中国国際貨運航空のBoeing747-400F

中国国際貨運航空のBoeing747-400Fの離陸を撮ったのは初めてじゃないでしょうか。。

CARGO」の文字がおしゃれな飛行機がターミナルの影からノッシノッシとやってきました。

タイトルにはBoeing747-400Fと書きましたが、正確にはBoeing747-400M(BDSF)で、旅客型からの改造機です。

BDSFというのは、スラエルのedek Aviation Groupによる改造、ボーイング純正の改造と区別して「BDSF」 (Bedek Special Freighter) といわれてます。

CA B744F 1

タクシーウェイをRWY34Lに向けてタキシング。

フラップを大きく展開しているので、離陸はあっという間でしょうね。

CA B744F 2

予想通り、滑走路を半分も使わずにローテーション!

CA B744F 3

タキシングの時のノッシノッシという感じからは想像できない、凛々しい様子で上昇を開始。

この横顔がまたイイんです!

CA B744F 4

さくらの時期には向こう側の木々はピンク色に染まっていたんでしょうね。

この日(4月22日)は既にただの林になってました(^_^;)

CA B744F 5

ギアを格納。

ジャンボの上昇の斜め後ろ姿、これもイイですよね~!

CA B744F 6

前に見た記憶も。。。。

そっか、マロウドに泊まった時に窓越しで撮ったことがあったかもしれません。

さて、今日から大型連休という方もいらっしゃるでしょう。

今日は気温がグングン上昇し、行楽日和になる予報。連休初日、各地はにぎわうでしょうね!

私は・・・・

休養します。

午後になって体力が回復し、羽田空港の駐車場に空車があるようであれば、羽田へ・・・・

南風なら城南島海浜公園も良いですね♪

このGW期間中、一度は飛行機を観に行きたいです。。。。

3 comments

  • ☆たかしさん、
    昨日は天気が良く、飛行機日よりでしたね!
    PW4000のキャセイジャンボですか!
    まだ見たことがありません。。。
    この間の成田で観たキャセイのジャンボもRRのエンジンでした。
    今日、飛行機の写真を撮りに出かけようかと思っていましたが、
    空がかすんでいます。。。。
    南風なら城南島へ行くことも考えていたのですが、悩み中です。

  • ☆P&Wさん、
    中国国際貨運航空は中国国際航空の子会社になります。
    BDSFなので、別の航空会社で旅客機として活躍していたB747-400を
    貨物型に改造して中古で購入したんですね。
    そういった飛行機の生い立ちというか、人生(機生?)を調べるのも
    面白いですね。
    LHのBoeing747-8i、日本にも就航してくれることを願ってます!
    JALは・・・しばらくは大型機は導入しないでしょうね。

  • こんにちは。
    いきなりなんですが、中国国際貨運航空って中国国際航空の子会社ですか?それとも、グループ会社ですか??
    ところでこの機材、エア・カナダに1991年6月に登録されたものなんですね。そこから、ゲッゲンハイム・アビエーション・パートナーズに登録され、さらに2006年6月に登録されたんですね。
    来月遂に、ルフトハンザが747-8初号機を受領するそうです。
    747-8は従来の747-400と比べて騒音が30%以下となっており、燃費と二酸化炭素排出量も二桁の改善をもたらしているそうです。
    ジャンボはいつの時代も最先端っていう感じで、とても素敵です!!
    できれば、JALも747-8を発注してほしいものです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)