曇りでもKLM

成田空港のRWY34LにアプローチするKLMのBoeing747-400。

お天気はあいにくの曇り空で、今にも雨が降りそうな状態でしたが、それでもKLMのブルーは鮮やかでした。

アムステルダムからの10時間近いフライトを終え、ようやく地上に戻る。

ちょっと疲れたような、それでも緊張感を保っているそんな感じのジャンボの顔です。

KLM B744 1

タッチダウンの瞬間。

やや右に傾いているのか、4本あるメインギアの右側から滑走路を掴み始めます。

ドスンという感じではなく、慎重にソロリソロリという感じで。

KLM B744 2

4本の脚が滑走路をしっかりと掴み、その証拠に白煙が上がります。

やはり右側から風が吹いていたのですね。ラダーがやや右にきられています。

大きな垂直尾翼に右から風が当たり、機首が右に振られるのを相殺しています。

接地寸前に右に傾けていたのも、風下側に流されないようにするためのウィング・ローでした。

KLM B744 3

「おかえりなさい!」

フラップをたたみ、ゆっくりとターミナルにやってきました!

この日のKLMは”City of Hongkong”でした。

KLM B744 4

胴体を画面いっぱいに入れてみると垂直尾翼と主翼がおもいっきりはみ出してしまいます。

それでもこのブルーのジャンボの胴体を画面いっぱいに見たかった。。。

KLM B744 5

8時41分に成田空港にアムステルダムから到着したKLMのBoeing747-400、KL61便は、約2時間の日本滞在の後、

今度はKL862便としてアムステルダムに帰ります。アムステルダムまでの所要時間は約11時間半。

燃料をたくさん積んだ主翼が重たそうですね。

フラップも離陸用に降ろされていますが、結構な角度で降りてます。15度?

KLM B744 6

長い離陸機の列に並び、ようやくKLMの番。

まだまだ続く離陸待ち行列を見ながら、離陸滑走開始!

KLM B744 7

エンジンポッドの内側に白く水蒸気が沸き立ちました。

青いジャンボはグングンと加速します。

KLM B744 8

加速は鈍く、ジャンボはなかなか地面を離れようとしません。。。。

展望デッキの前に差し掛かっても、ノーズギアはしっかりと滑走路面を掴んだまま。

KLM B744 9

ようやくエアボーン。

今日のお気に入りの1枚。

KLM B744 10

遠いオランダ、アムステルダムへと青いジャンボは飛び立って行きました。

曇りでも綺麗なKLMブルーのジャンボ。

KLM B744 11

さて、今日も朝から太陽の光が部屋に差し込んできていて、気温も15度を上回る暖かさ。

空港へ行きたくなりますよね。

今日の写真のような天気ではなく、まさに飛行機日和。。。。

空気中の水分はまだ多く、晴れてはいてもちょっと空気はかすんでいます。

羽田の視程も9kmとのこと。そして北風運用。

成田はもっと悪く、視程6kmで”BR”(靄)。

ちょっと悩む天気ですね。

写真は撮れなくてもいい、飛行機を見て元気になるだけでもいいか。

成田は遠いから、羽田空港か城南島か。

城南島ならお散歩気分でゆっくりできるし。

なんて事を考えている4月最後の日曜日の朝です。

9 comments

  • ☆たかしさん、
    このKLMブルーを見ると、元気がでます。
    色というか、デザインって不思議ですね。
    この日はほとんどの離陸が34Lで行われているように感じました。
    成田の運用はイマイチよく分かりません。
    予測が難しいです(^_^;)
    今日の午後、政府専用機が羽田から出発するんですね!
    見送ってきます!

  • どうもお久しぶりです。覚えていらっしゃいますか?最近自分も友人の影響でレシーバとカメラを買ってしまいました。KLMジャンボ良いですね。先月成田に写真を撮りに行った時、KLMは何時に降りてきますか?と出迎えに来た人に訪ねられ、慌ててflightradarで検索してたことを思い出しました。今日は政府専用機の出発ですね。グランドからお見送りしますよ。

  • KLMといえばこの747
    残念なことにKLMの購入予定に747-8、A380がなく、
    744は順次引退予定(T_T)
    787とA350が国際線の主力機材になるのでしょうね(^.^)
    それにしても744ユーザーが748にしてるのはルフトハンザだけですね(汗)

  • 素敵なB744ですね?シンプルなんですが‥とても目立ちますね。最近、羽田空港へ行ってもB744を見る回数が減ってきました。JA8099も格納庫前にはいるのですが3月末から使用されていないようで‥そろそろ退役かな?うちから成田空港が近かったら良かったのですが‥(^_^;)

  • おぉっ、私のKLMですねっ!?(笑)
    いつ見ても胸が透くブルーです。
    いつも成田発着のジャンボを見せていただくと「初めてベルギーへ行った時はこれだったなぁ」って懐かしく思います。
    機内後部は壁で仕切られてて貨物室(?)になってるようでした。
    2回目3回目は関空発着にしたのでB777-200になりました。
    シーズンによって関空発着もジャンボを使うようですね。
    日本からベルギーに行くには近隣の国経由になるので、いつもルフトハンザ・エールフランスと迷うのですが結局KLMにしてしまうんですよ。
    何んか好きなんですよねー、このブルーが!!

  • ☆ブルーさん、
    ご無沙汰しております。
    レシーバーとカメラ!!
    本格的になりましたね!
    レシーバーがあると、空港での飛行機の動きが分かり、楽しさも倍増ですよね。
    そしてスマホがあればFR24やPlaneFinderなどで飛んでいる飛行機の位置まで
    分かるという時代。
    本当に便利になったものです。
    政府専用機、キレイでした!
    空の色は今ひとつでしたが、それでも政府専用機はピカピカで、堂々としたました!
    これから暑くなり、スポット周りも猛暑になる季節。。
    お体にお気を付けて!!

  • ☆広島空港さん、
    はい!KLMのシンボル的な飛行機ですよね。
    成田での楽しみの一つです。
    このジャンボも将来、いなくなってしまうんですね。
    787とA350ですか。。。。
    747-8i、どうして受注が伸びないのでしょうか。
    航空旅客需要が伸び悩んでいるのか、規制緩和の影響か。
    燃費は大きく改善されているはずなのに。
    ジャンボファンとしては、残念な航空界の動きです。

  • ☆Mayuさん、
    KLMのジャンボは数あるジャンボの中でもトップ5に入るダイスキなジャンボです。(個人的なトップ5ですが。。。)
    羽田空港ではジャンボの数が目に見えて減っていますが、成田空港ではまだまだ
    ジャンボが活躍中!
    ホント、成田空港が近ければ良いのに・・・と思う毎週末です。
    片道100kmは、遠いですよね。

  • ☆ウォーケンさん、
    KLMの飛行機を見ると頭に浮かぶのが”ウォーケンさん”です。
    「○○の飛行機を見ると○○さんを頭に浮かべる」という事が最近増えてきました。
    その○○の飛行機を見るたびに、「失敗しちゃいけない・・・」と
    緊張してしまいます(^_^;)
    飛行機を見て、昔を思い出すってありますよね。
    私もJALのジャンボに同じような思い出を重ねて、いつも見ていました。
    たしかにKLMのジャンボはコンビ型が多かったようで、後方が貨物室に
    なっているジャンボが使われていたようですね。
    これからも成田空港に行ったら、このKLMの飛行機はきっちりと撮影し、
    ブログに掲載します(^^ゞ
    このKLMブルー、曇り空でも鮮やかで、元気をくれる色でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。