飛行機のお尻特集、最終回

飛行機のお尻の写真特集の最終回は、Boeing737、Boeing767、そしてMD-90です。

どれも昨年まではとてもたくさん飛んでいて、「居て当たり前」の飛行機ばかりで、ほとんど注目しませんでしたが、

今日は「お尻」に着目して、じっくりと見てみます。

まずは日本トランスオーシャン航空(JTA)のBoeing737-400から。

通称「マブヤージェット」と呼ばれている飛行機ですね。

B737-400

沖縄を舞台に活躍している日本トランスオーシャン航空の次は、北海道を舞台に活躍しているエアドゥのベアドゥ。

Boeing737-500(JA8196)です。

-400と-500の違いは”胴体の長さ”。

-400の胴体を5mほど短くして航続距離を稼いでいるのが-500です。

普通、ダッシュ番号が大きくなると”長くなる”イメージがありますが、ここは短くなっているんですね。いつも間違えてしまいます(^_^;)

B737-500

お次はANA(AIR NIPPON)のBoeing737-700です。

ここからは第3世代のいわゆるNG(New Generation)になります。Boeing777の最新技術がふんだんに取り込まれ、

コックピットはグラスコックピット化され、主翼の幅や面積も大きくなってます。

また、最大の外見上の特徴として主翼端にオプションでウィングレットを取り付けることもできます。

写真は「カンフーパンダ」のラッピングを施したBoeing737-700(JA09AN)です。

B737-700 1

上の写真、右サイドは中国語で書かれていますが、左サイドは「成田⇔成都」と日本語表記になってます。

中国語では”東京”なのに、日本語だと”成田”?!

B737-700 2

ところで、ここまで見てきて何か気付きましたでしょうか?

Boeing737の-400、-500ではテールの穴が1つでしたが、-700や次の-800では穴が2つあるんです。

STAR ALLIANCE塗装のBoeing737-800(JA5AN)の写真をじっくりと見てみてください。

下の穴はAPUの排気口だと思うのですが、上の穴は何のためにあるのでしょう。。。 APUの吸気口?!

(以前、記事にしたような記憶が。。。コメントで答えをいただいたような記憶も。。。 探してみます)

B737-800

展望デッキで飛行機を見ている人々を笑顔にするBoeing737。

チェジュ航空のBoeing737-800(HL8234)です。

このオレンジ色の垂直尾翼に描かれた笑顔でウィンクをするデザインには癒されます。

チェジュ

まもなく姿を消すであろうサンアークのBoeing737-800。

昨日(7月14日)に久しぶりに羽田空港の第1ターミナル展望デッキに行ってみて驚いたのですが、サンアークよりも

鶴丸の方が多いんです。大体2/3は鶴丸塗装になってます。

サンアークが珍しくなるのは時間の問題という気がしました。

JALのBoeing737-800では垂直尾翼と同様、ウィングレットにもサンアークが描かれていて、こうしてみるとサンアークの

親子です。

サンアーク

そして鶴丸の白いお尻。

鶴丸

続いてはBoeing767です。

他の機種に比べて”お尻”の写真が本当に少なかったんです。

あまりにも見慣れすぎているせいか、写真の数も少ない?!

これは冬に撮影した富士山とBoeing767のお尻です。

しかも、JALのサンアーク。

767のお尻と富士山

これも日本に1機しかいないBoeing767。

ANAのモヒカンジェットの後姿です。

モヒカンは垂直尾翼までで、後ろの方はこんな風になっているんです。

チートラインにつなげてなかったんですね。

モヒカン 1

このモヒカンジェットも結構長いこと飛んでいますが、いつまでなんでしょうか。

しつこいようですが、ジャンボのモヒカンルックを最後に見てみたいです! >ANAさん!!

モヒカン 2

そして最後はサンアークのままで、きっと鶴丸になることはないであろうJALのMD-90です。

このT字尾翼とテール部分に付けられた2機のエンジンが特徴の個性あふれる飛行機。

まもなく退役です。

羽田空港でも、宮崎に2便、関空に1便、熊本に1便の計4便が飛んでいるだけでした。(7月14日実績)

さて、下の写真をじっくりと見ていただくと、お尻の下の部分に四角い黒枠があるのが分かりますでしょうか。

DC-9時代からそうなんですが、MD-90もここにタラップがあるんです。

Boeing727にもありました。

客室の最後部からこのタラップを使って乗り降りすることも可能なんですね。(非常口としての役割ですが)

参考:http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200703/11/44/c0015444_13403967.jpg

MD-90 1

サンアークも色あせて、かつ黒ずんでいるような気がします。

悲しいですよね。。。

MD-90 2

飛行機のお尻特集最終回の最後はグランドレベルからみたMD-90です。

そういえば、今まで見てきたBoeingやAirbusの飛行機のお尻にはみんなAPUの排気口があったのに、

このMD-90にはありませんね。

エンジンの付け根と垂直尾翼の間にある胴体の丸い穴がそうなんでしょうか。

(穴から後方に黒ずんでいる部分があるので、多分。。。。)

MD-90 3

5日間に渡って掲載してきた飛行機のお尻特集、いかがでしたでしょうか。

飛行機の楽しみ方っていろいろとあって、奥が深いです。

離着陸する飛行機の全身をちょっと遠くから眺めるのもよし、城南島などでアプローチする飛行機のお腹を楽しんだり、

さくらの山で離陸上昇する飛行機の姿を楽しんだりするもよし。

展望デッキで飛行機を取り囲んでフライトを支援する方々の姿を見るのもよし。

そして今回のようにお尻などのパーツをじっくりと楽しむのもよし。

他にどんな楽しみ方があるのだろう・・・・

また違った見方を発見して、特集できればと思います。

今日も大変暑くなる予報が発表されています。

飛行機を観にいかれる方、熱中症対策を忘れずに!!

最後に今回のお尻特集、「良かったよ!」と思っていただけた皆様、

下↓↓↓↓の「ブログ村の航空ランキング」のリンクをポチっとしていただけると、ランキングに投票され、今後の励みになります。よろしくお願いいたします!!

(画面は航空ブログランキングのサイトにジャンプします)

5 comments

  • 今日もまだまだありました。昨日までのですっかり満足して終わった気になっちゃってました。(笑)
    富士山とJAL機の写真、素敵ですね。カレンダーになりそう!
    そして、このカラーリングもやがてはなくなっちゃうんですね。
    この頃ハンガーの前にMD-90が駐機されているのをよく見かけます。
    しかも、ボディがあまりみがかれていないような・・・。
    ふと、日本の空を飛ぶのを終えた飛行機なのかな、と寂しくなります。
    たかしさんのコメントを読んで、全部の飛行機が華々しくラストフライト!をするわけではないということに、私もあらためて気づきました。
    セレモニーがなくても、静かに舞台を降りていく飛行機たちにも、等しく長い間お疲れ様という気持ちは同じです。
    ところで先日の函館行き。空港が市内から近いところにあるんですね。
    市内上空かなり低いところをアプローチしていくのでびっくりしました。
    もちろん函館山にいっても、飛行機が飛んでくるのを凝視してましたよ!(笑)
    機会があれば、Airmanさんの函館での写真を見たいです。
    そして、おっしゃるとおり海の幸三昧で食べまくりました!!

  • ☆たかしさん、
    昨日のFlightStatsを確認してみると、MD-90の羽田空港出発便はわずか4便だけでした。。。
    一気に減った感じです。
    ラストフライトがいつで、どの路線なのかは全く分かりません。
    ジャンボの時にはあれほどの”祭り”状態になったのに。。。
    寂しいですよね。
    シートポケットに入っている”鶴丸”のMD-90の絵の安全のしおり、
    せめて安全のしおりだけでも鶴丸デザインに!という社員さんの想いなのかも
    知れませんね。
    もう1度、MD-90に乗りたい。。。

  • ☆mikinosukeさん、
    今日が最終回でした(^_^;)
    まあ、4日間も毎日毎日飛行機のお尻の写真ばかり掲載していたら、
    お腹一杯になっちゃいますよね。
    昨日、羽田空港に久しぶりに行って、びっくりしました。
    第1ターミナルのスポットにいる飛行機のほとんどが”鶴丸”なんです。
    まだサンアークもいますが、数は鶴丸の方が完全に多数派になってますね。
    いよいよ。。という感じです。
    そしてMD-90。
    JALハンガーの前には必ずといってよいほどロゴを消されたMD-90が
    たたずんでいましたが、急速に数を減らしていて、便数も残すところ3路線4便。
    たかしさんが書かれているようにラストフライとが気になり始めました。
    ジャンボとまでは行かないにしても、ちゃんとセレモニーを行って、
    今までの労をねぎらって送り出してあげたいですよね。
    函館空港、堪能されたようですね。
    私のカミさんの実家が江差なので、夏の帰省は函館空港を利用します。
    今年はいろいろと家族みんなが多忙で帰省できませんが、今度帰省したら
    函館山から函館空港のRWY12にアプローチする飛行機の写真を撮りたいと思います。
    一昨年、撮影したのですが、カメラの設定を間違えていて掲載できるまともな
    写真がありませんでした。。。。
    函館でイカやその他海の幸を食べると、関東に戻ってきて海産物を見ても
    美味しそうに思えないんですよね。
    ああ・・・・行きたくなってきました。

  • >B3NGのAPU EXHAUSTの2つの穴
    ご無沙汰しています。この2つの穴ですが、下は在来通り
    APUの排気口ですが、上側は「EDUCTOR INLET DUCT」と
    呼ばれる空気の取り入れ口です。APUの排出ガスの流れを
    利用してAPUコンパートメントエリアに空気を取り入れて、
    コンパートメント内部のクーリングやベンチレーションに
    使用したりしています。

  • ☆etopsさん、
    ありがとうございます!
    長い間の疑問が解決しました!!!
    APUコンパートメントエリアへの空気取り入れ口だったんですね。
    いろいろな工夫がされているんですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。