夕暮れ時の羽田空港

“夕暮れ時”と聞くと、NSPの「夕暮れ時は寂しそう」という歌を思い出します。
♪夕暮れ時は 寂しそう とっても一人じゃいられない♪
でも、この日のこのときは大勢のツイッター仲間と一緒でした。
OITから遠征に来ていた”若旦那”さんを囲んでの飛行機撮影会だったのです。
今日、掲載する写真を撮影した後は、みんなでそのまま第1ターミナルの「ライオン」で楽しい宴会でした!
なので、決して寂しくありませんでした\(^o^)/
さて、その夕暮れ時の羽田空港、RWY34Lにアプローチ・ランディングする飛行機の写真ですが、光量の少ない時の撮影が苦手な私ですので、結構ピンボケの写真になってしまいました。
が、背景の建物の光や飛行機のアプローチライト・ランディングライトが綺麗なので掲載してみました。
ご覧下さい。
まずはJALのサンアークのBoeing777。
このときはまだ少しは明るかった。。。
JAL B777 1
接地間際のこの瞬間が良い!という方もいらっしゃいます。
空を飛んできたマシンが地上に戻る直前の緊張感あふれる瞬間。
飛行機は下を見るのではなく、真っ直ぐに伸びている滑走路を見ています。
JAL B777 2
ふと、空を見上げると飛行機雲が。
きっと日本上空を通過してアジア方面に向かう海外の航空会社の飛行機なのでしょう。
写真の下のほうにも1機いますが、そちらは飛行機雲を残していません。
上の飛行機からはまだ太陽は見えているのでしょうけれども、下の飛行機は既に日没を迎えているのでしょうね。地球は丸いんですね。
Contrail
JALのBoeing737。
光量がかなり怪しくなってきました。
主翼付け根のライトが宝石のように光を放っていて綺麗です。
JAL B737 1
接地して、メインギアから白煙が上がる瞬間。
JAL B737 2
新鶴丸塗装のBoeing767とサンアーク塗装のまま退役を迎えるであろうMD90。
MD90は胴体の横にもあちこちにライトがあって、おしゃれで綺麗ですね。
JAL B767とMD90
JALの飛行機ばかりなので、ANAの飛行機も。
ANAのAirbus A320。
ANA A320
再び、JALのBoeing767。
背景の建物手前のオレンジ色の街灯をジェットブラストがにじませているのがイイ。
JAL B767 1
そのB767のランディングの瞬間。
このくらいまで暗くなると、飛行機のライトが本当に綺麗に輝きますね。
JAL B767 2
最後はSNA塗装のままのソラシドのBoeing737。
この塗装もいつまで見ることが出来るのか・・・・
ジェットブラストが背景のオレンジ色の光を引きずってます。
SNA B737 1
完全なピンボケですが、アンチ・コリジョン・ライトが光った瞬間の写真だったので、
無理やり掲載してしまいました(^_^;)
SNA B737 2
これ以上は暗すぎてNG。
写真を撮ることは撮ったのですが、お見せできるモノは無し。。。
本当に光量の少ない時間の撮影が苦手です。
シャッタースピードを1/10とか1/6に設定してちゃんと飛行機にピントを合わせて流し撮りできる方の技術には感服します。
夜の飛行機は周辺の明かりや飛行機の放つ灯りが綺麗で昼間とは違った楽しみ方ができるのですが、それを写真に残せない自分がふがいないです。
今朝も天気はスッキリしませんし、寒いです!
雨でも雪でも曇りでも「今日こそは羽田空港へ行く!」と思っていたのですが、
既に心は折れ気味・・・。
それに今日は花粉症の薬を貰いにみなとみらいの耳鼻科に行かなきゃいけないんだった・・・
明日の天気に期待ですね。
今日はブログのお引越し作業を進めたいと思います。
それでは皆様、素敵な週末を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。