ウィンーンへ

水色のお腹の飛行機。

そう、オーストリア航空の飛行機です。

OS52便、成田空港を11時15分に出発してウィーンに向かう飛行機です。

お腹の水色とエンジンの水色が違う色で、地味なようで派手な飛行機?!

OS B777 1

機体はBoeing777-200ER(OE-LPC)です。

オーストリアのウィーンへの11時間45分の空の旅。

ウィーン・・・憧れますねぇ~

クラシック好きの私にとって、音楽の都ウィーンはあこがれの地です。

モーツァルトやベートーベン、シュトラウスやハイドン、シューベルト。。。ウィーンの音楽ホールで聴いてみたいなぁ。

OS B777 2

そんな音楽の都へと向かうオーストリア航空の飛行機ですが、機体のデザインは音楽の都というイメージは。。。

なんとなく、昔の大韓航空のデザインを思い出すデザインです。

OS B777 3

ちょっとタイミングがずれちゃいましたが、斜め後ろから主翼とエンジンと機首を。

OS B777 4

がっちりとした体つき、力強い上昇する姿。

Airbus機とは少し違う上昇シーンです。

OS B777 5

遠く離れてからようやくヴェイパーをまとってくれましたが、ちょっと遠すぎ。。。。

OS B777 6

目の前をウィーンに向かう飛行機が上昇し、この飛行機に乗っている人々は約12時間後にはウィーンの大地を

踏んでいる。。。

そう考えると、ウィーンは遠くて近く感じるのですが、なかなかこの機上の人になれないんですよね。

この飛行機に乗ってウィーンに行き、ウィーン・フィルの音楽を存分に楽しみたい。。。。

感動して、演奏後も体が硬直して、しばらく動けなくなりそう。

今朝の名古屋、雲は多いですが、晴れてます。

でも、今日の午後もまた雷雨があるとか。。。。

昨日も名古屋駅に着いた時には雨は降っていなかったのですが、栄のホテルにチェックインし、オフィスに向かう時に

いきなり土砂降り!

ホテルからバス停までの短い距離でしたが、びしょ濡れになりました。

もちろん、傘をさしていたのですが、その傘も”頭を濡らさない”程度にしか役に立たなかったのです。。。

最近、こういった”ゲリラ豪雨”が増えましたよね。

皆様も、お気を付けください!

7 comments

  • こんばんは♪いつもかっこいい飛行機ありがとうございます(^-^)
    相変わらずお仕事はおいそがしいですか?まだまだ暑いので体にはきよつけてください!
    金曜から韓国にコンサートを見に行くことになって、久しぶりに飛行機に乗れるのでウキウキなんです!Airmanさんは週に何度もでうらやましい(^-^(^-^;
    前に韓国に行った時はアシアナで今回はお気に入りの大韓航空なんです。ブルーがかっこいい♪
    へへ、自分の話ばっかりですいませんでした(^.^)
    では、また(^-^)/

  • Airmanさん こんばんは
    羽田付近は雨が降り始め、深夜便のラッシュにあわせるかのように雷雲が広がり、ビカビカ光っている雲の中に、飛び上がった飛行機たちが次々に吸い込まれていきます。
    飛行機、揺れなければいいけど・・・。
    さて、オーストリア航空の飛行機キレイですね。爽やかな印象です。
    尾翼のカラーリングは国旗の赤と白がモチーフなのでしょうか。
    実は学生時代にザルツブルグでウィーンフィルのオペラを観たことがあります。
    私も大のクラシックファンで、この時は他にもマチネーコンサートや音楽家たちの生家を訪ねる旅でした。
    今日の写真やコメントを見て、当時を思い出し、また行きたくなりました。
    ウィーンへ直行便!12時間とはいえ、楽チンです。
    何せ私が行った時は、アンカレッジ経由だったのですから!!

  • Airmanさん、こんばんは。お疲れ様です。
    実はこの旅客機を私は保有しています。といっても1/400のダイキャストモデルで、ちなみにモデルのレジは「OE-LPA」です。
    ウイーンまで12時間あまりのノンストップ飛行なので、これは私の想像ですがさぞ離陸滑走も長く上昇角も浅かったのではありませんか?
    まだ関空にロンドン直行便(JAL:B777)があった頃、06Rからのテイクオフを見たことがありますが3,500M滑走路を目一杯使っての長い離陸滑走でした。
    さて4日は関空の18回目の開港記念日でした。当時の時刻表を見てみると今は撤退したエアラインの数々(AC、SK、BA、SR等)が見て取れますし、機材はB747の全盛時代という感じがします。
    古い時刻表もたまにめくってみると大いに興味をそそられます。例えば今はなきヨーロッパ行の南回り路線など・・・・。機材はDC-10だったようです。
    話は変わりますが。昨日の帰宅時は「ゲリラ豪雨」の影響を受けて鉄道網に大きな遅延が発生しました。私が利用しているJR線でも信号機に落雷があり運行ダイヤが大きく乱れました。

  • ☆ピナヌンさん、
    ありがとうございます!!
    11月半ばまでこの忙しさが続く、、、いや、もっと忙しくなる予定です(^_^;)
    韓国へのフライトそして、コンサート、いかがでしたか?
    久しぶりのフライトとのこと、楽しまれたことでしょうね!!

  • ☆skyponさん、
    ヨーロッパ・・・あこがれの地ですよね。
    そのヨーロッパへと飛んでいく飛行機を見ていると、
    それだけでワクワクします。
    ブログ、始められたんですね!
    拝見させていただきます。

  • ☆mikinosukeさん、
    先週の関東・東海は不安定な天気でしたね。
    私も名古屋でびしょぬれになりました(^_^;)
    遠くから見ると雄大で夏らしい積乱雲もパイロットにとっては
    必ず避けなくてはならない脅威。。。雷雨の空港に向かうフライトは
    いやでしょうね。。。
    ザルツブルグでウィーンフィルのオペラを観るなんて、素敵な経験をされたんですね!
    私の老後の夢の一つです。
    以前のヨーロッパ便はANC経由だったんですよね。
    私もそのほうが良いな・・・
    (離着陸を2回も経験できるのだから!)

  • ☆泉州空港さん、
    この便もそうですが、欧州便の旅客機は長い離陸滑走距離で、
    上昇も浅い角度ですね!
    おかげでこのような写真を撮ることができます。
    ANAやJALのアジア便はさっさと離陸して、グイっと上昇してしまうので、
    お腹しか撮れません(^_^;)
    KIXも開港して18年も経ったんですね。
    早いものです。
    その間に航空業界も大きく変わり、航空会社も機材も当時と今とでは全然違いますよね。
    DC-10やL1011、好きでした。
    (もちろん、ジャンボが1番でしたが。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。