【号外】JALのBoeing787、デビュー

本日はJALのBoeing787のデビューフライトの日です。

11時30分発の成田発ボストン行きのJL008便です。

第1ターミナルの展望デッキの後方にはTVニュースの取材でしょうか、3台のカメラが並んでいました。

今日の夕方のニュースで放映されるかも。。。。

JAL B787 1

出発前のセレモニーが長引いたのでしょうか、JALのBoeing787が姿を見せたのは12時7分のことでした。

アンチコリジョンライトの独特の光り方で、遠目にも直ぐにBoeing787と分かります。

手前に止まっているアシアナ航空のジャンボが邪魔でした・・・

JAL B787 2

出発ラッシュで多くの飛行機が並ぶ中、その列に加わり、ゆっくりとRWY34Lへと向かいます。

JAL B787 3

そしていよいよお客様を乗せて初めてのテイクオフ!

音はほとんど聞こえてきません。

JAL B787 4

霧雨の成田空港、出力を上げたエンジンのインテークに水蒸気が白く見えます。

そして離陸を待つ行列に並んでいたガルーダ・インドネシア航空のA330とすれ違います。

JAL B787 5

次にアエロフロートのA330とすれ違います。

Boeing787は徐々に加速。

どのあたりでエアボーンするか・・・・

機体は軽いし、エンジンの性能も良いし、ボストンまでの燃料と乗客を積んでいたとしても滑走路を半分も使わずに

エアボーンするだろうと予想、本日はさくらの山ではなく、展望デッキにしました。

JAL B787 6

航空燃料貯蓄タンクを背景にグングンと加速。もう前輪は持ち上がりかけてます。

JAL B787 7

そして、ローテーション!

主翼が羽ばたき始めたようにグイっと反り上がります。

JAL B787 8

向こう側、左翼のとんがった翼端もはっきりと見えますね。

JAL B787 9

思いのほか、長い距離を走ってます。既に展望デッキの正面近く。

まだエアボーンしません。

主翼が空気を掴み、機体を持ち上げようとています。

JAL B787 10

そして展望デッキの端を過ぎた当たりでエアボーン!

JAL B787 11

上昇も緩やかです。

主翼のしなり方が美しいです。

ところで、JALのBoeing787ってなんか太っちょに見えません?

白が膨張色だからでしょうか・・・・

ANAのBoeing787はスマートでカッコよく見えたのですが・・・・

JAL B787 12

主翼の上面がうっすらと白い膜に覆われてきました。

まだギア・アップの動作は開始してません。

JAL B787 13

ようやくギア・アップの声がかかったのでしょう。

ギアの格納ドアが開き始めます。

JAL B787 14

この飛行機より先に離陸していったA330はこのあたりで綺麗なヴェイパーを曳きながら上昇して行きましたが、

Boeing787はヴェイパーもできにくいのでしょうか。主翼上面に白いモヤがたまる程度でした。

JAL B787 15

JALのBoeing787、JL008便はボストンに向けて飛び立って行きました。

離陸後には管制塔から「いってらっしゃい」の日本語の挨拶があり、パイロットも日本語で挨拶を返していました。

霧雨模様の成田空港でしたが、めでたくデビューフライトに飛び立って行きました!

JAL B787 16

今日はこのイベントのために、朝5時半に起床し、定例のブログ更新をしてから成田空港に向かいました。

成田空港の第1ターミナルについたのは午前7時半。

曇り空でしたが、雨が降らないだけでもラッキーと思い、いつもどおりにいろんな飛行機を撮影しました。

成田空港の展望デッキでの撮影はレンズ選びが面倒なんです。

私が持っているTAMRONの200-500mmではA滑走路を離陸するジャンボやA340-600、Boeing777-300は目いっぱい

ズームアウトしてもフレームをはみ出してしまいます。

なので、Boeing767やBoeing777-200を使ってBoeing787の離陸シーンの撮影を何度も練習しました。

10時頃、一時雨が強くなり、屋内に退避しましたが、その雨も10分程度で小降りになり、そのうち止んでくれました。

白い空に白い飛行機であまり映えませんが、記念すべきデビューフライトということで、号外として掲載しました!

今度は晴れた日にまたこの白いBoeing787を観に来たいものです。

白鳥が飛ぶような感じなんでしょうね。

19 comments

  • 素晴らしい。おつかれさまでした。qchan

  • 早速ありがとうございます。
    それにしても、あれだけボストンの宣伝を街中でうっときながら、
    なんの特別塗装もないのにびっくり。ANAと対照的です。
    ”ドリームライナー”も消しちゃったんですね。
    機長出身の社長が「飛行機にはそんなの要らん」
    とでもいったのでしょうか?

  • Airmanさん、更新、御苦労さまです。
    私は、『さくらの山では、お腹しか見れない』と思い、
    さくらの丘で待ってました。
    11時45分頃に成田空港のホームページを確認したら、
    15分遅延となっていたので、
    セレモニー等で時間がかかっていたんでしょうね。
    晴れた日にまたチャレンジしたいと思います。
    今日はTWRとの交信も日本語が多かったですね。
    それにしても、よく見ないとB777と区別がつかないくらい
    シンプルな塗装ですね。(^^;)

  • Airmanさん 号外ありがとうございます!
    仕事しながら気になってたんです。そろそろ飛んでいったかなぁって。
    初フライト、いいですよねぇ。
    大勢の人たちが関わって、この日を迎えるわけですから感動的です!
    Airmanさんの写真で鶴丸塗装の787が飛んで行く姿を初めて見ました。
    長くしなやかな翼、素敵です!美しいです!
    最後の、飛んで行く後姿の写真。しみじみ「いいなあ」って思いました。
    つい先日のこと、フランクフルト便の787を見送ってから寝ようと思い、
    部屋から離陸する様子を眺めていたのですが、滑走路手前まで行ったはずの787機がそのままUターンしてスポットまで戻ってきちゃったのです。
    トラブルだったのか、整備に1時間ほどかかったようです。
    ANAのB8はトラブルが多いようで気になりますね。
    JALはいきなりの長距離路線ですから、何事もなく安全運航してほしいものです。

  • Airmanさん、お疲れ様でした。
    早速、写真のアップありがとうございます。
    やはり777とは比べ物にならないくらいの翼のしなりです。
    エンジンの音はGE GEnxとRR Trent1000では違いはありましたか??
    あと、APU排気口付近の青い光はなんですか??

  • ☆qchanさん、
    ありがとうございます!
    早起きして行って良かったです。
    今度は晴天の日に撮りに行きたいものです。

  • ☆HIROさん、
    こちらこそ、ご覧頂きありがとうございます!
    一時期、JALのB787はジプリのデザインがどーのこーのという話がありましたよね?
    結局は非常にシンプルなJALの塗装でのデビューフライトでした。
    特別塗装を施す時間がなかったのかも知れませんね。
    訓練フライトをBoeingの機体を借りて行ったくらいですから。
    とはいえ、天候こそ今ひとつでしたが、思い出に残るテイクオフでした。

  • ☆たかしさん、
    ありがとうございます。
    展望デッキでもやきもきしながら待ってました。
    「まさか、Bランから?!」と疑ったことも。。。
    なので、遠くにJALのB787の姿が見えたときにはホッとしました。
    出発前のセレモニーで盛り上がったのでしょうね。
    出発はオープンスポットだったようですね。
    大勢に人々に見送られての出発だったようです。(Byニュース)
    それにしても、コンピュータ技術の進化には感謝ですね。
    フライトを自宅で追跡できるようになるなんて!
    私はFR24とFlightAwareとPlaneFinderを併用してます。
    FlightAwareによると、JL8はその後FL390まで上昇したようですね!
    さすがです!
    22日の22:44現在、5大湖のスペリオル湖にさしかかろうとしているところです。

  • ☆toriさん、
    ありがとうございます。
    さくらの丘にいらっしゃったんですね!
    私も同じように「さくらの山では、お腹しか見られない」と思って
    展望デッキにしたんです。
    正解でしたね!!
    天候にはあまり恵まれませんでしたが、待っている間に降っていた雨も
    JL8の出発の時には上がり、無事に撮影できただけでも良かったです。
    晴れた日のJALのB787、楽しみですね!!
    確かに、アンチコリジョンライトの点滅がなければB777やB767と見分けにくいかも知れません(^_^;)

  • ☆mikinosukeさん、
    こちらこそ、早速ご覧いただき、ありがとうございます。
    JALにとっては本当に感慨深い日になったことでしょうね。
    経営再建からB747の退役、A300の退役、MD90の退役と機材のリストラが
    続き、路線の撤退・縮小が続く中、新路線を新機材で運航を開始。
    新たな1歩だと思います。
    これからのJALの成長を一身に背負ってのテイクオフだったのかも知れません。
    国際線の運航では一日の長のあるJAL。
    新鶴丸を再び世界中に送り届けてほしいものです。
    それにしても、昨年の3月1日にJALのジャンボの最後のランディングを撮ったのと
    同じ場所で同じような天候で、
    JALの最新鋭機、Boeing787のデビューフライトを撮るなんて、
    感慨深いものがありました。

  • ☆P&Wさん、
    ありがとうございます。
    明日の朝まで待ちきれませんでした。
    主翼のしなり方は本当にダイナミックでした。
    特にノーズギアが滑走路面を離れてからエアボーンするまでに
    グイーんとしなるんです。
    エンジン音の違いは分かりませんでした。
    見た目もそっくりで、ファンを見ないと違いが分からないですよ寝。
    APU排気口付近の青い光ですが、実は白色なんです。
    B787の尾灯ですね。

  • Airmanさん
    こんばんは。
    私も第1ターミナルの展望デッキで撮りました。今やっとブログにアップしました。
    今日はお会いできるかも・・・何て思っていたんですが、1月のANA787の北京便デビューに引き続き、またニアミスだったみたいです。
    今日は中2の娘を誘ってみたら珍しく、行くというので連れて行きました。コンデジで写真撮ってけっこう楽しかったみたいです。
    バージンアトランティック航空のA340-600の斜め前あたりにいました。隣のとなりあたりに外人さんが3人くらいで撮影していました。
    おつかれさまでした。
    ではまた。

  • さくらの丘から見える緑の壁の向こうに光り方が違う
    アンチコリジョンライトが見えたので、
    B787ってすぐにわかりました。
    自分は機種を見分けるのが得意ではないので、
    アンチコリジョンライトかエンジンのカバーで
    見分けてます。(^^;)
    写真としては、ハズレ(電線にピントが合ってる)が多かったので、
    晴れた日に再度チャレンジしてみます。

  • ☆ボンさん、
    きっと本当に近くにいたんでしょうね!!
    私もVSのA340がいたスポットの前あたりに陣取ってました。
    望遠鏡の脇で、喫煙ルームの前あたりですね。
    娘さんと一緒に成田空港・・・・うらやましいです!!!
    家の息子たちやカミさんは、もう一緒に行ってくれません(^_^;)
    プロフィールに目印のカメラバッグの写真を掲載してますので、
    今度見かけたらお声がけいただければ嬉しいです!

  • ☆toriさん、
    さくらの丘から34Lを離陸する飛行機を狙うのは難しいですよね。
    さくらの丘からちょっと歩いた道路がカーブするあたりのガードレールポイント
    なら、34Lの離陸機が斜め後ろから見えてよいかもしれません。
    今度晴れた日に行ってみてください。
    (さくらの丘から航空科学博物館方向へ歩いて5分ほど。)

  • じゅびりー

    お疲れ様でした。翼のしなりがきれいですね!

  • Airmanさん、こんばんは。
    さくらの丘から5分くらい歩くと、
    34Lが斜めから見えるポイントがあるんですか?
    さくらの丘から航空科学博物館方面は、
    車で通ったことはありますが、
    運転中にポイント探せないですからね。(^^;)
    今度、天気のいい日に行ってみます。
    これからの時期、16Rからの離陸機が見えるんですかね。
    楽しみができました。
    情報ありがとうございます。

  • ☆じゅびりーさん、
    Boeing787の最大の魅力ですね!
    ツルンとした顔はおいといて、主翼の反り返りは見事です!!

  • ☆toriさん、
    はい!個人的に「ガードレールポイント」と呼んでます。
    畑ポイントの手前になり、電線などの障害物がなくRWY34Lから
    離陸する飛行機を撮ることができます。(途中で林に隠れてしまいますが)
    16Rからの離陸機を撮るのは厳しいです。
    (ほとんどお腹になったしまうでしょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。