノジャンボ

    Airmanさん、おはようございます。
    ZA005、至近距離で撮られたのですね。貴重なショット、有難うございます。
    この塗装は、747-8Fにも使用されましたね。
    一方で、残念な話もZA002(昨年7月に日本で検証飛行した機体)は退役となったそうですね。
    まぁ、試験機は量産態勢に入ればお役御免という悲しい宿命ですね。
    この4月からはJALも就航させるとのこと。アジア初のボストン直行便も開設されますね。
    旅行会社では、日本人選手も在籍していることもあり「レッドソックス観戦ツアー」なんてのも企画されているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)