KLMのジャンボ、テイクオフ

4月1日の成田空港。
9時半ごろに到着したのはさくらの山でした。
ですが、成田空港は既に南風運用。
16Rにアプローチする飛行機も時々いましたが、午前中は圧倒的に出発機が多く、”飛んでる”飛行機を撮影するにはちょっと厳しい状態でした。
そこで、さくらの山からさくらの丘に移動し、16Rからの離陸機を狙うことにしました。
しかし、さくらの丘からは16Rの滑走路はほとんど見えません。
レシーバーでタワーと飛行機の交信を聞きながら、さくらの丘と滑走路の間にある林の向こう側から飛行機が飛び出してくるのを待ち構えます。
そうしてやってきたのはKLMのBoeing747です。
離陸滑走の様子は全く見えず、エアボーンしてしばらくするとこんな感じで見えます。
KLM B747 1
そして林を飛び出したところ。
斜め前から見た飛行機の上昇するカッコ良い姿を捉えることができます。
KLM B747 2
ギアを格納する様子がバッチリと見えます。
欧州線のような長距離便の大型機は離陸滑走距離が長いので、このように横から見ることができますが、アジア方面に向かう飛行機や、国内線などはかなり手前で上昇してしまうので、お腹しか見えません。
KLM B747 3
こちらのKLMのジャンボ、KLM ASIAの飛行機でした。
真っ青な空にも、このKLMブルーは良く映えますねぇ。
KLM B747 4
そしてお気に入りのカット。
離陸上昇するジャンボを斜め後ろから機首部分と主翼・エンジンを入れたショット。
カッコいい!!
KLM B747 5
上昇するジャンボ。
ちょっと、シャッターを押すタイミングが早かった?!
機首部分が主翼とエンジンで隠れてしまってます。
が、その主翼とエンジンがまたカッコ良いのがジャンボです。
KLM B747 6
ということで、あらためて「上昇するジャンボ」。
「いってらっしゃい、お気をつけて!」と声をかけたくなるような後ろ姿です。
KLM B747 7
この日の成田空港はさくらの山に到着したときには雲が空を覆っていて、肌寒かったのですが、さくらの丘で移動したあたりからは一気に雲が消え、ポカポカの陽気になりました。
さくらの丘ではベンチもゲットし、そこに座りながらゆったりとした感じで11時頃からの欧州便出発ラッシュを撮影できました。
ところで、
昨日の爆弾低気圧はまるで大型台風の列島縦断のような感じで日本列島各地に大きな影響を与えましたね。
私は名古屋で仕事をしていましたが、お昼過ぎから夕方にかけて、窓の外はものすごい暴風雨が吹き荒れてました。
幸いなことに建物から出ることなく、仕事を進められたのですが、皆様はご無事でしたでしょうか。
関東圏は電車が止まったり、停電したりといろいろな影響があったかと思います。
私の会社もお昼頃には早期退社勧告が発信され、15時に帰宅するように促されていました。
(名古屋にいた我々には関係ありませんでしたが。。。)
名古屋では夕方にはほぼ雨は上がり、仕事を終えた19時頃には風もかなり収まっていて普通にホテルに戻ることができました。
春の嵐でしたね。
咲き始めたさくらが無事だったのなら良いですが。

8 comments

  • Airmanさん、おはようございます。
    2枚目の林から出てきた瞬間の写真、まるで「パンパカパ~ン♪」とメロディーが聞こえてきそうですね!
    KLMのジャンボ、本当に真っ青ですよね!
    青い部分に光が反射するのがまたいいですね~。
    そして何よりも力強いです!
    今日もまだ「残り風」が吹き荒れてます。
    気温自体は15℃前後なのですが、風があるので、体感温度はもっと低い…
    もう4月なのに、ダウンジャケット着込まないといけない…
    ではではm(_ _)m

  • このKLM747は興味をひかれます。
    中国語で会社名を明記してますし、KLM-asiaという会社なんですね。
    社名の下の窓を潰しているのも気になります。

  • こんにちは。
    ちなみに、KLMのジャンボは、普通の「KLM」も「KLMasia」も関空でも見ることができます。お忙しいでしょうが、Airmanさんもたまには関空もどうですか?
    昨日は、昼から学校で部活があったのですが、暴風の影響で南海電車はめちゃくちゃ遅れ、JR阪和線は運転見合わせになっていて、なかなか帰れませんでした。「どこかでごみ袋が引っ掛かっているらしい」というのを聞きました。
    「もう、プチ帰宅難民やん…」と、先輩と言い合ってました(笑)
    早く暖かくなってほしいですね。

  • おおっ!
    私が1番好きなデザインのKLM、しかもジャンボ!!
    これを見るとオランダに思いを馳せてしまいます~
    しかしいつも思うのですが、KLMが日本に飛ばしているB747は年季が入っていますよね~
    せっかくの爽やかなカラーリングもいつも薄汚れています。
    ルフトハンザやエールフランスは真っ白でピカピカですよね。
    頑張ってイメージアップを図って欲しいです!!

  • ☆skyponさん、
    「パンパカパーン♪」というメロディが聞こえる暇もないほど、
    あっという間のことなんです。
    いきなり飛び出してきて、あっという間に通り過ぎちゃいます。
    ワクワクドキドキという感じ?!
    KLMのジャンボはジャンボ+KLMのデザインで2倍美味しいです。
    このジャンボを見られただけでも結構満足してしまうくらい!
    まだ寒さが残っていますが、春は確実に近づいてきてます。
    成田に通いたくなる季節になってきました!

  • ☆広島空港さん、
    以前、日本航空も台湾便を就航させるために日本アジア航空を設立し、
    デザインもチョコっと変えていましたよね。
    あれと同じでKLMもKLM-ASIAを設立して台湾路線を開設したというのが経緯らしいです。
    今ではそのような措置はいらないのですが、その頃の名残ですね。
    確かに1階席のR1ドアからR2ドアの間の窓はほとんどがキャップでつぶされてますね。
    何があるのでしょうか。。。

  • ☆fukuponさん、
    はい、今年こそKIX遠征を狙ってます。
    一度だけ遠征したことがあるのですが、その日はあいにくの天気・風で
    リベンジしたいと常々思っているので。。。

  • ☆ウォーケンさん、
    このKLMのジャンボが林から飛び出してきたときに真っ先に頭に浮かんだのが、
    「ウォーケンさんのKLMだ!」でした。
    他の航空会社がジャンボを退役させ、A380やB777に切り替えているのに対し、ジャンボを飛ばしてくれているKLMには感謝です。
    年季が入っているのはしょうがないのかも知れませんね。
    ジャンボが世の中に出てからすでに40年、-400になってからも既に20年以上が過ぎてます。
    頑張れジャンボ!と応援したくなるKLMのジャンボ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。