ヴァージン・アトランティックのAirbus A340

ヴァージン・アトランティック航空のAirbus A340-600がとても良い位置から上がってきました。

ぎりぎり管制塔が入り、木立の上を上昇する姿、やった!と声に出さずに喝采を上げました。

VS A340 1

塗装は旧塗装。

この角度から見ても、-600の長さが感じられます。

Boeing747-8Fが登場するまでは民間機で最も長い飛行機だったAirbus A340-600。

VS A340 2

そしてこの角度、この構図。

昨日のSASのA340と比べると、エンジンの形が違うのが分かります。

Airbus A340-300はCFM56エンジンですが、このAribus A340-600はロールスロイスのトレントエンジンを使ってます。

VS A340 3

ロンドンのヒースロー空港に向けて約12時間のフライト。

私もヒースローまでの往復でこのヴァージンのA340-600に搭乗したことがありますが、

機内も快適で、サービスもとても良いものだったと記憶してます。

また、この飛行機でロンドンに行ってみたい。。。。

VS A340 4

ヴァージン・アトランティック航空といえば、イギリス。

イギリスといえば、ロンドン。

ロンドンといえば、今年はロンドン・オリンピック!

でも、今年の夏はオリンピックどころじゃないんだろうなぁ。。。。。

このヴァージン・アトランティックのAirbus A340-600に乗ってロンドン・オリンピック観戦に行く方が沢山いるんだろうなぁ。

5 comments

  • 飛行機好きになってから初めて成田に足を運んだとき、1タミ展望台で最初に目に飛び込んできたのがこのヴァージンのA340でした。
    千歳や羽田では見ることのできない、その力強く、かつスマートな機体に感動したのを覚えています。
    ヴァージンのサービスはやはり好評なようですね!
    一度乗ってみたいです^^

  • こんばんは。
    本日は、Virgin Atlanticですね!!
    A340-600は旧塗装がまだ多いですが、新塗装もすでに飛んでいるようですね。
    ちなみに私は、新塗装の方がエンジンナセルの塗装が上品なので好きです。
    ところで、Virgin Atlantichは成田にA380でいつかは来るのでしょうか?
    関係ないですが、スリランカ航空が13年後半にワンワールド加盟するそうです。
    こちらも、ワンワールド塗装で成田に来てほしいものです。

  • こんばんは。
    本日は、Virgin Atlanticですね!!
    A340-600は旧塗装がまだ多いですが、新塗装もすでに飛んでいるようですね。
    ちなみに私は、新塗装の方がエンジンナセルの塗装が上品なので好きです。
    ところで、Virgin Atlantichは成田にA380でいつかは来るのでしょうか?
    関係ないですが、スリランカ航空が13年後半にワンワールド加盟するそうです。
    こちらも、ワンワールド塗装で成田に来てほしいものです。

  • ☆AIRDOファンさん、
    成田空港の第1ターミナル展望デッキ、午前中に行くと目の前にいるのが
    このヴァージンのA340ですよね。
    私も「今日はどの娘が来てるのかな?」といつも楽しみに出かけてます。
    かつてのDC-8を思い出させるその貴婦人のような姿にはいつも惚れ惚れします。
    また、この飛行機に乗ってヒースローまで飛びたいものです。

  • ☆P&Wさん、
    VSの新塗装、何度か当ブログにも掲載したことがありますが、
    よーく見ないとその違いに気が付きませんよね。。。
    エンジンナセルの塗装の違い?! 気が付きませんでした。
    VSのA380、これも見てみたいです。
    成田には来てくれないのでしょうか。
    ロンドンオリンピックの前後だけでも良いから需要が高くなるだろうと
    いうことでA380を飛ばしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。